Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

医学知識がないと医者に行った時に困る?

 先々月あたりからメールでの問い合わせが多くなりました。他院で掛かっておられる患者さんから頂いたメールの中で「私の医学知識ではなかなか日本語の様に上手く説明ができません」というものがありました。メールに限らず患者さんとお話をしていても、ご自分が医学知識のない事を卑下される方がけっこういらっしゃいます。聞いていてとても違和感のある言葉です。医者に掛かるのに医学知識や専門用語が必要でしょうか?車や家電製品を修理に出す時に専門知識がないと出せないでしょうか?修理を受け付ける所もお医者さんも、専門知識の有無を問題にする事はないはずです。その代わり、問題の要点がはっきり分かる様に言ってもらいたいと思うとは思いますが。個人的な事では、最近電動歯ブラシを修理に出しました。充電しても一回しか使えないので、バッテリーが寿命かなと思って出しました。このとき明確に「十分な時間充電したにもかかわらず使用出来る時間が一回分だけ」と言えば修理する方も問題点がはっきりして修理しやすいですね。ちなみに私は三年以上経っているのでバッテリーの寿命だと思っていたのですが、意外にも充電器の故障だったそうです。この時バッテリーの構造や、充電の仕組みの知識が必要なんて事はないはずです。そんな知識を要求されるメーカーは“非常識”とされるはずです。
 歯科でも同じ事が言えるはずです。患者さんに医学知識がないのは当たり前です。だから歯医者に来るわけです。知識があるなら自分で対処するかもしれません。私自身の経験では歯を抜く等、自分ではできない事は友人の歯科医師にお願いしましたが、抗生物質で対処できる場合等は自分で処置してしまいました。ちなみに上顎洞炎といって奥歯がおかしな痛み、それもけっこうヒドイ痛みがあった状態でした。歯医者に行っても同じ処置を受けるだけですから必要無しですね。
 医学知識がないと医者に掛かれないとなれば赤ちゃんや子供はどうなるんでしょうね。赤ちゃんや子供で困るのは、症状などを患者さんから聞けない事です。痛みがあるのかどうか?温度で痛みがあるのか?そういった刺激なしに痛みがあるのか?あるいはどこか腫れているのか?「仕方がないので体温計で体温を計ったり、レントゲンなどの検査結果で判断しなければならないから難しい」とお医者さんは嘆かれます。小児歯科の先生も同じ様に嘆かれています。でもその嘆きは患者さんが医学知識がないから困っているのでは決してありません。聞きたい事が聞けないから困っているだけです。メールを頂いた患者さんは“根分岐部の病変”と正に医学用語を使っておられました。こちらの大きな病院の歯科に掛かられて、通訳の人がこんな医学用語を使ったんでしょうね。英語に自信がおありの様で、この方は「ここの通訳はダメだから」と歯医者さんと直接英語で話したそうですが、やはりよく分からなかったという事でした。そして痛みも消えていないのに更に六ヶ月待てとも言われたそうです。痛みのある状態で六ヶ月待てと言われれば、やはり「どうして?」とか「その間、大丈夫?」と思っちゃいます。歯医者さんの言う事が分からなかった理由の一つは、歯医者さんが専門用語を使って話したせいです。これについては100%その歯医者さんに問題ありです。歯医者同士で話しをする時は専門用語で話した方が正確で分かりやすいのですが、つい患者さんにも専門用語を使っている歯医者さんを見かけます。残念ながら日本でもかなりいます。自分が分かっているだけで患者さんは理解できていない。日本の保険制度で患者さんへの説明に何の報酬もありません。「インフォームドコンセンサスが重要」と口では言っても口だけです。保険制度には反映されていません。本当のところ、本気で重要とは思われていないという事だと思います。そのせいか患者さんへの話の仕方を説いた本や講習会、大学での授業科目も見た事がありません。お医者さんが患者さんに医学用語を使うのであれば、医学用語をキチンと説明してから使うべきです。もし本や講習会、授業があれば必ず抑えられるはずの重要項目でしょう。もし医学用語を使われてよく分からなければ、医学用語を説明してもらうべきです。医学知識が患者さんにあることを前提にしている所なんてありませんから。ただ、医学知識は必要ありませんが、常識はあっていただきたいですね。それと医者が質問した事にはキチンと答えて頂きたいと思います。痛みが右か左か、上か下か、あるいは痛みの部位もはっきりしないのか位は。こんな事を書くと「まさか」と思われるかもしれませんが、はっきり答えられない患者さんはけっこういらっしゃいます。赤ちゃんを診療する時に、本人に直接問診できないと嘆く小児科の先生の様に困ります。それが赤ちゃんが相手ではなく大人で。
 結論です。患者さんに医学知識がないのは当たり前ですし、医学知識がない事を前提にしています。あればありがたいだけです。医学知識のない事を卑下する必要もありません。