Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

予約について

 日本の歯科治療は世界の中でも特異な存在です、と何度か書いています。映画などで歯科治療のシーンがあっても、日本のように1部屋に3台も4台も治療椅子があるなんて見たことがないはずです。そんな日本のシステムに慣れきっている日本人が、海外で日本と同じだろうと思ってやってしまうと悲喜劇があります。
 今回は予約時間に関してです。日本では1人の歯医者さんが1つの歯科医院を経営しているケースがほとんどです。患者さんが増えて歯医者をもう1人、2人雇ってということもありますが。それでも、経営者=院長先生はその医院に毎日朝から晩までいます。それに対して、日本以外では歯医者はいろんな医院で働いていることが“普通”です。たとえ、自分の医院を持っていても他で働いているケースがほとんどです。1日の中でも朝から12時まで、昼から4時まで、4時から閉院までと、1日が3分割されていて、朝はA歯科医院、昼はB歯科医院、夜はC歯科医院というように、1日に3つの医院で働いている人も多くいます。
 1週間でその医院に来るのは月水金の午前中だけとか、木曜の夜だけというように。そこに、専門性でやっている歯科医院の場合はもっとややこしくなります。歯を抜くような外科処置の先生は月曜だけ、根っこの先生は水曜と金曜だけ、クラウンのような人工物を作る先生は日曜とか。私は仕事の都合で日曜日しかダメです、という人にとっては、なんとも不便です。タイでは専門性でやっているところが多いので、週の1日しか歯科医院に行けないような人は、その曜日だけですべての治療が完結するかどうか、最初に聞いておかれるといいと思います。幸いタイは日本と違って、年中無休でやっているところがほとんどですから、日曜日しか時間をとれない人でも対応できるところがあります。日曜祭日も開いているというのは日本では考えられないぐらい良いところですが、専門性の医院の場合は、歯科医院を選ばなければならないということもあります。事前に知っていればなんでもないことなんですが。日本の歯科事情が世界のどこでも通用すると思っている人には困ったことでしょう。中には怒りを持って話される人もいました。ちなみに、アメリカでも同じです。日本のようなことはありません。マーケットが段違いに大きいせいか、根っこの治療しかしない歯科医院も普通に存在します。根っこの治療が終われば他所で後はやってくれと言われたりします。タイ相手だと「日本だと…」と言ってけなす人はいますが、アメリカ相手だと勢いがなくなるようです。依然、白人コンプレックスがあるのかもしれませんね。開院当初、遅れてくる人がほとんどでした。歯医者がいるのは1枠3時間、4時間なので1時間遅れて来られるとかなりの問題になります。一番遅い時間帯の患者さんだと、歯医者は待ちきれなくて次の歯科医院に行ってしまった後、ということもありました。「どうして待ってくれなかった?」と逆切れする人もいましたが、「日本の歯科医院のイメージで押し通そうとするのは無理がありますよ。」と説明するしかありませんでした。ここで「私は正義。日本の常識は世界の常識!」と譲らない人もいましたが、そのような人はその方の正義に合う、あるいは日本の常識で運営している歯科医院に行っていただくほうがいいと思います。たとえ、アメリカやタイになくても日本には最低あるわけですから。歯科医師の側の話をしますと、1枠3時間の中に1人しか患者さんが入っていなくとも、その人のために来ます。あたりまえですが。でも、患者さんのほうは簡単にキャンセルする人もいらっしゃいます。しかも、予約時間になってから電話される場合、歯医者はすでに1時間ぐらいかけてすでに来てしまっています。そこでキャンセルと言われると「何故、もう少し前に電話してきてくれなかったの?」となります。これが3回ぐらい続くと、さすがに私が見ていても歯医者さんに気の毒な気持ちになります。すべては日本の歯科事情が世界の中でも特異な状態だからきていることです。そして、その問題がほとんどの人に認識されていないことが問題です。海外では水は気をつけなさいと旅行ガイドブックには当たり前のようにあります。水道水が飲める、世界でも特異な国ですから。水の問題は日本人の常識になっていますが、歯科事情のほうが常識になるのはいつのことやら。このことを知って外国で暮らしているのと、知らずに暮らすのとでは大違いです。とくに、アメリカでやってしまうと恐ろしい事態もあり得ます。アメリカでは予約してあってキャンセルすれば、料金を請求されることがあります。タイでさえ怒り出す人がいるぐらいですから、アメリカでキャンセルして治療を受けていないのに料金を請求されたらどうなるか。しかも、アメリカの歯科治療の費用は、タイなんて吹っ飛ぶような高額です。
 世界でも有数の大会社に勤める方でしたが、予約を何度も変更されます。それも、当日の予約時間が過ぎてから。4回続けてとなったので、「○○○と言えば、世界中に会社がある大会社です。そこで働く方が予約をこうも簡単にキャンセルされるのが不思議です。しかも予約時間が過ぎてから。取引先とのアポはこんなに簡単にキャンセルされないと思うのですが。」と言ったことがあります。気を悪くしたのか、次から来なくなりましたが。取引先とのアポをキャンセルすることはあり得ないくらい、例外的なことであると思います。この人にとって、自分をこれから処置しようと待ってくれている歯医者を軽い存在に思っている、なんてことはなかったはずです。日本での悪習を世界の常識と思っていたから起こった悲劇だったはずです。