Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

金属アレルギー

 今回は金属アレルギーの話です。一昔前にはお医者様から歯科は金物細工屋と揶揄されたこともあるほど、歯科では金属をたくさん使ってきました。金、白金、パラジューム、銀、水銀といった比重の高い金属はもちろん、ニッケル、コバルト、クロム、アルミニュームといった卑金属までいくらでも挙げられます。おまけに実際の使用にあたってはそれらの合金になりますから、その種類はかなりものです。金属アレルギーの症状は湿疹などの皮膚症がほとんどです。歯科の場合だと、粘膜の症状ということになります。ところが最近、肩こりや頭痛のような、金属アレルギーの症状とは思われていなかったものまで、金属アレルギーが疑われるようになってきたようです。問題は、もし何かの歯科用金属でアレルギー症状が出たとしても、その症状の原因となる金属の特定が難しいことです。日本人の口の中は金属天国ですから、あちこちにいろいろな種類の金属が入っています。どの金属がアレルギーの原因か特定するのは困難です。それどころか、それぞれの金属が何であるかも特定できません。見た目と処置した所、保険治療かどうかで、だいたいの見当をつける程度です。保険診療で使われている金属でも、一言に金銀パラジューム合金といっても、メーカーはたくさんありますし、値段も結構ばらついています。乳歯に使われる保険対象の金属は銀合金ですが、あきれるほど金属が破折するということが続いたことがありました。調べてみると保険適用のうちで一番安いものを使っていたということだったので、大学病院でも使っていたメーカーのものに変えると、ピタッと破折の問題がなくなったこともありました。合金の主な成分の割合は決められているはずなのに、これ程の差がありました。アレルギー症状のようにはっきりしない症状への影響だと、もっと差がありそうに思えます。たとえ保険の指定金属を使っていたとしてもこの程度ですから、どの金属がアレルギーの原因かは、実際問題、特定できないと思います。アレルギーの問題以外にガルバニー電量という問題もあります。異なる2種類の金属の間には電位差を生じますから、電流が流れるということです。この電流の刺激で痛みを感じたり、味のようなものを感じたりといった症状があるようです。こんなことを書くと心配になる人が多く出るかもしれませんが、私はこのガルバニー電量のことはあまり心配しないほうがいいと思っています。名前は有名で歯医者なら誰でも知っているほどですが、本当のところ実際にあるのかどうかもわからない程度の頻度しかないようです。大学の講義でも1人それらしい患者さんを見つけたときに、周りにいる歯医者さんや学生を集めて見せたと言われていましたから、かなり頻度は低いはずです。私の経験では“もしかしたらそうかもしれない”という症例が2例だけでしたから。歯医者の教科書ではまったく言われていないことですが、アメリカの歯科材料屋さんのビデオで、イオンになった金属が象牙質の管(象牙細管)に入っていくと、象牙質がもろくなってくるという報告がありました。しかも短時間でダメージを与えてしまい、もとに戻すことはできないというショッキングな内容でした。このことを知ってから20年以上経ちますが、一向にこの話題が大きくなることがないのですが、私は心のどこかで気にするようにはしています。イオン化しやすい金属はなるべく象牙質に直接接触させないようにしようと。どうしても金属を使わざるを得ない場合は、イオン化しにくい金属、すなわち貴金属金合金を使いたいと。見えるところに金を使いますか?と言う話はしやすいのですが、見えないところ(歯の内部)に使う場合は理解を得るのが簡単ではありませんでした。患者さんにしても分かりにくいことではありますが。それに、他の歯医者さんでそんなことを言うところはまずありませんし。
 一方でセラミックがどんどん良くなって、金が値上がりしてオールセラミックをお勧めしやすくなったのは、金属アレルギーの問題からもかなり楽になりました。先ほどの歯の内部に使う金属ということでは、ポストコアと呼ばれるものがあるのですが、ファイバーのコアが実用化されたことで、こちらもありがたい事態になってきました。すべてのケースに使えるというわけではありませんが、金属の欠点を解決してくれました。イオン化しない金属は金合金ということで高くつきますが、ファイバーならずっと安くなります。技工所を使わないので、その費用も来院回数も減らせます。将来、入れ歯でも金属を使わなくてもいいような素材が生まれるかもしれません。歯科治療でメタルフリーになるのはかなり先かもしれませんが、確実にメタルフリーの方向に向いていると感じています。
 最後に気になる情報です。日本での保険治療でインレー、クラウンに使われているのは金銀パラジューム合金ですが、ヨーロッパのほうでパラジュームは使用しないようにしましょうと勧告が出ているようです。日本の保険治療を否定するような勧告ですね。そして、日本の保険治療の素材は30年以上変わっていません。進化は止まっています。この事実をどのように受け止められるでしょうか。やはり日本の歯科治療じゃないと安心できませんか?それとも・・・。