Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

タイでも使える日本の保険 (社会保険 国民健康保険)

  前回はご挨拶程度の内容でした。実質的には今回が1回目となります。やはり重要なことからお話ししなければなりません。もう知っておられる方も多いと思いますが、日本の社会保険、国民健康保険のことをお書きするべきかと思います。ご存じない方には意外に思われるかもしれませんが、日本独自のこれらの保険は海外でも適用可能です。詳しくは在タイ日本大使館のホームページか、ご自身の戸籍のある区役所のホームページを見ていただくのがいいと思います。ここで問題なのが、「翻訳しなければならない」ということです。少し前までは社会保険が海外でも使えることをご存知の会社でも、この翻訳のことで断念されていたところもあったようです。というのも、病名や処置法が辞書に載っていません。だから翻訳の段階に大きなハードルがありました。そこでいい方法をお伝えします。Googleで英語のまま検索してみてください。きっとでてきますから。でてこないときはWikipediaを加えて検索してください。英語のページが出ます。そのページの左側にいろいろな国のリンクがあります。ここで日本語のページのリンクに飛んでください。これで対応する日本語がわかるはずです。社会保険も国民健康保険も、歯科だけでなく医科ももちろんカバーされていますから民間保険をお持ちでない方も積極的に使われたらいいと思います。上記の方法がお役に立つと思います。実はこの翻訳の業務をされていた会社もありました。1枚につき3000円程度とられていたようですが、そのうちなくなってしまいました。その後、1年契約でこれらの業務の代行をされているところがありましたから面倒だと思われる方はご利用になられるのもいかもしれません。次の問題ですが、この申請用紙が何種類もあることです。FormA:診療内容明細書、FormB:領収明細書、FormC:領収書兼領収明細書(歯科)というものがあるのですが、何故かいろんな種類があります。A4の大きさのものもあればB4もありました。A5の小さな大きさのものも見たことがあります。そしてAとBだけ要求されることがほとんどですが、A,B,Cの3つを要求されたり、Cだけ1枚だったり、Aと領収書だけでBを付けると「こんなものはいらない。」と怒られたりといろいろです。最後の怒られたのは意味不明でしたが。とにかく手続きがいろいろでした。こちらとしては提出先(ほとんどの場合、会社の担当者か区役所のお役人様)の要求されるものを出すのが無難と従っていました。ですから、治療を受ける前に必要な書類がどういったものであるか調べておかれるといいと思います。そうすれば医療機関に「これ書いてください。」と差し出すだけでいいですから。ここ(タイ)は外国で日本の特異な保険制度をわかっている人など皆無のはずですから。通訳の人がいるところでも保険のことはご存じないはずですから。それからこの申請ですが、領収書の日付から2年以内です。逆に言うと治療を受けたときに書いてもらわなくても後からでもいいということです。申請し忘れている人もまだ間に合うかもしれませんよ。もう一つ、月単位で書くということです。10月に3回かかったとしても1枚に書いてしまいます。9月30日と10月1日の2回であれば2枚必要となります。
 民間保険のこともお話しすると、よく「歯は保険が効かないから」という声を聞きます。こうおっしゃる方の保険とは、海外傷害保険のことです。歯科が効かないというのは正確ではありません。傷害保険ですから事故であれば効きます。実際、風呂場で滑って前歯を折って治療された方は保険金が出ました。けっこうタイの風呂場は滑るようで過去10人ぐらい同じようなケースがありました。当時、1本あたり10万円まで保険金が支払われると聞いたと記憶しています。この民間保険を使うにあたってですが、申請に必要なものはそれぞれですから保険会社さんに問い合わせておくべきです。よく「この素材の治療は保険が効きますか?」と聞かれますが、その判断をされるのは保険会社さんで歯科医院ではありません。保険の種類もたくさんありますし、同じ会社の保険でも内容はいろいろあるようですから、責任ある返答をしてもらえるのは医療機関ではなく保険会社です。歯科治療で有効という印象のあるのはSiam CosmosさんとかアメリカになりますがMet Lifeさんがあります。私の知らない歯科で有用な保険もあるでしょうから、これについてはネットなどでお調べください。
 もう一つタイの社会保険といえるようなものがあります。パカンサムコムというものです。ワーキングパーミットをお持ちの方ならたいていの人が入っているはずです。1回ですむような虫歯治療(充填)、抜歯、歯の掃除などが対象です。歯科以外だと指定病院でないと有効でない保険ですが、歯科に関しては指定病院でなくとも使えます。必要な書類は医療機関のほうで持っていますから何も持っていかなくてもかまいません。保険証(薄っぺらい紙ですが。)も持参する必要はありません。
 後は、会社独自で補助がある場合ですが、これは各社いろいろです。治療内容は問わず年間20万円までというものから、治療内容を問わず治療費の90%補助、同じく70%補助、日本の社会保険に準じた治療のみ補助など様々のようです。会社のほうに聞かれておくといいでしょう。社会保険を使うケースで、連続して高額になると良くないので次の治療は数ヶ月おいてと言われる方がいらっしゃいますが、上記の会社補助ならこういった“遠慮”もわかりますが、公的な社会保険の場合は意味がありません。