Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ピアスがあるからレントゲンが撮れない

 必要があって大判のレントゲンを大病院に撮りに行っていただいたのですが、病院の方から電話があり「ピアスがあるからレントゲンが撮れない。」と言われました。それなら外せばいいじゃないと思ったのですが、聞いてみるとかなり太いステンレス製の取り外しできないタイプのピアスで、しかも頑丈なもので簡単には切れないものだということです。たしかに金属はレントゲンを撮るときに外してくださいということになっていますが、場合によっては簡単に外せないときもあります。このときは変な写りになっても構わないから撮ってくれとお願いしてなんとかしましたが、最近ネットで読んだことを思い出しました。それは「インプラントは頭部MRIに影響いたしません」という話です。このままの題名で検索していただけると簡単に元のサイトに行けると思います。なんでも、「口腔インプラントを入れている方は撮影できない」とされている病院が日本にあるということです。そして、これはおかしいと思い、その病院に電話をしてみると、放射線技師さんが出てきて言いました。「そのような事がインターネットに書いてあったので、とりあえずインプラントは除外したんだけど、いや、別におたくさんが許可してくれれば撮影してあげてもいいんだけどね」と、なんだコイツは!と怒りたくなるような応対ではありませんか。というオチがつく話だったわけですが。
 レントゲンにしろCTスキャンにしろMRIにしろ金属は邪魔者です。20年程前にインプラントの診断にCTスキャナーを使うという手法が出てきた頃です。病院で撮ったデータをCDに焼いて歯科医院の確かNECのPC98で操作していました。好きなところで切って断面が見られる。どんな角度で切ってもよし。おまけに骨密度もある程度推測できる。と少なからず興奮した覚えがあります。そのときに金属のクラウンやインレーという修復物がけっこうなノイズを出しているわけです。場所が悪ければ診断に影響するなぁと少し心配した覚えがあります。
じゃあ運悪く診断に影響したとすればクラウンやインレーを外さなければならないかですが、撮影時に少し頭の位置を変えればうまくいくかもしれません。
このあたりの判断は担当の科のお医者さんと歯科医師で相談しあって結論を出してもらうのがいいでしょう。と言ってはみたもののこんな相談を病院から受けたことがありません。上記のサイトのようなことが現実なのかもしれません。上記のサイトの先生はまだしっかりした先生なので病院側を説得できたようですが、説得できない場合もあるかもしれません。そんなときの患者さんは困るでしょうね。もしかしたらCTやMRIの必要性からせっかく入れたインプラントを除去してしまった人もいらっしゃるかもしれません。年々CTやMRIがより一般的で気軽に撮影されるようになれば、不幸なケースもより起こりえる可能性ありです。こういった不幸を避けるためには、例えば「インプラントを除去しなければMRIが撮れないので外してきなさい。」と言われれば、せめて他の病院でセカンドオピニオンを求めるか、インプラントを行った歯科医師と相談するといったことをしたほうが良さそうです。慌てて除去してしまっては後で「もったいなかったかも」という思いをしてしまうかもしれません。
 さてインプラントがあればMRIが撮れないか?の結論ですが、上記サイトの先生は問題なしとされています。他のサイトを見ても問題なしとされているところのほうが多いようです。しかしどんなケースでも問題なしは言い過ぎです。20年前の例でもあきらかなように金属やマグネットはノイズ要因です。ただCTやMRIも数十年の歴史が既にあり、このあたりの問題もかなり改善されているとも書いてありましたから、ほとんどのケースで除去しなくても大丈夫だろうとは思いますが。
 インプラントのような治療上のものではなくピアスのようなものは従来の基準に従うべきです。最近、若い患者さんに舌にピアス(?)をつけているような方もいらっしゃいます。別に歯科治療上で困ったこともないのであまり考えたことはなかったのですが、取り外しが簡単でないものを人体に埋め込むときはこういった医療のことも考えて行うことをお勧めします。
単にかっこいいからという理由だけでやらず、かっこいいけれど、万一の場合困ることがあるかもしれないということも覚悟して。