Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ステイン

kume31

 今回は「ステイン」の話題です。ステインというのは歯科用語ですね。お茶やコーヒーに含まれる色素やタバコのヤニが歯に蓄積して見苦しい汚れとなっているものを指します。この話題を取り上げる気になったのは、最近、立て続けにステインを気にする患者さんが来院されたからです。お一人はステインで見た目が悪いとブリーチング(ホワイトニング)を要求されました。他の方は「毎日、歯磨きしているんですけどねぇー」と困り顔でした。実はステインというのはバイ菌は関係ありませんから、いくらステインが着いて見た目が悪くとも虫歯になったり歯周病になったりという事はありません。ですからほとんどの歯医者さんがステイン対策は本業の中心とは思っていません。患者さんは勿論ですが、歯医者さんの方でも知識情報が錯乱状態にあるように思えます。このテーマを書くにあたりGoogleで“ステイン 除去”で調べてみたのですが、トップに「ステインは歯磨きでは落ちない」なんてありました。いやはや歯医者の言葉かと呆れました。Google検索のトップに行く為にSEO対策やGoogleにそれなりのお金を払っているので「もっと患者さんが欲しい。儲けたい。」って事でしょうけれど。もしまともな歯科知識をお持ちであればこんな事は言いません。知識があってこんな事を言うなら、人を脅かす様な事を言ってでも患者さんが来てくれれば。とやっているのかもしれません。どちらにしてもこの先生はあまりお友達になりたいと思える人ではありません。
 その後に続くサイトでは患者さんからの質問に歯科医師達が答えるというQ&A式のものが目立ちました。ここでの歯医者さん達の答えに「おいおい、それはないだろう。」とツッコミを入れたくなるものがたくさんありました。もうこうなると日本語で検索したものを英語で検索し直して、確認しないとならなくなります。“ステイン”や“ステイン 除去”等で調べたサイトで感じたのは、「酷い!」「品性がない」でした。ネットでの体験で、日本の状況にについて吠えてしまいましたが、こんな事はさておき、ステインでお困りの方は「どうやったらキレイになるの?それを教えろ」ですね。毎日歯ブラシやっても取れないと困っているのですから、さぞ特殊な方法と思われるかもしれません。でも、それほど難しい事ではありません。試しにガーゼに歯磨き粉をつけてこすってみてください。これだけでも取れるかもしれません。でも歯と歯の間の様にガーゼでこすりにくい箇所は取れないかもしれませんが。しかし、これだけでもかなり“まし”になったはずです。ステインを取ろうとブリーチングを求めてきた方に、「ブリーチングなんて必要ありませんよ」と言って、歯医者の道具のラバーカップに磨き砂をつけて数分で満足頂けるところまでになりました。こうなると患者さんは「その歯医者の道具が欲しい」となるでしょう。時々、一般の方向けに売られている商品を見た事がありますが、試しに買ってみて使ってみると、とても使えた物じゃありませんでした。あまりにもチャチで。でも良いものもあります。ブラウンの電動歯ブラシに付ける替えブラシに、このステイン除去の効果があります。写真を付けていますので参考にされてください。このブラシの真ん中にある黄色の部分がまさに歯医者が使っているラバーカップそのものです。私はブラウンからアンケートという事で過去に3本ほど無料で電動歯ブラシを頂いてはいますが、ブラウンの営業マンではありません。25年程使い続けていいと実感しているのでお勧めしています。この電動歯ブラシを患者さんにお勧めするにあたり自分をモルモットにして他の歯ブラシ、フロスなどの補助道具も使わず、歯磨き粉も使わず人体実験しています。歯磨き粉なんて虫歯予防、歯周病予防に大した効果は無いはずなんですが、使わないとさすがにステインは着きます。歯医者の私がステインを着けている事があるのはこのせいです。私は歯医者なので気になれば歯科道具で簡単に取れますが、歯磨き粉をつければ簡単に取れてしまいます。その時使うのがブラウンのラバーカップ付き替え歯ブラシです。ネットでのQ&Aですが、塩を噴射するステイン除去は歯を傷つけるから良くないといった意見もあります。ですが、こんな意見は気にしなくてけっこうです。歯医者での歯の掃除で超音波を使いますが問題ありません。歯ブラシでも傷が付きます。よっぽど誤ったやり方でない限り問題ありませんから。傷ついた所は修復されます。エナメル質の表面にはペリクルという膜があってこれが傷ついたところの再石灰可を助けてくれます。もちろん再石灰可が追いつかないほど傷つければ問題にはなりますが。Q&Aで言われている様な心配は無用です。
 そういえば、以前、タイで開業したいという歯医者さんと話していて歯科治療の事で変な事ばかり言うので「それじゃバイオフィルムは歯磨きじゃ取れないとおっしゃるんですか?」と聞くと、「はい、取れません。PMTCでないとダメです。」と答えられました。歯医者でバイオフィルムといえば歯垢のことです。歯垢が歯磨きで取れないとするなら、じゃあ歯磨きは何の為?となるのですが。この先生は硬い歯ブラシで力入れてゴシゴシ磨いた方がいいとも言われました。きっと働いている歯科衛生士さんから呆れられていると思うのですが。ステインは歯磨きで取れませんと言う歯医者さんももしかしたらこの先生と同じで、本気でそう思っているのかもしれませんね。ちなみに私は20年以上歯医者さんでPMTCはおろか歯の掃除をしてもらっていません。彼らが正しいのであれば、私の歯はステインだらけでバイオフィルム(歯垢)だらけということになります。あ~、また最後に吠えてしまった。

 *PMTC Pはプロである歯医者さんが、Mは歯医者さんの機械、道具で、Tは歯を、Cはクリーニングするいう意味です。