Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯科の世界も国際化

 最近はなんでも中国製が増えてきました。人気のあるiPhoneも中国製ですし、PC関係のものも中国製が増えています。PCパーツで言うと、台湾製でさえどうかな?と思っていたのが、今や台湾製なら高級品に思えてくるほどです。その他、衣料品や食材はご存知のとおりです。実は、入れ歯などの歯科技工物も中国製が増えているようです。日本では一応、保険診療には使ってはダメで、自費診療で患者さんの同意があれば可とのことです。
 このことについてアンケートがなされました。「海外製であることを説明されれば同意するか」という問いに対して、「同意する」は9%にとどまり、73%は「同意しない」と答えているのだそうです。わかる気もしますが、タイに住んで、タイで歯科治療を受けている人はどうでしょう?日本製が使われていることはおそらく全くないはずです。100%タイ製のはずです。過去に日本製の技工物を使うということで法外な料金を取っていた歯科医院がありましたが、既になくなっています。私が患者さんとお話していて、技工物がタイ製であることに不安を感じている人はあまりいらっしゃいません。実際、日本製と比べて劣るようなことはないと思いますし、製作過程で使う器具、材料も日本の技工所ではなかなか使われない1級品が使われていますから、長所が多いと思いますが。タイ製は大丈夫で、中国製は不安なのかもしれません。
 実際、中国はアメリカにも入れ歯などを輸出しているようですが、基準量をはるかに超える鉛が検出されて問題になったことがあるようですから心配ですね。どうも中国のものは餃子でも問題がありましたし、安全を軽視しているのでしょうか。とは言うものの、日本にも既に入り込んでいますし、アメリカにもヨーロッパにも輸出されていますし、今後増加傾向にあります。いつまで日本製にこだわっていられるでしょうか?
 中国製であってもiPhoneは人気があります。すべてのものがダメではなくいいものもあるし、中国製を全否定して生活していくことができないのなら、選別しなければならないのかもしれません。Appleの元で作られたものだと安心だけれど、中国メーカーの生産者の名前も入っていないコピー商品は、電池が爆発したりする心配があるので、買うならその覚悟で…という具合に。
 歯科の場では、その技工物を採用する歯医者さんの目が頼りになります。しかし、その歯医者さんの能力を計ることは患者さんには難しいので現実には無理ですね。最初のアンケートの結果は、このあたりの問題がかなり結果に表れているのかもしれませんね。
 今中国が世界各国に輸出していますが、こんなことはここ10年ほどのことで、20年前には聞いたこともありませんでした。その頃は、タイが北欧など人件費の高いところに輸出していました。タイの大手の技工所は、たいていのところが輸出しています。今頃はどうなっているかわかりませんが、かなり中国にシェアを取られているのかもしれません。
 ここで日本の技工所です。歯科医院が経営難をおこして、中国製にシェアを取られて大変な思いをしているはずです。どうしようかと毎日首をひねっているはずです。しかし、日本から世界に輸出しようという発想はないんじゃないでしょうか。まったくそんな話を聞きません。もともと保険診療のせいで、低料金には慣れているはずです。そして、輸出に重要なロジスティックに関して、日本は1級品ですから可能性は高いと思うのです。どなたか興味ありませんか?もしあればご協力しますが。
 こうして考えると、歯科の世界にも黒船がやってきたような時代になってきたようです。いつまでも国内のことだけを考えて済む時代は終わって、世界の動きや為替のことを考えなければならないようになってきたのかもしれません。ついこの間までは、世界のことなんてまったく無関心でいられた鎖国状態の時代がおかしかったのだろうと思います。