Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ハミガキ

 最近、連続して「何か塗って治るような歯周病の薬ありませんか?」とか「歯茎が腫れて痛いんですが、塗り薬か何かありませんか?」または「もう虫歯にならないような薬ありませんか?」といった質問が続きました。少し前に薬で治す話題をお書きしたのでそのせいかもしれませんが。あの話はまだ歯科の世界で確立したものではないので、医業として行うには前提条件がたくさんあります。それに、従来の治療法で治るのであれば、確実性のある確立された方法を取るべきです。今回の質問者さんは、そんな過去のコラムのことが聞きたかったのではなく“楽”な方法で対策を求めていた感じでしたが。
 歯周病にしても虫歯にしても、その予防の第一になるのはハミガキです。全ての人がハミガキをしているはずです。それでも虫歯や歯周病で困っているから上記の質問になるんだということでしょうが、それはハミガキの効果が不十分だからというふうには考えられないのが問題です。質問者のお一人は「日本人はハミガキがしっかりしている。」と言われました。何を根拠に言われたのか質問をお返ししてしまいました。
 私は歯学部に入るまで、ハミガキの仕方について歯科の人から聞いたのは、小学生のときに朝礼で近くの保健所から派遣された歯科衛生士さんが、大きな歯の模型と大きな歯ブラシを持って「上の歯は上から下に、下の歯は下から上に」とローリング法という磨き方の指導を受けた時だけです。それ以外にはまったく記憶にありません。このローリング法は悪くない磨き方ですが、子供の虫歯予防に有効な磨き方で、歯周病予防には効果はあまりありません。これを読んでおられる方も同じだと思うのですが。日本でのハミガキの程度ってこの程度です。決して世界に向かって胸を張れるものではありません。何事も謙虚に。
 早くハミガキの仕方を書けとイラついている方がいるかもしれませんが、手技手法の前に大切なことがあります。それはハミガキは何のためにするのか?この質問でたじろぐ人もいたぐらいですからお付き合いください。それは虫歯予防、歯周病予防のためです。虫歯予防のためには「どこが虫歯になりやすいのか?」と考えるべきです。そこをしっかりとハミガキすることが効果的なはずです。歯周病についても、その成因をお話して磨くべきポイントをお話しています。虫歯は噛む面の溝と歯と歯のコンタクトしているところ(隣接面)にあります。噛む面の溝は比較的簡単ですが、隣接面は簡単ではありません。簡単ではないどころか、歯ブラシでは無理があります。一番効果的なのはフロスという“糸”です。最近は糸ようじとかいろいろな補助道具もあり、糸だけでなく操作しやすくしたものが各種売られていますから、ハミガキコーナーで確認されてはどうでしょうか。
 歯周病のほうですが、成因のことはまた別な機会にするとして、掃除をする狙うべきところは歯周ポケットです。歯周ポケットという言葉をご存じない方は調べてください。ここではこの説明は省かせていただきます。磨き方はバス法という磨き方が定番です。このとき、歯ブラシの持ち方はペングリップという持ち方が推奨されています。具体的なことはネットで検索していただければ、イラストなどを工夫した、いいサイトがきっと見つかると思います。
 ハミガキと一言で言いますが、このように考えると、虫歯予防の磨き方、歯周病予防の磨き方というように、最低でも2種類の磨き方は必要となります。ハミガキしている時に、今は虫歯予防の磨き方をしている、あるいは歯周病予防の磨き方をしてる、という意識を持って磨いていたでしょうか。ほとんどの方は、漫然と口の中に歯ブラシを入れて、自分流の歯ブラシの動かし方をしているのではないでしょうか。
 何事も目的意識を持って合目的的な行動をすれば効果は大きいはずです。となると、どんな歯ブラシがいいのか?という質問にも、虫歯予防に効果のあるものと、歯周病に効果のあるものと、2種類あるのではないかと思うのが普通でしょう。何も1本の歯ブラシに万能を求めないで、2本3本と用途に合わせて使うのが効率的なはずです。部屋の掃除でも、箒とハタキと雑巾でどれが部屋の掃除に一番いいのかという問いが無意味なように、ハミガキでも電動歯ブラシ、フロス、歯間ブラシ等々、どれがいいかと考えるよりも、適材適所で効率よく使うのがいいと思うのですが。
 これを書いている時に上記の質問者の方が来られて、私のお話したことをご主人に話されたそうです。ご主人は残念ながら歯を全て失って総入れ歯になっているそうで、「この話を歯を失う前に聞いておきたかったなぁ。」と言われたそうです。
 私も日本の歯医者でしたが、私一人の力ではなかなか日本全国にお伝えできませんでした。日本の歯医者を代表して、このご主人には申し訳ない気持ちです。でもバンコクにお住まいの方には、なんとか行き渡ればという気持ちです。