Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

歯ぎしり

 NHKの2012年11月14日放送「寝ても疲れがとれない 発覚!悪魔の歯ぎしり」で、寝ている間の“歯ぎしり”や“くいしばり”の問題が取り上げられていました。実は私は子供の頃からヒドイ歯ぎしり持ちでした。同室で寝た人全員から歯ぎしりのクレームを受けました。そんなクレームを受けてもこっちは意識のない時のことだから謝罪の仕方がよくわかりませんでした。そして娘が2歳の乳歯列完成の頃から歯ぎしりを始めました。似なくてもいいようなところも似てしまうものなんでしょうか。番組では良い歯ぎしりと悪い歯ぎしりがあると紹介していました。良い歯ぎしりとは歯ぎしりのおかげで唾液がたくさん出てくれるので逆流性食道炎を防いでくれているのだそうです。逆流性食道炎の患者さんは1200万人!(本当かな?)番組では言われていなかったようですが、唾液の効能は逆流性の酸性度を中和するだけでなくもっとたくさんあるはずです。唾液は免疫機能の第一段階みたいなところもありますし、歯周病予防には絶大な効果があるはずです。ドライマウスなんてここ最近問題になり始めた疾患には直接的な効果があるはずです。そして悪い歯ぎしりのほうですが、「口破壊」と呼んで「歯の磨耗・破損」を引き起こします。 その結果、二次的に「知覚過敏」「歯周病」「虫歯」なども起こしますとのことでした。二次的なこともあるのでしょうが、歯科医師からすると問題は圧倒的歯の破損です。さすがに天然の歯の方が破壊された例は多くありませんが、それでも私は4例見ています。起きている時に歯が折れるほどの噛む力は出せたものではありません。まず寝ている時の食いしばりです。そして折れるような歯はまず神経の無い歯。神経の無い歯なんて表現をしていますが、正確には歯髄の無い歯です。エナメル質象牙質に血液が供給されなくなって死んでしまった細胞になり本来の強さを失った歯です。生きている歯であれば滅多な事で折れるものではありません。それでも4例の患者さんを見ています。また番組では全身破壊歯ぎしりとして歯を噛みしめる事で全身の筋肉が疲労し、「頭痛」「肩こり」「腰痛」「ひざ痛」等がでたり、筋肉により神経が圧迫され「めまい」「耳鳴り」「視力低下」等が起こるとのことです。実際、このような症状で困っている人も少なからずいらっしゃるはずです。問題はこのような症状があってもご本人が歯ぎしりが原因で起こっていると認識されていないことが多い事です。タイマッサージに通ったり整形外科で理学療法を受けたりとしているが治らない。受けた直後は軽くなった感じでいいけれど、数日で元の状態といったように、タイマッサージにしても整形外科の方でも歯ぎしりを問題にするところは残念ながら多くないようです。稀と言っていいほどです。かくして患者さんは悩みを抱えたままとなります。
 そしてこの治療法ですがナイトガード、マウスピースや歯科矯正が紹介されていました。矯正で噛み合わせの問題を修正するというのは理論的には可能ですがあまり現実的ではないと思います。というのは矯正の先生は噛み合わせのことにはそれほど関心が無いからです。関心が無いと言うと矯正の先生に失礼ですね。噛み合わせの問題というのはまだ教科書に載せられるほどしっかりとした理論がまだできていないので、担当の専門医の先生も試行錯誤の状態ですから。検査項目ですら統一されていないほどです。○●理論といったものは星の数ほどありますが、逆に言うとそれぞれが部分的にしか正しくないということです。ですから噛み合わせが本来の担当でない矯正の先生に求めるのは無理があると思います。
 ナイトガードのようなものはまず歯ぎしりの問題の“やかましい”という点では絶対の効果があります。そして歯にかぶせた物、クラウンやインレーが壊れるのを確実に防いでくれます。話は横道にそれて、うちで働く歯科医師が「日本人は何食べているんだ?オールセラミックはタイ人にも入れているが、過去に壊れたなんて例外的に1例あるだけだけれど、日本人の場合かなりある。」と言うのです。オールセラミックですが、ジルコニアといってダイアモンドと結晶構造を比較されるほどに硬いとされていますが、そんなことお構いなしに壊れてきます。このセラミックですが、金槌で叩いたぐらいで壊れるものではありません。10年以上前に入れたという金属(日本の保険の金属)でさえ折れていたのにはさすがに驚きました。噛む力、特に寝ている時の噛む力はそれだけ強いという事でしょう。もう一つのいいところは下顎の位置を安静な位置に置くことです。顎の筋肉の一番リラックスした下顎位置というのは上の歯と下の歯が1mmぐらい開いている位置です。このとき顎関節も上顎と下顎の間にある関節軟骨がストレスを受けない良い位置にきます。下顎が筋肉のリラックスする位置にあると、その近くの肩の筋肉などもリラックスできる状態になる可能性が高いです。ナイトガードを作るのに歯は削りませんし、ただ歯型を採るだけです。料金もそう高いものではありません。それでいてクラウンの保護、歯ぎしりの迷惑な音、全身の倦怠感、肩こりなどまで改善されるかもしれません。
 気になる方は気軽に歯科医院に相談されるといいと思います。ちなみに日本の社会保険や国民健康保険の対象になっているものです。