Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

ブリーチングは他の治療に先立って

 金属の修復物が”普通”、”当たり前”の日本ですが、日本以外では歯の色の修復物が”普通”です。
歯の色と言っても各人各様ですし、場所によってもまちまちです。
通常、隣の歯に合わせて色を決めます。先日もクラウンの型取りをした後に色合わせをしましたが、次回の予約を決めようという時に患者さんから「ブリーチングもしたいのですが。」と言われました。すると歯医者は慌てることになります。というのも隣の歯の色に合わせて作っても、その隣の歯がブリーチングで白くなるとクラウンと色が合わなくなるからです。ご自分の天然歯はブリーチングで白くなりますが、セラミック、ポーセレンといった素材は色が変わりません。ブリーチングされないという事です。
ブリーチングの様な強力な酸化還元作用をもってしても色が変わらない位に色の安定性のある素材という事なので、それはそれで優秀な素材と言えるのですが。となるとクラウンの色決めをする前にブリーチングをしておかなければならないという事です。すでにセットした後であれば作り直さなければなりません。患者さんにとっても歯医者さんにとっても被害甚大になる可能性ありです。
こういった事はクラウンだけでなく小さな虫歯を削って埋めるという充填という処置でも同じです。充填物の色も元の歯に合わせて埋めるのですが、元の歯の色が変わってしまってはおかしな処置となってしまいます。
 他にも矯正治療でも問題になります。以前ご紹介したアソアライナーの場合、歯形に合わせたトレーを使うのですが、ホームブリーチングの様に同じくトレーを使う場合もバッティングします。こちらの場合は修復物の場合と違ってやり直しという事にはなりませんが、矯正を行う前に治療の流れをご理解いただいておかないと「そんなはずではなかったのに。」となりかねません。
 なぜかここ最近、このブリーチングの事を治療がある程度進んでから言われて慌ててしまうケースが立て続けに起こりました。
日本では保険治療が主で、その保険治療では歯の色の事を言及するのはあたかも贅沢な事の様に扱われているかの様です。
実際、色を合わせるも何も、金属で修復する事が”普通”に行われていますし。となると患者さんも歯医者さんも、色の事を話題にする事もありません。誰でも知っているであろう事を”常識”とするなら日本文化における歯の色についての”常識”は低くて当たり前なのかもしれません。
 アメリカでは歯の色が白くない人に対して、「どうしてブリーチングをしないのですか?」と日本では失礼と思われるような事が平気で言われると聞いています。
歯の色の事だけでなく、歯の健康の事に対しても段違いな程に歯科に対しての意識が日本より高い所なので、ブリーチングは他の治療の前に行わなければならない事が多いというのも”常識”なのかもしれませんが。日本人ではなかなかそこまでの人の方が少ないと思います。知ってしまえば極当然の事ではあるんですけれど。
 ブリーチング直後の歯ですが、色素などを吸収しやすい状態にあるようです。ですからブリーチング直後は色の変化が多少なりともあります。特に急激に白くするオフィスブリーチングほど顕著です。なかでも私の大嫌いなレーザーブリーチング(今では消滅しかかっていますが)だと、ブリーチング直後には透明感のないチョークみたいな白さになっているものが、数日である程度自然感を取り戻して落ち着いた色調になるなど。ですから数日経過してから色合わせをした方がいいと思っています。どれくらい置いた方がいいかは担当の歯医者さんと相談されてください。