Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

下顎安静位

 いきなり歯科用語で始めてしまいましたが、決して専門知識が必要な事は書きませんのでご安心ください。
 体の楽な姿勢の事を考えてみます。整形外科でしたら寝ている時や立っている時、座っている時と分けて、問題としている筋肉の緊張度が一番低くなる時としていると思います。人によっては猫背の時が楽と感じているかもしれませんが、お医者さんは決してその人の体が楽にしている状態とは認めてくれず、楽だと思っているけれど体の方は悲鳴をあげていますよと言われるかもしれません。しかし筋肉が緊張しているかどうかというのは筋電図などで測定して判断しているのですが、お医者さんは口を閉じた状態で考えているそうです。ところが口の開け閉めなどを考えているお医者さんや歯医者さんは口を動かす筋肉が一番リラックスした状態は上下の歯が数ミリ開いている状態だと指摘しています。整形外科で肩こりの原因や問題の部位を調べるのに口を閉じた状態で調べてはダメと物言いをつけているのだそうです。物言いをつけているお医者さんや歯医者さんの持ち出す症例は大抵整形外科で掛かっていて従来の方法でうまくいかなかった症例をこの新しい考え方で行うと上手くいったというもので、議論に一石を投じているそうです。歯医者からすると整形外科の方で口の筋肉の事が考えられていなかったと聞けば、そんな事があるのと不思議に思う位の事ですが、医科と歯科と分けてしまった弊害ですね。座っている時のリラックスした状態というのは背筋を伸ばして左右の肩が水平になった状態を言われていると思いますが、口が少し開いた状態でなければならないという事です。口の周りの筋肉と表現しましたが、上顎は筋肉で動くようなものではありません。下顎の骨(下顎骨)を上に引っ張る筋肉群と下に引っ張る筋肉群とあります。その両者にとって一番リラックスできる状態は上下の歯が数ミリ開いている位の位置になるとの事です。そしてこの位置の事を下顎安静位と呼んでいます。上下の歯が噛み合った位置は中心咬合位と呼んでいますが、この位置は原則個人で一つの位置でかなり正確に再現できます。中には問題となる人もいますが、なんらかの不具合が起こる可能性のある良くない状態です。中心咬合位は正確にこの位置と決める事ができますが、下顎安静位はそれほど正確に位置が決まりません。歯と歯の当たりで決まるような正確さがないのは、筋肉の閉じ加減で決まるのに比べるとその差は専門知識なしでも容易にイメージされると思います。姿勢を前かがみにしたり反らせただけでも下顎安静位は違ってきます。もちろん横になっても変わります。これは下顎安静位というものは筋肉の”反射”というもので決めているので、周りの条件で変わるものだし変わらなければなりません。このように位置があやふやで頼りない存在ですが、歯を全て失った様な状態だとかなり深刻な事もあります。本来、歯の存在は関係ないはずの下顎安静位ですが歯を失うと変化があるそうです。ましてや総入れ歯を入れると上下の歯のかみ合わせの取り方も歯医者さんによって様々です。総入れ歯を3セット、5セットとお持ちの方は決して少なくありませんが、それぞれの入れ歯でかみ合わせの高さはバラバラなのが現実です。入れ歯で中心咬合位を作られるとそれに合わせて下顎安静位も変化している可能性があるようです。となるとどの入れ歯がいいかと言った時に痛くない、噛みやすい、見た目がいい、違和感が少ないといった入れ歯を評価する時の項目に加えなければならないかもしれません。患者さんが直感的に評価できないものだけになかなか難しい事ではありますが。そう考えると入れ歯なしで歯茎だけでムニャムニャしている人はかなり心配ですね。歯を全部失って入れ歯なしで放置というのは下顎安静位だけでなく他の事でも問題いっぱいではあるのですが。
 また、勉強する時など頭をフル回転させる時は体の方はなるべくリラックスさせないと十分に能力が発揮させられないと聞きます。サイクリングマシーンで足を鍛えながら英単語を覚えるよりも正しい姿勢で座って覚えるほうが結果は良さそうです。肩こり、腰痛の様に問題となる筋肉が口を動かす筋肉に関係が深い場合など、なるべく下顎安静位である方が条件は良さそうです。であるなら積極的に下顎安静位を実現しようという事になります。それがマウスピースです。マウスピースがあればマウスピースを噛むだけで筋肉が一番楽な位置に持って来られます。あとは背骨などを変な格好をしないようにすればいいだけです。スポーツ選手などが能力を高める目的でマウスピースを着けるケースはもう常識になっているのかもしれません。噛み合わせの位置の違いでゴルフボールの飛びがかなり違うそうです。という事で頭にスポーツに健康にとかなり役に立ちそうなものですね。ただスポーツで使うマウスピースは下顎安静位とは限りませんが。