Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯周内科

 医療は外科と内科と大きく分けられます。大雑把なイメージで、手術をするのが外科、薬で治すのが内科と捉えられて問題はないかと思います。子供の頃からお医者さんに何度もかかられていると思いますが、そのほとんどは内科ではないでしょうか。外科にかかるときは大騒ぎだったと思います。歯科は残念ながら外科に分類されます。投薬だけで治ることなんてまずありません。歯科は一番馴染みのある外科と言えます。虫歯や歯周病が薬を飲むだけで治ってくれたら、と思うのは患者さんも歯医者も同じです。残念ながら今までありませんでした。しかし最近、外科処置をしないで済ませる処置がささやかれだしています。まず虫歯のワクチン。これができれば歯医者失業か、というほどのインパクトがありますが、まだなかなか難しいようです。そして歯周病ですが、細菌でおこる疾患であるなら抗生物質などで治るはずだということです。ただ真菌のようなカビみたいなものも関与しているらしく、抗生物質だけでなくカビ対策の薬も併用してはどうかということです。歯周病は糖尿病のように生活習慣病の一面もあって、生活の仕方を変えることを要求されるので、なかなかお医者さんだけが頑張っても良い結果が出ません。お医者さんから患者さんの生活に「ああしろ。こうしろ。」と言われてうっとしいことです。歯周病ではこんなふうに歯を磨けとか、フロスを使えと言われるわけですが、なかなか長年の習慣が変わるものではありませんから、治るのが難しいです。こんなやっかいな病気が薬を飲むだけで治るとすればこんないいことはありませんね。
 一応、言われている処置を紹介いたします。①Azithromycin Hyrrate(商品名:Zithromax)という抗生物質と②Amphoterin B Fungizon (商品名:Fungizon)というシロップを使います。一応、タイで手に入るものか調べてみましたが、チュラ病院の近くの有名な薬屋さんで①は売られていました。6錠450バーツだそうですからあまり安い薬ではありませんね。②のほうは「ない!」と言われました。聞き方が悪かったのかもしれません。これに代わるものとしてMycostatin Oral Suspension(商品名:Naystatin)が使えるはずです。なんと1瓶50バーツですって。日本では2000円で売られているので?ですね。
 興味のある方は、歯科医院でこれらの薬剤と歯周病(Periodontitis)の言葉を出せば、こういった方面に関心のある先生でしたら、いろいろとアドバイスくださるかもしれません。
 虫歯のほうですが、実は私の体験談があります。30年以上前にされた貧弱なアマルガム充填がその後超音波を使った歯の掃除で取れてしまいました。既に歯科医師になっていたので、信頼できる大先生にレジン充填してもらったのですが、歯医者の問題というよりも、当時のレジンという材料の問題からか、歯が一部欠けてしまいました。さぁ大変、と当院のゴッドハンドに治療をお願いすると「かなり深い虫歯になっている。神経を取る!」と言われました。症状はまったくなかったし、その他の理由から残せる可能性ありと判断しました。3Mixという方法です。虫歯を削って治すのではなく、抗生物質(metronidazoleなど)でやっつけるという方法です。削れば神経を取ることになりそうなのでダメ元で試してみました。1年ほどかかりましたが、神経を取らずに充填という処置で現在問題なく過ごせています。一度、抗生物質を入れて数ヶ月待って簡単に除去できるところは削って、また抗生物質を入れるという方法です。基本的には痛みを感じるほどには除去しませんから、麻酔の注射なしです。しかし3回かかりました。こんな方法試してみたいと思われますか?ごく一部の人に限られるように思えるのですが。
 歯周内科も3Mixも成功例を聞くと素晴らしい事のように思えますが、まずメジャーな処置ではありません。それは歯医者の教科書に載るほど実績がないからです。またどんなケースで有効で、どのようなケースでは使ってはいけないかというような事もはっきりしていません。日本の保存学会では「認めない!」という判断をしているようです。ですから保険治療に認められることもありません。しかし私の例も含め良い結果のあることもあるので、自費診療で行っている所もあるようです。料金は天と地ほど差があります。取り組み方にも天地の差があるようですが。
 これを現状、どう考えればいいのでしょう?医院側としては確度を持った治療法でないので手放しでお勧めできるものではありませんし、ましてこんな不確かな処置に日本の一部の先生のように高額な料金設定も躊躇われます。といってそれなりの料金は取らないと永続できません。それよりも心配なのは、良い結果がでなかったときの患者さんとのトラブルです。時間と費用をかけて夢を見たのに、ダメだったら歯医者に文句のひとつも言いたくなるかもしれません。
 興味のおありの方は歯周内科でも、3Mixでも、キーワードを紹介しましたので、キーワードをもとに相談されるといいですが、けっして過大な期待をもたないで、むしろ「ダメ元」ぐらいの気持ちでやるぶんには、歯科医師側、患者さん側にとってもハッピーな結果になると思うのですが。