Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

丁寧にしっかりと処置する“熱意”こそ重要

 前回は日本以外の国では学業優秀な人が歯医者さんになるけれど日本はそうでもありませんと、読む人によっては気分が悪くなるようなことを書いてしまいました。そのことに反するようなことですが、歯科治療のテクニカル面に関して、学業優秀かどうかはそれほど重要なこととは思えません。お医者さんや歯医者さんは頭が良くないとできないと思われている人が多いようですが、違うと思います。例えば、虫歯治療をイメージしてみてください。歯の黒くなっているところを削って穴を埋めるという歯科治療の代表的なものです。虫歯菌に侵された所だけ削って健全なところはなるべく削らないようしなければなりませんが、あまり頭は必要なさそうですね。それよりも丁寧にすることのほうがずっと大切です。日本では1時間に4人の患者さんを同時進行で処置するというスタイルが一般的でした。最近は歯科医院も増えて1医院あたりの患者さん数は減っているのでもう少しましかもしれませんが。1人あたり15分で終わらせるのが“日本の普通”です。しかし、日本以外では1人の患者さんに歯医者が1時間つきっきりというのが“普通”です。かける時間と丁寧さの程度はかなりの相関関係にあると思います。解りやすい例をあげると、ご自身か家族知人で前歯の修復処置をされている人があるはずですが、その修復されたところを評価してください。色はもとの歯の色に近いですか?まったく違った色というのも珍しくないはずです。また詰め物と歯の接合面に段差がありませんか。前歯でしたら半透明の歯の色に近い素材を使っていますから、詰め物の下に虫歯菌で侵されて茶色になっていれば透けてわかります。日本の処置はかなり多くの頻度でこのような状態になっていると思います。これは時間をかけて丁寧に処置しないからです。もし日本で時間をかけてやっていれば1時間で数千円の売り上げということになってしまいます。衛生資産数人の人件費でとんでしまいますから倒産してもおかしくありません。歯科治療で大切な“時間をかけて丁寧に”ということがあまりの保険点数の低さにないがしろにされているように思います。これほど日本の歯科治療の状況は悲惨なのです。詰め物が2年3年でとれるのが“普通”と思われているのも日本特有の現象です。アメリカだったら訴訟になるかもしれないようなことも日本では“普通”ですから。
 私がタイの歯科治療に好意的なのは、歯医者さんがふんだんに時間を患者さんに使っている点です。逆のことで日本の歯科治療で良く思わないのは丁寧さの欠ける処置をしていることが多く見られる点です。私は初診の患者さんには必ずこれから行う処置の内容と費用と時間をお話して同意を得てから処置に入るようにしています。費用について「日本ではいくらでタイではいくら」という話になるのですが、費用のほうに気持ちが行ってしまっている人がほとんどです。でもその処置に使われる時間は倍以上違います。麻酔にかける時間もかなり長く感じておられるはずです。短時間で注射してしまうと痛いのですが、時間をかけてゆっくりうてば痛みは少なくなります。歯を削っている時間も比較されてみてください。日本では数分で終わっていたのではないでしょうか。タイでは少し削ってはミラーで確認して何度も何度も確認修正と丁寧に削っているはずです。詰める作業ではもっと差は大きいです。詰め終わってからのバリ取りなどは日本でやっている先生をあまり見ないことですが、タイでは全員必ずやっています。それでトータルにかかる時間が倍以上になっているわけです。それを「レジン充填」という、言葉が同じだけで品質がまったく異なるものの料金比較をされているわけです。一応、日本でのものとは出来はかなり違っていいですよと言っていますが、来上がる前の話では理解されにくいようです。見た目のキレイさ程度ならまだしも、丁寧さを欠いている処置なら虫歯菌に侵されているところが残っているので虫歯菌は残っているわけです。形が出来上がっているだけで治療されたと言えるのか?そんな処置に対して料金の比較なんて意味がないと思いながら料金の説明をしています。前回、肩書き(学歴)のことを話題にしてしまったので今回は肩書きはどうでもいいことで、重要なのは丁寧にしっかりと処置しようと言う“熱意”こそ重要、と書きたかったのですが。今の歯科治療は“医学”であって“医術”じゃないと思っています。サーカスのような名人技を要求されるのではなく、手順をふめば器用でない人がやっても十分なレベルのことがなされるというものであるべきです。名人でないとできないようなことを自分の体にされたいとは私は思いません。過去にたくさんの症例で実証された確実な処置、誰がやっても十分な結果が出る処置を望みます。であるから“手順”に正しく従った処置が重要となります。そのためには時間をかけて丁寧に行うことが重要だということになります。器用さや学歴では決してないはずです。というように書きたかったのですが、いつのまにか日本の処置の情けなさに話が進んでしまい暗くなってしまいました。次回はもっと明るい話題にいたします。