Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

文化程度と歯の健康度

 歯科専門雑誌『アポロニア21』編集長による、コラムというサイトがあります。この編集長さんはとても世界各国の歯科事情にも通じておられる方とお見受けします。“Vol.35 アメリカのドラッグストアでは”では、アメリカでは非常に歯科治療費が高く労働者階級にとっては気軽に受けられるものではなく、むしろ贅沢な事とみなされていると紹介されています。歯科治療を受けられないからドラッグハウスで簡易な歯科治療キットを買ってきて、自分で虫歯でできた穴を塞いだり、表面麻酔だけで歯を抜いたりしているとの事です。医療費が高いにもかかわらず民間保険で歯科をカバーするものは少ないとの事です。日本人から見ると情けない国情にも思えますが、では日本が優れているから日本を見習いなさいという事にもならないようです。この編集長さんは日本では、“歯科医師数が過剰であるとされ、どこの歯科医院にも掛かる事ができますし、治療費の単価も保険診療であれば先進諸国の中で非常に安く提供されています。日本の患者さんは、大変恵まれているという事になりますが、実際にはどうでしょうか。歯科に定期的に通って歯と口の健康を守るという習慣が付いておらず、「日本人は歯が悪い」というのが国際的な通り相場となっています。これは、制度の問題ではなく、医療消費者である国民の意識の問題ではないかと考えられます。安価で簡単に治療が受けられるため、逆に予防を軽視するような意識構造になっているとすれば、日本の医療制度は、こと歯科に関して言えば、必ずしも国民の利益に叶っていないところもあるのではないでしょうか。”と結論づけておられました。日本人の歯の健康に対しての意識は世界最低と過去に嘆いた事がありますが、この編集長さんはその原因が保険制度のせいと言うよりも医療消費者ある国民の意識の問題ではないかと指摘されています。私も同じ様に感じていますが、日本文化の問題ではないかと思い始めています。最近は健康や病気を題材にしたテレビ番組が人気の様ですが、意識を健康の方に持っていくのはいいでしょうし、「こんな病気があるんだ。」とか「心筋梗塞の特徴はこれだ。」のように知識を紹介してくれてもいるのでいい番組だとは思うのですが、個別の小さな知識の紹介だけにとどまっているように思えます。医療を受けるにあたり「問診から始まる検査で診断結果が出て治療方法が決まる。」の様な分かっている人にはごく当たり前のことが日本文化では”常識”になっていない様に思います。また患者さんと話していて思わされるのは、多くの人があまりにも”痛み”という事にこだわりすぎているという事です。まるで”痛み”があれば“異常”な事態で”痛み”がなければ”正常”であるという認識。体の問題がすべて”痛み”という症状に反映される訳でもないでしょうに、この事ですら説明するのに骨の折れる事が少なくありません。また激しい痛みであれば問題が大きく、痛みが小さければ、あるいはなければ問題が小さいと思われている様に思える方も少なくありません。誰が“痛み”を健康度のリトマス試験紙であるような文化を作ったのか?こんな文化であることに恥じらいを感じませんか?編集長さんが言われる「日本人は歯が悪い」というのが国際的な通り相場となっている。”の原因はここだと思います。
 歯医者になった頃、トロピカル嗜好があり沖縄で働いたことがあります。当初、お会いする沖縄の人が私が本土から来たとわかると「沖縄いいところでしょう。」って多くの方から言われました。トロピカル嗜好があって好きで来ているんだから、沖縄=いいところであって欲しいとは願っていましたが、まだいいかどうか知りようもないので言葉に詰まっていました。「沖縄いいところでしょう。」と言われた多くの人は沖縄を出た事のない人がほとんどでした。じゃあどうして沖縄がいい所と確信持てるの?と疑問に思いました。でもこれが島国根性なのかもしれません。沖縄より大きいとはいえ日本も島国ですから島国根性はなかなかのものかもしれません。多くの日本人が日本はとてもすばらしいところと思っているように見えます。しかし、それは沖縄の人が私に「沖縄っていいところでしょう。」と言われたのと同じかもしれません。こういうのをガラパゴスと言っていいんではないでしょうか。編集長さんは結論の中で言及していませんでしたが、治療費世界最低とは言っても治療レベルも世界最低とは言われていませんでした。これ位の見識をお持ちの人ですから分かっていたはずですが、本の販売相手が日本の歯科医師なので躊躇されたのかもしれません。
 日本の歯医者さんも日本の文化をお持ちで同じ様な欠点を持っている様に思えますし、ガラパゴスですから世界の事情はほとんど知りません。ガラパゴスなのはなにも歯医者さんだけではありません。日本人の一般的な意識では日本の歯科医療レベルは非常に高いものと思われています。結局、日本の遅れた状態を改善する早道はガラパゴス状態を脱する事だと思います。アポロニア21の編集長さんの様に海外の事情を分かりやすく紹介してくださる方が今後多く出現されて活躍していただくことが大きな力になるはずです。
 あとは日本国民の方がどう判断されるかです。