Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

お得情報

 今回は明るい話題にします。フリーペーパーを読まれている人は、少なからずお得情報を求めている方がいっらしゃると思いますのでお得情報を。歯科でお得というのも変ですが、歯医者から見てお得感が高いと思うのが“入れ歯”です。費用の面でも安いですし、出来も日本よりかなりいいと思いますので。費用のことを言い出すとどうしても日本の保険の料金のことを言わなければなりませんが、製作費だけで入れ歯の各種指導料を除いて言うと日本よりも安いものはないと思います。しかし、入れ歯でお困りの人数でいうと日本が世界でダントツで一番のはずです。入れ歯安定剤が日本で花盛りになっていることを見てもおわかりと思います。よその国の人は入れ歯安定剤に頼らないで使えているわけです。また、少しでも具合のいい入れ歯をと、何個も作っている人も少なくありません。このような事情も日本特有でしょうから、日本以外で入れ歯を作れば具合のいいものが期待できそうだと理解していただけるのではないでしょうか。
 入れ歯のことをお話しするのに日本で言う、①保険の入れ歯と②保険の効かない入れ歯(自費の入れ歯)に大別されます。①の方は、素材がレジンといってプラスティックからできています。②の方は、金属床といってレジン以外に金属でできている部分があります。①にあたる方はタイではTPと呼ばれています。なんとTemporary Plateの略です。一次的なものという意味です。一次的という名前は付いていますが、②に比べれば安いですから経済的に余裕のない人はこれを長く使われます。高いといってもせいぜい2倍3倍です。日本の場合は10倍以上ですからその差はかなり大きいです。 お得感があるのは断然②の方です。日本で自費の入れ歯というと何十万円とか100万円という数字を聞かれたことがあると思いますが、これが2万バーツ程度でありますから。そして使っている材料ですが、日本ではめったに使われないような高級素材が一般的に使われています。具体名を挙げて紹介するとVitalliumがあります。この入れ歯用の金属は日本では超高級品扱いです。デンタルフェアでVitalliumを使っている技工所のブースでは、誇らしげに旗が掲げてあるほどです。また人工歯ではIvoclarもタイでは一般的です。こちらも日本では超高級品です。VitalliumとIcoclarを使った入れ歯なら日本ではかなり高額なものになるはずです。材料名は言わなかったですが、金属床の入れ歯を作り直してほしいということで料金をお話しすると「1回分の料金ですか?」と確認されました。あまりに安価なので提示した料金の来院回数倍かと思われたほどです。本当はその上に材料がもっと高価なものが使われているわけですからお得度はかなりのものです。
 ①の入れ歯でいうと料金では日本の保険の方が安いです。しかし、2つ作ることを思えばタイの方が安いでしょう。しっくりこない入れ歯5個よりも具合のいい入れ歯1個の方がずっと良いのは当たり前です。こちらの方のお得度は質です。
 ②の入れ歯のことになると、残った歯にひっかける爪のような金属があります。これを歯の色にして目立たなくするということもタイでは安くされています。爪の金属が見えて入れ歯をしていることが丸わかりになって嫌だなぁと思われている人は、タイの歯医者さんに相談されると驚くほど安い料金でお得感いっぱいになるはずです。この金属の爪は何種類もあるのですが、より高級な物になるとアタッチメントと呼ばれます。日本で有名な物はマグネットです。値段もかなりのものです。マグネットのアタッチメントは日本ではよく見られますが、海外ではそれほどではありません。理由は値段が高いからです。そんな高いものを使わなくても同じ効果のあるアタッチメントはいくらでもあるからです。マグネットの利点は歯医者さんにとって敷居が低く、誰が作ってもある程度の良い効果が得られることです。ただしその見返りとして費用が高くなるということです。究極のアタッチメントは、おそらくテレスコープ入れ歯です。日本では100万円ぐらい当たり前というものですが、これもタイではかなりお得な料金でできます。これはドイツ産まれの入れ歯ですが、当院の例でお話しするとドイツ人技工士さんの技工所で作ってもらっています。このドイツ人は私のイメージ通りのドイツ人で、技工所の機材はすべてドイツから、便器までドイツから個人的に輸入してありました。ここを使うということは、まるでドイツの技工所に送ったようなものです。ドイツ人技工士のいる技工所のある国って!さすが国際都市バンコクです。日本にいてドイツ人技工士の作った究極の入れ歯はなかなか実現されるものではありません。これがお得度No.1かもしれません。
 お得感のあるものを紹介しましたが、逆にお得度の低いものも紹介しておきます。それは抜歯です。お得度があろうがなかろうがあまりあって欲しくない処置ではありますが。