Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

カスタマーとクライアント

 私が受験生の頃、「試験に出る英単語」というバイブルのような本がありました。その最後の方に、注意しなければならない意味を持つ単語として「client 患者」とありました。当時「client、依頼人なのに患者って変なの。」程度の認識でしたが、今思うとお医者さんが患者さんのことをクランケと言いますが、ドイツ語のクランケにあたる英語がclientなんでしょうね。カスタマーとクライアントをネットで調べてみると以下の話がありました。
 英語で、コンビニやファーストフードのお客様はカスタマー、コンサルティングファームのお客様はクライアントです。どちらも日本語に訳すと「顧客」ですが、意味はかなり違います。ファーストフード店のお客様は、不特定多数で商品への信頼以上の特段の信頼関係は必要ありません。しかし、コンサルティングファームのお客様は、不特定多数でなく個々のお客様には、ニーズに応じた個別のサービスが必要です。クライアントとは、お客様のことをよく知り、ときには異議を言うなどしてお互いに信頼関係を築いていくお客様のことだと解説されていました。
 以前、ニュージーランドの友人と飲みに行った際、私が自分のお客様をカスタマーという英語で話したところ「あなたのお客様は、クライアントと言うのだ」と訂正されました。行政書士事務所のお客様もクライアントです。またクライアントの語源は「忠告を聞く人」とのことです。語源で考えるとわかりやすいですね。またここでは触れられていませんが、クライアントでは人間関係が対等です。カスタマーの場合、絶対にカスタマーのほうが強い立場です。蛇足のような話題として、よく「医者にかかれば、患者はまな板の鯉」という人がいますが大間違いです。対等な関係です。こんな気持ちで医療を受けると不幸なことになるかもしれません。
 英語が得意でも患者がカスタマーやまな板の鯉ではなく、クライアントであることがわかっていないと思える人も何人か思い当たりますが、この人達は英語という言葉は勉強されたのかもしれませんが、英語文化を習得するという意味では手落ちがあったのではないかと思います。言葉を学ぶとき同時に文化も学ぶということは、大切なことと思うのですが。カスタマーもクライアントも顧客と訳されてその違いが日本人にはっきりしないということは、そもそもクライアントという意味自体を日本文化が消化していないからではないでしょうか。そう考えるとここが日本文化の弱点ですね。
 日本では歯科の経営が年々悪化しているようで、それに合わせるかのように「当院では患者様をお客様とよばせて頂きます」という歯科医院が増えてきました。この言葉を聞かれて「よし、是非お客様として扱ってもらえる医院に行こう!」と思われますか?私は大いに違和感があるのですが。せっかくクライアントの関係にあるのをどうしてわざわざカスタマーに落としてしまうんだろうと。語源にある忠告には聞こえのいいことばかりではなく、嫌なことも聞かなければならないときもあります。そんな患者さんにとって嫌なことも言えるだけの関係がありながら、できるだけ患者さんには不快な思いはさせないで快適になることを第一に置くという方針を示されると、100%信頼を置いて良い相手なのかと心配になります。 おそらく「患者様はお客様です」という歯医者さんは、クライアントとカスタマーの違いなどよく考えたこともない人たちだろうと思いたいです。おそらく患者さんは快適に受診していただこうという気持ちの表れとして言っているだけだろうと。またカスタマー扱いはするけれど、クライアントである関係はけっして無視しないと。もう一点気になるのは、どうしてわざわざ「患者様はお客様です」と言いたいのか?こんなことを言う歯医者さんに聞いても「快適に受診してもらうため」とか、「患者さんのため」と言いますが、本心はもっと儲けたいからでしょう。
 私は、クライアントの関係を大切にするのであれば、カスタマー扱いして儲けられても悪いとは思いません。医療の重要な部分が守られているのであれば、色々な形態があっていいと思いますし、試行錯誤していくべきだと思うからです。タイの大病院にタクシーで乗り付けると、美人が2人駆け寄って笑顔でドアを開けて迎えてくれたこともありました。また受付から支払いまで、まるでホテルのシステムそのままのようなところがほとんどです。また大学病院にもかかったことがありますが、快適さでは雲泥の差です。大学病院には言葉が十分でないもの、タイの文化がわかったものでないと無理ではないかと思われるほど扱いは最低でした。同じ医者にかかっているので医療行為自体はほぼ同じか、大学病院のほうがいいかもしれません。それでいて私立病院の医療費はかなり高いです。その差のほとんどはカスタマー扱いすることに費やされているのではないかと考えさせられました。
 医療側との関係で日本文化の弱点、『クライアント』を紹介しましたが、クライアントの意味を深く考えてこれから病院にかかられると、これから先の人生でよかったと思えることが何度もあると思うのですが。