歴代 TOP紙面

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

愛のバンラック区役所

027

今年もやります大盤振る舞い コンドミニアムが9バーツ!

 今月14日はバレンタイン・デー。タイはチョコレートではなく、愛の象徴とされる「赤いバラ」を贈るのが主流で、この日は花の値段が急上昇します。女性が勇気を出して想いを告げるのが日本のバレンタイン・デーの習慣ですが、タイでは主に男性から女性に贈り物をします。普段から女性に対してはマメなタイ人男性の本領発揮というところでしょうか。
 また、バレンタインの贈り物は特にバラの花でなければならないというわけでもなく、置き時計や写真立て、カップ、タオルがプレゼントの定番となっているようで、女性から贈り物をする場合は、あくまでもカップルの場合のみ。コンビニで買ってきた「義理チョコ」を上司の机に置くような無駄なことはしません。つまり、タイ人女性にとって、バレンタイン・デーは贈り物を貰うだけ。義理チョコの準備も不要で、お返しは気分次第という都合の良い記念日なのです。
 バレンタインの当日、花屋さん以上に最も大混雑となる場所があります。スリウォン大通りからナレット通りに入り、シープラヤ大通りの手前右にある『バンラック区役所』。バン=DISTRICT(地区)、ラック=LOVE(愛)。直訳すれば「愛の地区」となりますが、この名称に惹かれて多くのタイ人が結婚届を持ってくるようになり、特にバレンタイン・デーには毎年1500組以上ものカップルが早朝から順番待ちで並び、普段は閑静な場所が熱気に包まれて周辺の道路は朝から大渋滞。この方面へはタクシーも渋い顔で乗車拒否となるようです。
 その理由は、バンラック区役所が13年前から始めた、バレンタイン・デーの大盤振る舞いにあります。婚姻届で来所したカップルに豪華記念品を贈呈するばかりか、100万バーツ分の生命保険の贈呈から始まって、あろうことかタウンハウス一棟まるごと進呈!昨年は新郎新婦の美男美女コンテストを行い、優勝者に新築コンドミニアム進呈!にまでエスカレートしました。
 徹夜組を含めて朝の4時からカップルが大挙して押し寄せる熱狂ぶりは、先着順で結婚式場や婚礼衣装の無料サービスと金の婚姻届進呈。さらに参加賞として景品が全員に配られるということで、「行かなければ!」と大混乱となったわけです。
 今年は先着9組に、豪華衣装を着たタイ伝統の結婚式をサービス。朝8時から午後3時までの間に1時間ごと行われる抽選会では、純金の結婚証明書を9組に贈呈し、一等賞のカップルには、ムアントンタニに新築されたコンドミニアムをたったの9バーツでお譲りします。タダではなく、タイのラッキーナンバーから『9バーツ』というところがいいですね。でも、タダ同然。
 恒例行事となって引っ込みがつかなくなったバンラック区役所は今年も健在!日本人や欧米人がタイ人の婚約者と参加するケースも多くなったそうです。今年の受付は2月10日まで。婚姻届の書類完備のうえ、ご来所して下さい。 余談ですが、チャオプラヤ対岸の「バンプラット区役所」に来所したカップルに、職員が「本当にここで提出していいの?」と念を押すほどの寂れっぷりが対照的だそうです。
 ※『バンプラット』の直訳は …「別れの地区」 (写成麗)