Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

日本人は歯の健康状態が急上昇中!

 NHKに“NHK生活情報ブログ”というものがあります。今年の6月6日に「歯の“8020運動”達成率が大幅上昇」とありました。「8020運動」ってご存知でした?80歳で20本の歯を残そうという厚労省が音頭を取った運動です。80歳というのは日本国民の平均寿命、20本というのは、20本あれば入れ歯なしで食事が可能という数字です。つまり、入れ歯なしで一生を過ごそうという運動です。
 2011年度で80歳の人の38.3%が達成されたということです。80歳の人の10人に4人は入れ歯が必要ないということです。その前の調査は6年前だったそうで、24.1%だったそうですから、たしかに大幅な改善です。また、虫歯や歯周病で失われた歯の数は、平均で40歳代後半で1.5本(前回2.3本)、50歳代後半で4.1本(前回5.0本)、60歳代後半で7.2本(前回10.1本)で、いずれも前回より少なくなっていたそうです。
 これにインプラントという処置が一般化してきたことを思うと、近い将来入れ歯という治療があまり必要なくなるのかもしれません。
 さらに一つ前の4月4日のブログ「口の中の健康目標、大幅に引き上げ」では「8020運動」の達成率を50%にしたそうです。40歳で自分の歯を1本も失っていない人の割合(現在の水準は「54%」)を「75%」とする目標を新設する方針だそうです。30年前の状況から考えると夢のような現実です。またここでは、歯周病と糖尿病や心筋梗塞との関連についてもはっきり言及していました。これも30年前だったら「歯周病から糖尿病ってどうも関係がありそうだけど…」といったお医者様の噂話程度だったころからすると大きな進歩です。
 続けて、厚生労働省がまとめた日本人の平均歯数によると、男性も女性も40歳ごろから歯を失い始め、3本程度喪失したあたりから、一気にペースを上げ、2年に1本以上のスピードで歯を失なうともコメントされていました。失い始めるとドミノ倒しのイメージでいいと思います。実は歯を失う前からレントゲンで歯を支える骨の状態を見ていれば、これは予見できることです。私もレントゲンで歯を支える骨が失われ、近いうちに歯を失う危険がありそうだと思えば、患者さんにその話をするのですが、どうも手応えは良くありません。私の説明が悪いのか、もっと脅かさなければいけないのか、歯を失ってからでないと言われていたことが実感できないのか。しかし、全体として歯を失わない傾向にあるとのことですから、歯医者の言うことをしっかりと受け止めてくれる人の割合が増えてきているはずです。次に、この事実を日本文化の面から考えます。私は日本が欧米に比べて歯に対しての意識があまりにも低いことを嘆いていました。しかし、NHKのブログの数字から日本文化の中での歯の意識が急速に上がってきていることが明白です。健康に関する知識もこの10年で爆発的に増えたと思います。インターネットの存在が大きいですね。たとえば私が子供の頃、口にするものに関する知識は栄養素ぐらいのものでした。その後、いやいや栄養素は含まれていないけれど繊維(ファイバー)は大切だとか、抗酸化作用のあるものが重要ではないか、腸内細菌って重要だ!などたくさんの知識があふれるほど出てきました。そして歯、口の役割も、ただ食物を細かく噛み砕くという役割しか考えられていなかったのが、口は体の入口でこれから体内に入ろうとするものの情報をとったり、免疫の最初の段階の役割を担っているんではないかと言われるようになりました。噛むという行為とボケが関係するということも言われ始めました。どれだけのことが日本文化で常識になっているかはわかりませんが、10年前の日本人と今の日本人では、こういった歯、口の健康に関しての文化度が急速に上昇中なんだと思います。またそうであってもらいたいと思っています。
 親知らずが斜めに生えていて半分埋もれているという状態はけっこうあります。どうしても清掃不良のため歯茎を腫らしたり、手前の歯を虫歯にしてしまいがちです。手前の歯は痛みを感じてからだと最悪抜歯もあり得ます。妊娠中に親知らずのトラブルをおこせば悲惨です。レントゲンもためらわれますし、抗生物質もちょっとどうかなとなります。でも対処しなければ食事もできないなど。こういった親知らずの問題ですら、日本文化では常識にはなっていないと思います。それどころか、親知らずって何歳で生えるのかも常識になっていないと思います。こういったこともこれから急速に進化してくるはずです。そうであって欲しいのですが。失われた10年、20年という言葉のとおり、日本には明るい話があまりありませんでしたが、NHKのブログを読ませていただいて、日本に明るい光を見た気がします。