ちこっとコラム

105回目 コッチャーンでボッチャーン

104回目 未確認ぶらさがり物体

103回目 立ち食いソバの誘惑

102回目 はじめまして!

101回目 カメ使いの美女

100回目 赤は、気をつけて進め…!?

099回目 ノリノリ!Thai…

098回目 憧れの氷点下

097回目 閲覧注意!恐怖…

096回目 年が短いカレンダー

095回目 大ニュース!UFO発見?

094回目 プラマーン...?(2)

093回目 プラマーン...?

092回目 僕の決めポーズ!

091回目 ハトの歩き方

090回目 避暑地のハイテンション

089回目 便座に乗らないでください

088回目 叩く、叩かないの...

087回目 タイの痛車…

086回目 タイの凝固点降下アイス

085回目 名前をすぐに変えなさい

084回目 懐かしい秋の味覚はムシだった

083回目 なりきり戦争ゲーム?

082回目 テキトーでおおらかなミニ動物園

081回目 どうも納得出来きないのだね!!

080回目 シンガポールのティー&カフェ展示会

079回目 新しいモーターサイ乗り場

078回目 観覧車から眺める夕日

077回目 タイで過ごした日々を振り返るのだね

076回目 バンコクのスモッグ

075回目 デモグッズ屋台

074回目 植木なのか?ゴミ箱なのか?

073回目 2014年の目標は???

072回目 ヒゲ自慢のビーズ屋おじさん

071回目 タイの「なんちゃって~」寿司

070回目 仰向けで寝るサバーイ犬

069回目 タイの猫都市伝説?

068回目 ほのぼのふれあい動物園

067回目 行商コンビニ

066回目 マニアックな動物ショー

065回目 KLの癒しサービス

064回目 ミャンマーの水サービス

063回目 究極の気遣いトイレに…

062回目 書かなければ解らない

061回目 「ピンクレディ」の衣装を売る店?

060回目 凶悪バスの運転手はいい人だった?

059回目 道路の水だらけ掃除

058回目 新橋のハトおばさん

057回目 やめてっ!ノリノリ運転

056回目 忠犬・ソンワーン

055回目 激突シンドローム(症候群)

054回目 激写スポットにオババ乱入

053回目 信じる、信じないは…

052回目 ネズミ帝国の逆襲 (画像閲覧注意)

051回目 ノーベル賞ものの白血球?

050回目 市場のバトルはアホ名で決着

049回目 カオヤイでパンツ破けた

048回目 街の景観はひとつの窓からなのだね

047回目 いつでもどこでも営業中なのだね

046回目 洪水でも快適~高床式路上生活

045回目 泥沼化するバンコクの渋滞なのだね

044回目 ユニークな名前のタイの猫たち

043回目 そんなに適当で大丈夫??

042回目 日本の自動化システムと高齢化社会

041回目 東京下町の神社で縁起かつぎ

040回目 東京で遭遇した奇妙な人々

039回目 壁が崩壊!でもマイペンライ?

038回目 街の公衆体重計なのだね

037回目 癒し系マッサージ?なのかな

036回目 高級トイレは快適なのだね

035回目 i Phoneの最新機種、5G?

034回目 不老不死の薬を作り出す?

033回目 ソンクラーンは楽しいのだね

032回目 毒が出ましたハーブサウナ

031回目 首長美人になるのだね

030回目 荷台に人間満載でお気楽に

029回目 なんちゃってお寿司なのだね

028回目 国際標準は何色なのだ?

027回目 安直アドベンチャーランド…

026回目 温泉日和に運気上昇

025回目 お気軽ほのぼの防災訓練

024回目 裏技・水没ケータイ復活法

023回目 安くてお手軽 街角ミシン

022回目 チャトチャックの肩乗りリス

021回目 メーターは壊れていても車は走るのだ

020回目 選ばれてしまったのだね

019回目 振り込めサギにご用心!!

018回目 フンッとえらそうな従業員

017回目 気兼ね無さすぎ、オープンカフェ

016回目 雨のプーケット・サファリでガス欠

015回目 暑っ! 炎天下の罰ゲーム???

014回目 猪木居酒屋で元気ですか~ダァッ!!

013回目 コピってみたけど著作権?

012回目 究極のリサイクル?…

011回目 必ず当たる宝くじ…

010回目 サファリワールドで餌くれ~!

009回目 霊験あらたか三ッ頭の巨大象

008回目 チェンマイで見た仕事の秘訣

007回目 幸せな人は目覚めたらどんな人?

006回目 売れない貸せないコンドミニアム

005回目 合法的・下校時の買い食い

004回目 「つられワイ」の法則

003回目 お正月の水上マーケットは大渋滞

002回目 仕事の前にまずはみんなで晩酌???

