Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ペングリップ

kume17

 前回は電動歯ブラシ、その前は歯磨きの仕方、考え方と口腔衛生の話を続けました。その中で書き漏れていたことを付け足して、より完成度の高いものにしたいと思います。今回は歯ブラシの持ち方です。一般によく見かけるのは、歯医者が「鷲掴み(パームグリップ)」と呼んでいる方法。歯ブラシの柄の裏側は人差し指から小指までをそろえ、表側は親指で押さえるという持ち方です。そして、鉛筆で字を書くように持つ「ペングリップ」という持ち方があります。
 鷲掴みのほうは歯医者さんの誰もが顔をしかめる持ち方です。百害あって一利なしです。ところが、どうしてこの良くない持ち方が、日本国民にこれほどポピュラーになったのでしょう?私は、きっとテレビコマーシャルのせいだと思っています。さすがに最近のCMでは、ペングリップでされているようですが、少し前(かなり前?)のTVコマーシャルでは、男優さん女優さんが爽やかな雰囲気をかもしだしながら、鷲掴みで歯ブラシを持って、横磨きでゴシゴシやっていました。きっと、このせいで日本中にこの持ち方が浸透したのではないかと思います。また、それを長い間指摘しなかった歯医者にも問題ありですが。
 さて、具体的なペングリップの持ち方は、文面では上記のように書きましたが、適切なイラストのほうがわかりやすいと思います。最近はほとんどの方がネットで検索されるようになっていますので、こちらはネットで見ていただいたほうがいいと思います。特に、前回紹介したバス法磨きに適切な持ち方です。日本では、歯磨き指導に熱心な歯科医院は年々増えているはずです。保険制度でも、歯科衛生士さんが15分以上とか指定して歯磨き指導を後押ししています。そこでは、必ずこのペングリップという持ち方でされているはずです。ところが、私が見る限り、一向に浸透しているように思えません。子供の頃についた習慣は変えにくいのか?いや、力が入らない磨き方なので磨けた気にならず、ついつい元の鷲掴みのゴシゴシ磨きに戻るのか?と理由を考えていました。私はよその医院を見学するのが好きだったのですが、いろいろな医院を見てきて、熱心に歯ブラシ指導しているところなども含め、ペングリップの指導に問題があるのではないかと思い当たりました。ペングリップとは、歯ブラシを鉛筆に例えるなら、ブラシのほうで字を書くように持てば左側は順手になって磨きやすいのですが、右側を磨こうとすると手首がひっくり返って磨けたものではありません。でも、どこの歯科医院でも、どこの歯医者さんも衛生士さんも、そのことを問題にしません。恐らく、ここに大きな問題があるのではないかと思い当たりました。正しくは、右と左で歯ブラシの方向を逆にすると、簡単に磨けるようになります。これもイラストならわかりやすいのでしょうが、文章で説明いたします。左側を磨くときは歯ブラシのブラシのほうで字を書くように鉛筆持ちしてください。右側を磨くときは、歯ブラシのブラシのないほう(オシリのほう、柄のほう)で字を書くように持ち替えてください。さっきまで右側を磨こうとすると手首までおかしくなりそうだったのが、そんなことがウソのように、スムースに操作できるようになります。このことを患者さんに伝える歯科医院が少ないせいで、ペングリップの普及が進まないのではないかと危惧しています。右側を磨くときは左手で持て、なんてバカなことを言っていた歯医者さんもいましたからイヤハヤです。でも右利きだと右側が磨きにくいということを意識されているだけ、他よりましだったのかもしれませんが。
 これを書いている今も、前回の私のこのコラムで歯磨きの話をされた方とお話したところですが、この人の歯茎も乱暴な磨き方のせいで歯茎が下がっていました。けっして磨き残しのばい菌のせいでおこった歯周病のせいではなく、歯茎が下がっています。特に歯磨きに神経質なぐらい頑張っている人に多い症例です。力まかせに歯茎を痛めつけているわけですが、まず鷲掴みで持たれている方です。ペングリップの利点の一つに、歯茎を傷めるような過剰な力が加わり難いということがあります。力を入れてゴシゴシやったほうがキレイになるようなイメージを持つ方が多いのですが、それはイメージだけで、実際にはばい菌除去にはたいして効果が無く、歯茎を痛めたり、歯の根元(頸)を磨耗させたりして、知覚過敏を起こします。頼りない印象を持たれるかもしれませんが、ペングリップでやさしく磨くほうが、実は効率がいいものです。