歴代 TOP紙面

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

上田正樹、バンコクライブ決定

006

熱い思いをタイで伝えたい 初回は6月4日 ラチャティウィーVIEホール

 アジアの音楽シーンで幅広い活動を続ける、R&B・ソウルシンガーの上田正樹(うえだ まさき)がタイに初上陸。今年の6月4日を皮切りにバンコク都内の数ヶ所でコンサートが行われることになった。
 関西出身が多い在タイ日本人に人気が高い上田正樹は、7月7日生まれの京都府出身。R&Bシンガーとして知られるが、音楽ジャンルにとらわれない「魂=ソウル」シンガーであり、ソングライターの側面も持ち、その独特なライブで解るように観客を満足させる稀代のエンターティナーでもある。
 1974年、伝説のスーパーバンド「上田正樹とサウストゥサウス」を結成し、『この熱い思いを伝えたいんや』でデビュー。日本の音楽シーンに大きな影響を及ぼした8・8ロックフェスティバル(ヤマハ主催)に参加し絶大な評価を得て当時のバンドブームの頂点に立つ。※本人は審査員も兼任。
 1977年、 初ソロ・アルバム『上田正樹』からソロ・シンガーとして出発し、1982年「悲しい色やね」が関西地区の有線放送から火がつき、シングルチャート1位となる。
 しかし、そのヒットに甘んじることなく、パワフルな活動を続け、レイ・チャールズ、BBキング、タワーオブパワー、アイク&ティナターナー、ウォー、といった世界の超有名ミュージシャンとの共演を果たし、ライブ中心に活動して年間100本以上のステージをこなしてきた。
 1999年、日本文化解禁前の韓国にて名プロデューサー、キム ヒョンソクからの熱いオファーを受け、アルバムデビュー。その中の楽曲「Hands of Time」が視聴率30%以上のドラマ「ゴースト」の主題歌にもなり、デビューアルバムは20万枚のセールとなった。これが転機となり、上田正樹の名はアジアの音楽シーンでも高い評価を得ることになる。
 2001年、インドネシアの歌姫REZAとのデュエット曲「Forever Peace」がインドネシア語、日本語、英語の三ヶ国語で歌われ、インドネシアで17週間連続1位を獲得。その人気がマレーシアへも飛び火し、ここでもヒット・チャート1位。上田正樹の存在は、日本だけでなく、アジアでも確固たるものとなる。
 以来、アルバムを毎年コンスタントに発表し、2009年にはジャマイカの世界的リズムセクション「スライ&ロビー」を迎え、ドアーズやボブディランの曲、スタンダードとなった「朝日のあたる家」などが収められた新境地のレゲエアルバム『FINAL FRONTIER』をリリース。全国ツアーを敢行し、ワールドワイドに通用する本物のシンガーとして多方面より高い評価を得る。
 そして2011年、「同じ情緒を共有できる」アジアの様々なトップ・アーティスト達とのコラボレーションをより高めるべく訪タイ。
 3月1日、スクムビット・ソイ49のダイナミックレコーディング・スタジオにてタイのスカバンドの大御所、T・BONEと会見。翌3月2日にはラチャティーウィーのVIEホテルにて、日本人にもフアンが多く『タイの渡辺貞夫』と呼ばれるミスター・サックスマンことKOHとの共演に関する打ち合わせと、会場となるVIEホテル内のホールの音響チェックの結果、公演が決定した。 タイを代表する最高レベルの奏者・KOHと、現在の日本の音楽業界においてワン・アンド・オンリーのポジションに立ち続けている上田正樹のコラボレーションは、在タイ日本の我々にきっと熱い思いを伝えてくれるだろう。