001回目 お坊さんの愛読書を覗き見してみた

避暑地のハイテンション

chi90

 息子の夏休みにあわせて久しぶりに日本に行ってきた。久しぶりに自然の中の温泉でのんびりしたいなぁという思いもあって、友達家族達と一緒に北関東のキャンプ場へ行く事になった。東京から3時間ほどで行ける場所で、温泉があちらこちらにあり、冬はスキーで賑わうけど、夏場はあまり混雑しないようで、予約したキャンプ場も日本一透明度が高いといわれる沼に面した広い敷地内のバンガローは数軒だけしか使われていなかった。電気がないので、夜はランタンの明かりのみになり、テレビもないし、携帯もつながらないという今時珍しい所である。聞こえるのは鳥の声、虫の音だけで静かでのんびりとしているのだね。こんな所で星を見ながらのんびり過ごせるなんてなんて贅沢なの~と感動したのだ。ところが、この静けさを打ち消すが如く、わめき声のような、叫び声が裏手から聞こえてくるのだね。確かこの辺りイノシシや鹿も出ると聞いたけど、それらが吠えているような声でもないし、まさかオオカミ?万が一襲われたら…と、誰かが偵察に行こうかと思っている矢先、子供達が走って声がする方向に行ってしまった。しばらくすると、帰ってきた。『ガイコクジンと遊んできた~!』なにっ?外国人って?こんな田舎に外人がいるとも思えず、私と友人が一緒に行くと、そこは日本か?と思うようなあまりにも変な光景があった。インド系の男達が大勢で真っ暗闇のなか、ランタンの光と、ラジカセから流れるインド系の激しい音楽に合わせて踊り狂っているのである。インド映画を見た事がある人なら想像できるだろうけど、みんなかなり酔っぱらってノリノリで激しく踊っているのである。そこに、我が息子が気に入られたようで手をひっぱられ踊りの輪に入れられていた。初めは恥ずかしがりながら見よう見まねで手を振り腰を振り踊っていたが、2、3曲踊る頃には結構様になってきて、一緒に踊っている男とハイタッチなんかしながら踊っているのだね。結構様になってきたではないかと,傍らでみているとあれっ~ちょっとまってまってよね~。気がつけばまた別の男に手を引っ張られ私も踊りの輪に入れられてしまった。
 もうなるようになるのだね~と。少しばかりやけになりつつも踊ってみると、踊りはやはり本場の人にはかなわないにしても、我ながらいいテンポで踊れているのではないかね~。こんな山奥で見ず知らずの外国人達と盛り上がってしまった。ちょっと一休みと踊りの輪から外れてみると、今まで気がつかなかったけど、かまどの中にバカデカイ鍋があって何やらインド風の香りを漂わせているので,気になって蓋を開けるとそこには本場インドのカレーがたっぷりとあるのだね。ウ~ン、うまそうなのだね~。鍋を覗き込んでいて物欲しそうにしていた私を見つけて一人の男が『おいしいよ~。食べてみなぁ~。どうぞ~!』と流暢な日本語で話してきて、プラスチックの皿にカレーとご飯を持ってくれた。食べてみると何かの肉の入ったカレーなのだね。ちょっと辛めだけど、スパイスの効いた本場の味なのだね。美味しいので、友達にも食べさせたいと自分らのバンガローに持って行ってみんなに食べさせると、みんなも『おいし~!』と大絶賛なのだった。しばらくすると、今度は盛り上がっていた外国人達が我々のバンガローに大量のカレー味の肉を差し入れに持ってやってきた。聞けばみなネパール人だという。日本に在住できちんと仕事をしている仲間達で,休みの日はみんなでよくここにキャンプをしにくるという。みんな日本で仕事をしているだけあってなかなか上手に日本語を話すのだね。そして、『この肉はヤギの肉でとっても美味しいので、みなさんで食べてください。』と勧めてくるのだ。しかし、我々夕方からバーベキューをたらふく食べていたので、正直もう腹一杯なのだった。あまり手を付けない我々をみて、ネパール人の男は我々がヤギ肉に躊躇しているのだと思ったらしく『心配しないで、この肉はフレッシュだから、美味しいですよ。』と言うのだね。そして、『今日買ったヤギだから、友達がバシバシッ(包丁でさばく仕草をしながら)とやったんだよ。』っていうので、一同思わず『え~ッ!』思わず大きな声でハモってしまった。…どういうこと?
 聞けば、ネパール人たちはヤギ肉をよく食べるので、一頭47キロのヤギを7万円で買ってきて,さばいたのをカレーに入れて新鮮オリジナルヤギカレーを作った。との事なのだね。安いのだか、高いのだかわからないけど、まぁ新鮮なのは確かなのだね。今の時代なかなか、ヤギをその場で絞めて調理するというワイルドな食べ方をする機会は少ないので、あまり想像できないのだね。たしかに食べてみると、なんだか骨っぽかったり、臓物ぽかったりしたのだ。その後,しばらくネパール人たちと話が盛り上がったのだった。 翌朝、ネパール人たちの調理場へ行ってみると、片足の骨があったり、何やらどこかの部分の肉や骨が転がっていたりしたので、たしかに昨日までここにヤギが一頭いたのだなぁ、という痕跡を感じる事ができるのだった。
 その翌朝、沼でボートに乗っていると、向こうの方からまたもや異様にテンションの高いネパール人達がボートに乗ってやってきた。しかも彼らはなぜか全身ずぶ濡れているのだね。聞けばこの寒い中、(朝の気温は15度ほど)沼で泳いできたというのだね。いや~、ワイルドだね~!と驚きのネパール人達だったのだった。

(ちこ)