Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

入れ歯

 前回は「口の中に金属が見えるような処置をされているのは日本人だけ。」ということで、充填、インレー、クラウン、ブリッジと固定性の修復物の素材を日本と日本以外の地域での違いを含めて紹介しました。今回は固定性でないもの、すなわち取り外し可能なものとして入れ歯のことをお話いたします。今回は素材のことに言及するよりも日本の処置に照らし合わせたほうがわかりやすいと思います。
 日本では大きく分けて保険適用の入れ歯と保険外(自費)の入れ歯の2種類があります。保険のほうは金額のことを心配しなければいけないようなものではありません。逆に歯医者からすると、どうやっても赤字項目です。できればあまりやりたがらない歯医者さんのほうが多いはずです。一方、保険外となるといきなり何十万円と目の玉が飛び出すような金額を言われます。素材の違いで説明されていますが、本当はそれだけでなく、入れ歯作りにかかる手間暇、来院回数、下準備が違うのですが、このことは患者さんには説明しにくいところなのかあまり患者さんいはいわれていないようです。タイでも(日本以外では)大きく分けて2種類あります。Temporary PlateとRemovable Partial Dentureです。Temporary Plateというのは、直訳すれば一時的な用途のプレートとなるのでしょうか。素材に金属はなく、人工歯とレジンのプレートでできています。入れ歯を安定させるために歯にひっかけるもの(歯医者はクラスプとよんでいます。)はワイヤーです。これが日本の保険適用の入れ歯にあたります。保険適用の入れ歯の場合、クラスプは鋳造した金属のものも適用なのでTemporary Plateよりは少しましです。私は最初、日本の保険相当の入れ歯がTemporary Plate(暫間的な入れ歯)とよばれているのを聞いて情けなくなったのを覚えています。日本の歯科治療ってその程度?と。自費の入れ歯になるとレジンのプレートの部分が小さくなって金属のプレートになります。レジンのプレートとレジンでは何が違うかですが、まず大きさと厚みが違います。口の中に入れるものですから、患者さんにしてみれば出来る限り小さく、そして薄くというのが願いです。レジンで小さく薄くしてしまうと壊れやすくなります。保険で入れ歯をお作りすると、その後「痛みもないし食事も問題なくできる。でもここをおとしてもらえませんか?」とか「ここを薄くしてもらえませんか?」とよく言われたものです。入れ歯を患者さんはだいたいご高齢の方が多いのですが、そんな人生の先輩のかたから何度もこういった要求をされると、無下に断るのもどうかな、とついつい患者さんの言うとおりしたこともありました。向こうが透けるぐらいまで薄くしたこともありましたし、手で少し力を加えて歪ませると簡単に歪んだり。患者さんの要求だからと要求にこたえてやってはみたものの、壊れそうだなぁと弱気になったりもしたものです。実際、こんなことをすると壊れます。でも大きかったり分厚ければ不快なようです。その問題点を解決するのが金属床です。
 金属床は保険外ということでいきなり高くなってしまいます。京都大学で医療経済をやっておられる西村先生がNHKで述べられていましたが、保険の素材で歯科の教科書に沿った作り方をした場合の適切な料金が15万円ぐらいと言われていました。なんと15万円の入れ歯を作って、歯医者の時間給は平均的なサラリーマン程度ということでした。最低の素材を使って15万円ですから、金属床のような歯科でまっとうとされる素材を使うとそれにプラスされるわけですから数十万円というのは理解されると思います。
 ここで入れ歯でお困りの方への情報です。総入れ歯を例にとれば保険相当にあたるTemporary Plateが、タイでは1つ1万バーツちょっとぐらいでしょうか。これだと日本よりも高いです。同じ素材でと考えると高いですが、日本と違って製作工程を省略されないのでずっと具合のいいものができているはずです。西村先生の言うところの15万円の入れ歯相当です。よくポリデントのような入れ歯安定剤が入れ歯には必要と思っているかたがいらっしゃいますが、そんなものなしで安定して食事できます。そして金属床のほうですが、日本では数十万円ですが、タイでは2万、3万バーツで手に入ります。安いからといって手は抜かれていませんし、日本での自費の入れ歯に使われている素材よりもいいものが使われていると言っていいはずです。逆に日本は金属床といっても、その素材はピンキリです。むしろ1級品が使われることがほとんどないと言っていいほどです。自費なのに。しかしタイはマーケットが小さいせいか、逆に1級品しかないと言っていいほどです。安い素材を探すほうがむずかしいぐらいですから。歯科関係に知り合いのいらっしゃる人は「バイタリュームの金属床でイボクラーの人工歯を使っていくらぐらいですか?」と聞いてみられるといいです。(バイタリュームもイボクラーも1級の歯科素材です。)50万円はくだらないはずですから。ネットでも調べられるかもしれません。実はこの日本で自費扱いの入れ歯がもっともお得感のある処置だと思えるほどです。クラウンでオールセラミックだと10万円以上が日本の相場ですが、タイでは1.5万バーツ程度でお得感がありますが、そんなものが霞むほどのお得感が金属床の入れ歯にはあります。日本で入れ歯でお困りだったかたにはタイは治療費も安く、いい国に来られたと実感されるはずです。