Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯の色の素材いろいろ

 前回、日本人の歯に対する意識の低さの例として、日本では歯の修復物として金属が多く使われていることをお話しました。では日本以外ではどのような素材が使われているかというのが今回のテーマです。
 小さな虫歯であればレジンという樹脂が使われています。素材のイメージはプラスティックと思っていただければいいでしょう。この治療のことを歯科ではレジン充填(Resin Filling)とよんでいます。利点は1回で終わること、安価であること、そして色調はかなり歯の色に近いことです。欠点は大きな欠損には使いにくいこと。隣接面を含む場合はコンタクトの圧が十分に得られず食べカスがはさまることがあります。ただ、この欠点は術者の技能でかなりの程度までいい結果を期待できます。ただし、そのためには術者に十分な時間を与えることが条件です。この点で時間をたっぷり使ってもらえるタイには優位性があります。皆さんはいい国にお住まいです。もう一つの欠点は水分を吸うのでコーヒーや味噌汁のようなものから色素も一緒に入って変色してくることです。前歯の場合はかなり深刻です。とは言うものの変色していても気にしない人が日本人には多いのですが。さらにもう一つの欠点は熱膨張率が大きいことです。エナメル質も象牙質も熱膨張します。0度ぐらいのアイスクリームから50度以上の熱い飲み物、味噌汁などで1日に何度もヒートサイクルを繰り返します。当然、その接合面ではよくないことが起こっていることが想像できます。詰め物の縁が黒くなります。色素で黒くなっているだけなら見た目が悪いだけですが、虫歯菌に侵されていると二次齲蝕ということになります。ただこのレジンという素材は毎年各社から新製品が出ており、20年前の悲惨な状態からみるとかなり良くなってきています。あまり欠点のことを考えなくてもよくなってきたかなと思える完成度です。とは言うものの100%というほどではないと考えてください。
 次に神経を取っていない歯で面積の大きい修復物ですが、型を採って1週間後にセットするインレーという処置です。素材によってメタルインレー、レジンインレー、セラミックインレーとあります。メタルインレーは皆さんの口の中に1つや2つあるのではないでしょうか。それほど日本では一般的なものです。とくに前から6番目の歯はその被害に合うことの多い歯です。レジンインレーというのは歯の色でしかも安価なので、なおかつ日本では保険対象です。しかしおそらくあまりされていないはずです。日本以外では例外的な処置ですし、日本でも決して歯科医師から評判の良くないものなのでされることはあまりありません。3番目のセラミックインレーが日本以外の国でされている治療です。日本ではあまりされません。採用する歯科医師も多くありません。もしやってくれる先生にあたっても保険外ということで10万円ぐらいのはずで高価です。10万円はとても高く感じますが、他の先進国ではもっと高いですから日本の歯医者さんがボッタくっているわけではありません。日本の問題は適切に処置しているかどうかで値段の問題はないと思うのですが。
 歯全体を覆うのがクラウンとよばれる処置です。これは上記インレーと同じことが言えます。ただクラウンの場合、内側に金属で外側をレジンやセラミックにしたものがあります。レジン前装冠やポーセレンフューズドメタルクランとよんでいます。レジンの場合、日本の保険適用です。 セラミックは一言でセラミックということがはばかられるほど多く種類があり、ここ10年ほど前から歯医者さんがホームページなどで騒いでいるジルコニアというものもセラミックの1種です。製法でも2種類あります。昔からある鋳造のような方法と、CADCAMという棒状の素材を削りだす方法です。CADCAMの機械は安くありませんが、一度買ってしまえば人件費いらずです。人件費の高い国ではとてもありがたいことです。CADCAMを導入している歯科医院であればその日に治療が終わり、せっかちな人にはとてもうれしいことです。そして人件費がかからないので安い。3万円ぐらいでやっている歯医者さんもいます。前者は人件費のため高価になるのですが、タイはこの点で安価に受けられるメリットがあります。前者は手作りの良さがすべてありますが、セラミックを焼くという方法なので“強さ”では劣ります。後者はインゴッドとよばれる棒状のものを削りだすので、カナヅチでたたいても割れないほど強度はかなりのものですが、CADCAMで削りだすので精度では一桁劣ります。色の面でも従来の方法には及びません。ただこの差はかなりこだわりの差ですから一般的に言われるほどではないかもしれません。私は歯医者なので気になりますが。
 ポーセレンフューズドメタルクラウンですが内側に使われる金属には、卑金属、パラジューム合金、金合金(ハイプレシャス、セミプレシャスと2種類)があります。金合金以外はあまりいいと思わないのですが、現在の金の値上がりは相当なもので患者さんに勧めるのがためらわれるほどです。実績もあっていい処置なんですが。その代わり、オールセラミックが良くなってきているため、こちらで対処しています。ローカルの歯医者さんではほとんどが卑金属のポーセレンフューズドメタルクラウンです。内部の金属の違いで治療費の違いを言ってくれない場合はまず卑金属です。ご注意を。経済的に余裕のある患者さんが多いところではしっかりと違いを説明していただけるはずだと思うのですが。通訳の内容がよくわからないこともあるかもしれませんが、この記事を参考に納得のいくまでしっかりと聞かれるといいです。一生共にするものですから。 今回の内容がお役に立てることを祈っています。