Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

日本人は歯にたいしての意識が低すぎ

 私は日本の歯科医療のレベルが低いと言い続けていますが、実は日本の歯科医師の間で保険診療がとてもまともでないのは、常識と言っていいほどのことです。じゃあ、保険診療ではなく自費診療はいいのかとなると、これはそれぞれの歯医者さんによるということになると思います。使う材料だけは世界並みになるでしょうが。日本の歯医者さんは保険診療が良くないというのは、保険点数が低すぎるからという意見が多いようです。これは間違いなく大きな要因です。一部の意見として、最近の歯科医師は自分で技工をしないからと言います。これはお年寄りの歯医者さんに多い意見です。世界的に見ると日本の30年前、40年前の歯医者さんのように歯科医師が技工をしているほうが稀なはずです。それに、保険診療が良くないとは言いながら、年々良くなってきているという印象を私は持っていますから、この意見は否定してよさそうです。歯科医師から否定されている行政側ですが、過去に厚生省の局長さんを経て厚生大臣を経験された方と、ほんの一瞬会話するチャンスがありました。そのとき、この方は「国民の皆さんは保険と言うものを勘違いされている。」と言われました。保険では最低限のことに対処するだけで、世界的に言われる“なされるべき”処置を保障するものではないということだろうと思われました。確かに国民すべての人から集めたお金で行うことですから“贅沢”な治療をされたのでは保険金を支払うほうとしてはたまったものではありませんから、この前大臣のおっしゃることはもっともだと思います。ただ、その容認されるレベルの問題はあると思いますが。今、保険で使われている金属の素材は金銀パラジュームという合金ですが、金合金のほうが良いというのは全ての歯科医師の意見です。しかし、全ての治療に金を使われては保険金を支払うほうとしてはどうにかならないのか、となるかもしれません。ところが、十分な治療費があてがわれないので、1時間に4人治療することを前提にしたような保険点数だと、実際に1時間に4人治療しなければ医院経営が成り立ちません。虫歯菌に侵された所は完全に除去し、侵されていないところはできるだけ削らないようにする、という処置は時間をかけたいところです。こういった時間を十分にかけられないレベルにまで保険点数を低いところに置かれると問題になります。歯科医師側、行政側とそれぞれ言い分があります。実際はそれに大学などの教育側の言い分もあるのですが、今回は省略します。ここまでは歯医者仲間で良く話題に登ることで、歯医者なら誰でも耳タコです。私はタイに来て外から日本を眺めるようになって、一番大きな問題はもっと大元にあるのではないかと思い始めるようになりました。それは「日本人は歯に対する意識が低すぎる!」ということです。『歯を大切にしない文化だから歯科治療にお金をかけたくない。保険点数が低いまま。歯科の予約時間も守らない、予約変更も気軽にやっています。治療の違いを素材だけで考える。東大に歯学部を作らなかった。等々』海外では歯科にも有効な保険がありますが、日本の民間保険で歯科が有効な保険は見たことがありません。歯科は保険を作り難いという事情もあると思いますが、このことも外国と比べて歯のことを大切にしていない文化を示していると思います。                 
 「いや、そんなことはない。歯に対しての意識が低いなどと言われるのは心外だ。」という人もいらっしゃると思います。私が患者さんに「バンコクは国際都市といわれるだけあって、いろんな国の人がたくさんいます。バンコクにいる人達の口の中に金属が入っている人を見たことがありますか?もしいれば、その人は日本人か日本で治療を受けた人の可能性がかなり高いはずです。」とよく言っています。するとたいてい、「?」、「そう言えばいませんねぇ。」あるいは「あまり他の人の口の中って気にしたことがありません。」という反応が返ってきます。ほとんどの人が気にしていないのです。自分の口の中の金属は気にならないし、他人のも気にならない。でも他の国の人はあなたの口の中にある金属に違和感を感じているはずです。タイに海外旅行に来ていたころは歯科衛生士さんや歯科助手の人から「先生、飛行機の免税品で口紅(YSL,Diorでした。)買ってきて。」とよく言われました。そんな歯科で働く人でさえ、唇の色には気を配るものの、歯に金属が入っていることに違和感を感じていない人がほとんどでした。また何かと言うと「痛くなければ」、「痛ければ」と痛みのことを言う人が多いのですが、歯以外の組織で痛みのことでしか健康か問題があるかを判断することはないはずです。歯のほうだと、「痛かったらまた来ます。」とよく聞きますが、心臓や肝臓のことで医者から問題点を指摘されて「痛かったらまた来ます。」なんてこと絶対に言わないはずです。これほどまで日本文化は歯のことを大切にしていないということです。アメリカ人やヨーロッパのお友達がいらっしゃったら、このことを話題にされてみれば面白いかもしれません。と、いうことで日本の歯科医療の問題の根源は日本文化にあり。と思い始めています。