Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

話題になったコラムが再開しました!

  数年前まで他紙タイ自由ランドで歯科のコラムを書いていましたサハペート歯科の久米です。長らく中断していましたが、今回バンコクライフさんの紙面にて再開することになりました。今後ともよろしくお願いいたします。
 10数年前、筆下手の私が大胆にもコラムを持とうと思ったのは、タイにお住まいの日本人にぜひお伝えしたいことがあったからです。ひとつはタイの歯科医療は一般に思われているような後進国のレベルではけっしてないということ。日本の歯医者さんの不満は保険で定められた手技、材料しか認められていないということがあるわけですが、日本以外の国ではそんなしがらみはありません。30年あまり変わっていない日本のほうが異常です。そんなことは知らずによく赴任前に言われる言葉、「海外赴任になる前に歯科治療を終わらせておくように。」に従っておられる方がたくさんいらっしゃいます。皮肉なことにタイに来る直前に終わらせたはずの治療の問題で当院に来られる人も少なくありませんでした。中には、「こんなことなら日本で治療しないでタイでやるようにしておけばよかった。」といわれる方がいらっしゃるほどです。また日本は世界屈指の清潔な国で、タイなんて後進国は不潔に決まっていると思っておられる方がほとんどだと思います。タイで歯科治療なんて受けたらエイズになってしまうと言われている人もいました。しかし、実際のところ逆です。タイのほうが、と言うよりも日本以外の国では日本のような不潔な環境で治療をしません。せっかく世界の中でも安い治療費でかなりのレベルの治療が受けられる国にいながら変な先入観などでせっかくのチャンスを失われているのも残念です。
 もうひとつは保険のことです。コラムを書き始めたときに日本の社会保険が海外で使えることを知っている人はほとんどいらっしゃいませんでした。おそらく1番最初にお書きしたと思います。かなりの反響がありました。しかし当時かかってきた電話の問いあわせは、「本当にそんなことがあるのか?」、「歯科医師免許を持っている久米の医院でだけなのか?」、「信じられない。」といった言葉がほとんどでした。中には「ウソでしょ。」なんて声もありました。その後、国民健康保険のほうも海外で使えるようになったのですが、その頃になってやっとバンコクの日本人にこのことが認知されるようになったように思います。世界のいたるところに日本人は活躍しているでしょうけれど、こと社会保険、国民健康保険が海外でも使えることが認知されているということでは世界のどこの都市よりもバンコクが一番ではないかと思っています。私がそのことに寄与した中心人物と実は密かに自負しています。
 以上の2点が一番お伝えしたかったことでしたが、保険のこともそうですが、清潔度はタイのほうがずっと上ということは当時の日本人にはすんなり受け入れられることではなかったんだろうと思います。嘘つきよばわりされたこともありますし、「久米はきっと日本に恨みでもあるに違いない。」などと言われたことも今となっては懐かしい思い出です。暇を持て余しているのか、奥さん仲間でこの話題で盛り上がって「あなた、行ってきて偵察してきて。」と言われて来られた人もいました。善意でしたことですが、この当時かなり精神的にまいってしまうような結果になりましたし、実は今でもトラウマになっています。しかし、その後、歯科は保険が効かないと思われていた人たちもちゃんと還付されていると聞いていますし、感謝の言葉もいただいています。こちらのほうがなかったら、きっともう既にバンコクを逃げ出していたかもしれません。
 筆下手の私がコラムを書き始めたのですが、当初お伝えしたかった主要な項目を書き上げればそこで終わるつもりでした。文章を書くなんて本業ではありませんし、小学校のときの通知簿は国語が「3」で先生から特に国語のできの悪い子とレッテルを貼られていたこともあり、何年も続けたことが信じられないほどです。続けてよかったこと、続けたいと思ったのは、初診で来られた患者さんは私にしてみれば初対面の方です。でも患者さんのほうでは私のコラムを読んで親近感を持っておられる方もいらっしゃました。そういった方とは医者←→患者さんという関係、特に信頼関係を結ぶのがとても楽です。これができてしまうと医院側と患者さんと協力して健康な状態を勝ち取るのがとても楽になります。以前、コラムでお書きしましたが、カスタマーとクライアントは違います。患者さんとの関係は絶対後者でなければなりません。前に書いたことを読んでいない方には意味不明かもしれませんが、機会をみつけてこのこともご紹介したいと思います。
 私のコラムがタイでお住まいの日本人のお役に立てることを祈ってこれから始めさせていただきます。