Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

前歯のコンプレックス

 以前、当院で治療させて頂いた方からメールを頂きました。上の前から2番目の歯が、左右2本が先天的に欠損していたそうで、日本で治療を受けたけれど問題があって逃げ出してしまって、治療途中のままで困っていたそうです。ある患者さんの紹介で、わざわざタイにある当院でやり直したという患者さんです。以下、その文面です。
『私は、歯がきれいでうれしかったので、差し歯にする以前よりよく笑っています。笑顔になりまして、それは、相手にも気持ちの良いものだと思っていました。「がははは」と歯と歯茎を出すことができるので、お互いに良いと思っていました。歯を見せて笑える幸せを得たのです。最近それについて、考える出来事がありました。
「すっごいきれいな歯並びだね。自分の歯?」と質問されてしまいました。私は首を振りました。それから、気分が落ち込みました。本物に似せて作ってもらい、私の歯並びと噛み合わせについて、丁寧に作って頂いた歯ですから、私は、「人工物の美しさ」をわかっていたつもりでした。なぜ本物っぽく作るのか、それは、自分の天然の歯のごとく笑いたいからですよね。言わなくてもいいのに、そういうことを言われて傷つきました。義手の人に「それ義手?」って言うのと同じかもしれません。口をつぐみながら「うふふ」と笑うよりも、「あはは」と歯をみせて笑ったほうがいいと思ったのですけれど…。歯が悪い人、折れてしまった人、無い人がいて歯医者さんがいる、車をこすってしまって板金屋さんがいるように、世の中ってよくできてるなと思った矢先、そういうことがありました。私は自分が差し歯ですから、差し歯の人を見るとわかります。でも指摘して言いません。この人も大変だなあと思います。相手の気持ちがわかるって大事ですね。痛みがわかるって大事ですね。しばらく落ち込みますが、私は受け入れて又「がはは」と歯と歯茎を見せて笑うでしょう。決して、きれいな歯を自慢しているわけでは無いのです。今まで笑えなかった分、笑うのです。』
私の返信が以下です。
『久米(Sahaphaet)です。お久しぶりですね。大きく口を開けて笑えると患者さんに言ってもらえるのは、歯医者にとって勲章みたいなものです。「自分の歯?」って言われて傷ついちゃったんですか。そんなこと気にしなくていいですよ。(中略) PS:人工の歯ですけれど、劣等感持つ必要ないですよ。○○さんは人生で何も恥ずべきことをしているわけじゃありませんから。堂々と大きな口を開けて明るく笑ってください。周りの人もつられて明るくなりますから。』
 この方からのメールを頂いて、前歯のことでコンプレックスを持っていた方のことを思い出しました。歯を見られないようにとの配慮からか、いつもうつむき加減で、話すときは片手で必ず口を隠しておられました。結局、この人も大きな口を開けて笑えるところまでもっていったのですが、お見合いの席で相手の男性から「キレイな歯ですね。」と言われたそうです。こちらはそんなこと聞くとエヘンとなってしまうのですが、そのときこの方は泣き出しちゃいました。当時、「どうして泣くの?」と訳がわからない状態になってしまいました。歯のことでコンプレックスのあった人は、どれだけ自分も周りも認める“キレイ”な歯になったとしても、見た目の悪い時期があったという心の傷はそう簡単には治らないのでしょう。歯医者にできることはきれいな歯にすることぐらいに考えていましたが、それだけでは心の傷までは癒せていないことがはっきり分かりました。ただ、ここまでのことになると、歯医者の守備範囲を越えているようにも思えますが、何かできることもあるようにも思えます。具体的に何も思いついてはいませんが。私の返信したメールの後、次のようなメールを頂きました。
『久米先生のご返信の文章に出てきた女性の気持ち、分かります。私も手を口に当ててあまり笑うことができなかったから良く分かります。その人、すごく深く苦しんでいたと思います。その女性、久米先生に出会えてよかったですね。私も久米先生に出会えてよかったです。あまりにも美しすぎるので私の前歯は疑われたのでしょう。ご返信を読んでしばらくボーっと考えた結論は、きっと私が、本物って他人に見てほしかったのでしょう。私もきれいな歯ですねって本当にそう思って言われたら泣いてしまうでしょう。久米先生にメール返信頂きまして、浄化されました。それを望んでいたのでしょう。助けてほしかったのです。私、やっぱり超幸せですね。運が良い。どうもありがとうございます。』
 私のメールで救われたと言われれば「よかった。」と思って一安心なのですが、治療が終わって患者さんに満足してもらった時に「終わった。」と思っていた自分の浅かったことがよく分かりました。処置が終わってお終いじゃなく、考えなければならないことっていくらでもありそうに思えてきました。やはり医療って底の深い仕事だと考え直させられる出来事でした。