Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

タイの歯医者さんと日本の歯医どっちが優秀?

 保険の話の次はタイの歯科医療のレベルです。よく歯科治療のために日本に帰るとかタイ赴任前に治療を終わらせておくと耳にします。日本の保険治療であれば金額的には世界一安いでしょうから経済的には意味はありますが、自分の健康を守るという意味ではどうでしょう。私は否定的です。過去、様々な事例を挙げてお話しましたが今回は歯科医師のレベルのことをお書きします。タイの歯科医療はけっして悪くないとは書いても、日本が悪いとはあまり書いてきませんでした。あまり悪口を書くのも良くないと思っていましたので。今回は悪口になるかもしれませんので、人によっては気を悪くするかもしれませんね。閲覧注意です。 
 どこの国でもお医者さんになるのは学業のできる優秀な人がなります。成績の良くない人がなるものではありません。タイでも歯学部に入るには学業優秀でないと入れません。ところが日本ではどうでしょうか?優秀な人がなっていますか?友人が歯医者になった人もいらっしゃると思います。ご友人だけが例外でしょうか。歯医者の友人がいなくとも受験の経験があれば、各大学の入り難さを示す偏差値というのがあってだいたいの程度がつかめます。一度、歯学部のレベルを調べて見られてはいかがでしょうか。きっと驚かれます。私学の歯科大だったら表にも載っていないかもしれません。偏差値評価に値しないので載らない。そんなレベルのところもあるはずです。むしろそちらのほうが多いかもしれません。 私が歯学部に入ったころは、今のように歯医者は儲からないというのが世間に知られる前でこの状態でしたから、今や目を覆いたくなる惨状かと思いますが。ということでまず学生のレベルがかなり違います。次に東大に歯学部がありません。京都大学にもありません。東京には東京医科歯科大がやっとありますが、私の学生時代ここは二期校でした。こんなこと考えたことありますか?このことは国が歯科のことにあまり積極的な関心がなかったことを示していないでしょうか。もし日本国民が歯の健康にうるさければ東大に歯学部を作っていたのではないでしょうか。そして大学の教育ですが、日本の教育がいいかどうかは皆さんもある程度お気づきだと思います。トコロテンのように押し出しで卒業です。日本以外だと卒業するにはけっこう頑張らなければならないと聞きます。そして医師免許の国家試験ですが、最近は合格率はかなり下がったようですが、私の時代は原付免許よりも合格率が高いといわれていました。日本のほうが優れているとするところがないですね。海外でやっているせいかタイ以外の歯医者さんとも話す機会がありますが、日本で歯医者さんと歯科の話をするのとまったく違います。日本の場合、歯科の学問的なことテクニカルなことの話題は皆さん避けるがごとくです。AがあってBということがあって、そしてCということになるというような起承転結のある話はまず出てきません。誰それ先生がこう言った。なんてトランプゲームのような展開の話しかできないような人ばかりです。ちょっと言いすぎでしょうか。どれだけ新しい歯科の話題を仕入れてきても、新しい器具材料のことを調べてきても、それを保険診療に反映させることができるのは稀です。保険診療では30年前からほとんど素材もテクニックも変わっていないからです。勉強家の先生には空しさを感じさせる制度だから無理もないかもしれません。
どうも歯科の話題は歯医者仲間ではあまり好まれないようです。しかしアメリカの歯医者さんもドイツもミャンマーも、もちろんタイの先生も歯科の話題で逃げるようなことはありませんでした。また会話をするにも解剖での各部位の名前や細菌の名前といった基礎的な知識不足で会話にならないことも日本の場合は少なくありません。
 最後に本当かどうかわからないぐらいショッキングな話をご披露します。私学の先生にはご自身の出身大学がいかにレベルが低いか自虐的に笑い話にされている人がけっこういます。15年ほど前の話らしいですが、朝日大学の歯科衛生士学校を落ちて大阪歯科大学に合格したというものです。本当かどうか疑いたくなる話ですが、この手の話はたくさん聞いています。私学をバカにしたように受け取られるかもしれませんが、私学出身だからと下に見ているつもりはありません。それどころか私の師匠と尊敬する先生は今の朝日大学出身です。私などよりもっと知識が豊富でなにより歯科にかける情熱が“異常”な方でした。日本に帰国される方で大阪方面のかたには必ず紹介しているほどですから。とは言うものの、こうしたしっかりした先生はタイのほうが高頻度でいらっしゃいます。私がタイの歯科医療を評価している一つの理由です。