Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

アソアライナー

kume25

 以前、「歯科の世界の国際化」と題して中国製の技工物が増えているらしいが、中国製の技工物は心配ですか、といったことや日本で歯科技工所が経営難になっているのではないかと書きました。「日本の技工所はコストカットに関してはおそらく世界一のノウハウを持っているはずなので、日本に流れてくるほうを心配するより外国に輸出する可能性はどうでしょうか?私でよければお手伝いしますよ」って書いちゃいました。すると、2件の日本の技工所から連絡がありました。どちらも既にタイで会社登記を済ませているということです。私に連絡があったのが2件ですから、タイに進出している技工所はもっとあるのかもしれません。けっこう国際化していたのですね。
 そのうちの1件の技工所の得意の技工物が「アソアライナー」です。これは矯正の装置です。矯正というと歯に「ブラケット」というものを装着して、そこにワイヤーをとおしたものをイメージされると思います。口を開けると矯正装置が見えるから嫌で矯正治療をためらっている人もいらっしゃると思いますが、アソアライナーの場合、透明で薄いプラスティックでできた歯のカバーをイメージしていただければいいと思います。見た目はそれほど違和感はないはずです。装着感はありますが、ブラケットやワイヤーほどうっとうしいものではないはずです。アソアライナーは取り外しができるので、食事のときは外して食べられるのでこの点はとても優れています。メリットがいろいろある優れものですが、実は10年ほど前に「インビザライン」というものがタイでも始まり、他紙で紹介しました。利点・欠点などはほとんど同じで、インビザラインの改良版と考えてもらっていいと思います。どこが良くなったかと言うと、インビザラインは初診時に型取りしたら、その後の変化も予想してかなり先のものまで装置を作ってしまいます。ついつい面倒で装置の装着をおろそかにしてしまえば、そこから後の分は合わなくなって初期の目的を果たせなくなります。そうなってから歯科医院に行ってもどうすることもできません。アソアライナーの場合は1ヶ月ごとに型取りするので、想定外のことがあってもその時点からまた始めるということになり、“ムダ”になる心配がありません。また、インビザラインの1回分を3セットで行います。ソフト、ミディアム、ハードと3種の硬さの材質です。最初柔らかいもので行いますから、装着時の痛みはそれほどでもないようです。インビザラインの場合はけっこう痛いようです。歯科治療というと痛みを心配する人はかなりいますが、矯正というとあまり痛みの心配をする人はいないようです。麻酔という手順がありますから歯科治療中は痛みはないはずです。しかし矯正の場合は歯が動くわけですから痛くてあたりまえです。
 もう一つのいいところですが、それは「安い」ことです。インビザラインは20万バーツ程度だと思うのですが、半分以下で済むのではないでしょうか。日本では50万円程度なので、この点もうれしいところです。まだタイで始まっていないので料金のことを言うのは時期尚早なのですが、技工料金から大体の線を想定しました。いろいろとメリットのあるアソアライナーですが、万能というわけにはいきません。指しゃぶりなどが原因の開咬(奥歯が噛んでいるのに前歯が空いて開いている状態)や受け口のように骨格に問題のあるものは適応外です。歯科の世界ではプチ矯正程度とか言われます。しかし、日本人に多い前歯の乱杭歯には効果的ですから適応になる人も多いと思います。今まで「歯並びが悪いのは気になるけれど、ブラケットやワイヤーを長期間するのはちょっと…」とか費用のことでためらっていた人にはいいでしょう。また、長期間かかる症例も適応外になるので時間的にも1年以内で終わることがほとんどのはずです。矯正治療のハードルがかなり低くなりますね。なんといっても、インビザラインを検討している方であれば、絶対にアソアライナーを検討することをお勧めします。技工所のほうからの依頼もあって、これからセミナーやデンタルフェアでタイにアソアライナーを紹介していきますので。