Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

スマイル入れ歯

 当院には、人づてで色々な国から来られる患者さんがいらっしゃいますが、去年インドで住んでいるという日本人の方から相談がありました。「左上2番目の歯を失っているけれど、ブリッジのように隣の歯を削ることには抵抗がある。しかし、インプラントは高いし不安もある」ということでした。日本の歯科医院で、スマイル入れ歯というものを勧められた、ということです。ご本人は日本まで行って、スマイル入れ歯にしようと決意しかかっているようでした。
 このスマイル入れ歯は、グーグルなどで検索していただければ、私の紙上の説明よりももっとわかりやすいサイトが沢山あると思いますので、詳しいことはネットで見てください。過去に他紙コラムで“グニャグニャ入れ歯”と私が表現した入れ歯がこれにあたります。利点は、通常の部分が入れ歯のように歯にひっかける金具(クラスプといいます)が無いので、見た目がすっきりします。また、通常の入れ歯は入れ歯を安定させる為に歯にひっかけを求めるのですが、グニャグニャとたわんでくるので、へこんだ歯茎があれば歯茎に安定を求めることが出来ます。こう書くと、とても良い入れ歯のように思えますが、一般にはあまり満足度の高い入れ歯ではないようです。素材と構造上、通常の入れ歯ほど“ガッチリ”と固定できないので強く噛めませんし、コストもそれほど安くありません。日本では保険の入れ歯がとても安いですから、保険の入れ歯と比較すると保険外は比較になりません。大体10万円から20万円というのが相場かと思います。人件費の安いタイではもっと安く出来ますから、タイにお住まいの適応症の人には良い話です。このグニャグニャ入れ歯の素材で歯にひっかける部分を作ることも出来ます。素材はプラスティックみたいなもので歯の色にもできます。通常の入れ歯のような金属では無いので、目立たなくなり、見た目がかなり“まし”です。症例によってはお勧めできることもあるので、入れ歯の“ひっかけ”の見た目の悪さを気にされている方は、歯医者さんに相談されるといいでしょう。しかし一番の問題点は、修理や補正が利かない事だと思います。年数が経てば顔も変わるように、入れ歯の部分の歯茎も変化します。通常の入れ歯であれば、足したり削ったりと合わせ直すことも可能ですが、これが出来ません。作り直さなければなりません。ランニングコストとして考えると、「高価な入れ歯」ということになります。
 1990年に旅行者としてタイに来た時に、このグニャグニャ入れ歯のことを知りました。保険外の治療のことは結構知っていると自負していたこともあり、まさか自分の知らない治療法がこんな後進国であるなんて…と、とても驚きました。当時、電話ですら各家庭に普及していない国でしたから、テクニカル的にも問題のあるようなものじゃないかと不信感すら持っていました。しかし、ケースによってはメリットもありそうなので、ずっと気にはしていました。日本に帰ってから、大学の補綴科の人達と話題にしたこともありました。結果は、その道の専門家ですら知らない人がいるほど認知度が低かったのです。また、これを作る技工所があまり日本にはあまりないとのことでした。彼らの意見は今と同じで、かなり症例を選ぶということでした。たいていの症例で第一選択にならないということです。
 では、どんな時に有効なのかということになります。見た目や装着感はかなり良いのですが、上記のように数年で作り直さなくてはならないという費用的な欠点を考えると、今はインプラントはしたくないけれど、数年先には覚悟を決めてやろうと考えておられるような方の場合です。1本だけのインプラントなら値段が高くても何とか出せる金額ですが、5本や6本となると話は違ってきます。経済的に余裕ができるまで、あるいは貯金してインプラントができるまでの間の一時しのぎで用いるなら、かなり有効かもしれません。
 最初に紹介した患者さんですが、結局当院でグニャグニャ入れ歯ではなく、他の“とりあえず”の処置をしました。やはり見た目や装着感はかなり良いものではありますが、末永くというものではありません。その後、その方の友人から経過を聞くことが出来ました。「かなり満足していて、これで良い。感謝しています。」と仰っておられたそうです。感謝していただけたのは何よりなのですが、「今は大丈夫ですが、ダメになったときに大慌てになります。あくまで一時しのぎですよ。」と念を押したつもりだったのですが…。どうも当面の問題が解決されてしまうと、本質が見失われることが多くあるようです。
 今回のように見た目、装着感が満足されてしまうと、将来起こるであろう問題を指摘されていても、警告はその場限りのものになってしまうようです。一時しのぎの処置の場合は、将来の問題のこともしっかりと認識されておくことが重要です。
 ちなみに、スマイル入れ歯というのは日本だけの名前です。こちらではFlexible Dentureと呼ばれています。興味のある方はこちらの名前で問い合わせれば、分かっていただけやすいと思います。