Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

フッ素のうがい薬

kume19

 前回はうがい薬の話でしたが、今回はフッ素のうがい薬です。フッ素というと少し嫌な思い出があります。10年程前になりますが、小さなお子さんをお持ちのお母さんの会でフッ素の話をした時に、フッ素反対派のお母さんから「私の知り合いでよく勉強されている歯科衛生士さんがフッ素の危険性を指摘されています。」と資料をくださいました。一通りその方のフッ素危険論をお聞きしたのですが、聞いたこともない分野の話ばかりだったので、その場では反論もせず意見も言わず、調べてから意見を言わせて頂くとしました。その方から頂いた資料には、英語のものがほとんどでしたが、メンドクサイなぁと思いながらも読みましたが、まったく筋道の通っていない文章でした。掲げてあった、さもアメリカの権威のありそうな資料にしても、聞いたことがないが名前から判断するとありそうな機関名。でも、そこで言われていることがアメリカ政府も認めているなら、FDA(米国食品医療品局)やADA(アメリカン デンタル アソシエーション)の内容と矛盾します。歯医者が使っているフッ素製剤は、FDAやADAでしっかりと調べて安全であると認められたものであるからです。今回も「フッ素」でGoogleで検索すると10年前と同じように、上位に同じような反対派の筋道のメチャメチャなサイトがあがっています。史上最悪の汚染物質とか、ナチスが始めた、国家の陰謀など。ナチスが始めたものが悪なら、ロケットも高速道路も悪になりそうです。こんな話の進め方ですから、読んでいると疲れてしまいます。残念なことにフッ素反対派の人達の考え方って、こんな文章のほうが納得がいって科学的、論理的な話は苦手のように感じます。ですから議論しても議論にすらならず、言いたい事を言い合うだけになるようです。そういった人は、最初から私の文章は肌が合わないから読んでいないと思いますが。
 私は薬にしても化学物質の害、最近話題になった放射線の害についても、一番信頼できるところはアメリカのFDAかWHOにおいています。それ以上にしっかりと安全性を検査しているところがないと思うからです。厚労省がOKでFDAがペケなら使いたくありません。逆に、FDAがOKで厚労省がペケなら、注意しながらの使用となります。ちょっと物知りそうな歯科衛生士さんの話を全面的に信じることはあり得ません。
 歯科医師免許の試験でもフッ素は有用なものとなっていますし、日本の社会保険、国民健康保険でもフッ素塗布の項目があります。日本以外の先進国では、たいていフッ素を水道水に入れています。ということで、私はフッ素賛成派です。でなければ、矛盾を抱えた歯医者となります。
 前置きが長くなりましたが、フッ素はエナメル質に取り込まれて、エナメル質の結晶構造がハイドロキシアパタイからトフルオロアパタイトにしてくれ、虫歯になりにくくしてくれます。ところが、この“取り込み”に差があります。萌出間際であれば取り込みが容易ですが、10年も20年も経ったエナメル質だとあまり取り込めません。6歳から永久歯が生えてきますが、そのときがチャンスです。この時期がエナメル質をかたくするチャンスなんです。手軽に子供の歯を強くする方法として、家でフッ素を取り込む方法がフッ素のうがい薬です。今まで患者さんにはOral BのFluocarilをお勧めしていましたが、どうも子供にしてみるとあまりいい味じゃないようです。私の娘は5歳半ですが6歳臼歯も生えてきたのでFluocarilを使っていましたが、どうも娘の反応はよくありませんでした。おいしくないんでしょうね。最近、妻がエンポリアムでフッ素のうがい薬を買ってきました。(写真)リンゴ味でかなり気に入ったようで積極的にやっています。やはり子供にはおいしい味覚にしていないと実行が難しいですね。おまけとしてキシリトールも含まれています。歯医者の私が「これは良さそう。」と思ったのですが、デンタルフェアでも出品されていませんでした。それに、名前と成分表示などは英語ですがほとんどタイ語表記なので、きっとOral Bのような世界的な会社のものではなく、タイローカルなのかもしれません。うちの歯医者たちも知らない商品で、歯科医院で販売するような製品ではなく、一般販売しか考えられていないのかもしれません。実際、スーパーの歯ブラシや歯磨き粉を見ても、デンタルフェアでみかけないもののほうが多いですし。これは日本でもアメリカでも事情は同じですね。
 前回、うがい薬はあまり効果は期待できませんとお書きしましたが、消毒や殺菌といった効果に関しては過度な期待はできませんが、フッ素に関してはきっちりと効果があるはずです。今回は、お子さんの歯を強くするいいものを見つけました、という情報でした。強いエナメル質を子供にプレゼントできたら、とても素晴らしいお子さんへのプレゼントですね。