Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

やはり知っておくべきです

 やはり「クライアントとカスタマー」の違いについて知っておくべきです。
 いろいろな話題を提供しているGigazineというサイトに「ブログが炎上して自殺した小泉みつお議員は一体何を書いてしまったのか?」というタイトルがありました。他のニュースで岩手県議の議員が自殺、死因は不明という事を見ていたのですが、その時は「死因が不明で自殺というのも引っかかるなぁ、政治家さんだし何か闇でもあるんじゃないの。」と気にはなっていましたがその時は内容は見ませんでした。Gigazineの方で何気なく読んでみると、以前に私がテーマにしていた事がそのままという内容でした。
 ここではタイでお住まいの日本人にとって歯科治療の観点から役に立ちそうな話題を提供するのが本筋で、決して亡くなられた方を誹謗中傷する事を目的としません。死者に鞭打つ様な事はするべきではありません。内容上、悪く書く事もあるかもしれませんが、それは決して小泉議員の事を指すのではなく日本人の中にもあると思われる意見や考えに対しての事です。小泉議員にはご冥福をお祈りいたします。
 最初は“闇”の部分が気になっていましたが、ブログの内容を読んで一気に日本文化の方に関心が移ってしまいました。まず、待たされた事にかなり不満を持たれた様です。そして名前でなく番号で呼ばれた事で頭に血が上ったと書かれています。そして、それが故に会計をすっぽかして帰ったと!また、精算会計で「お越しください。」と言われた事も不満だった様で、こちらは15,000円以上の検査料を支払う上得意のお客さんだからそっち側から、「本日は有難うございました。」とカウンターの外に出て、長椅子に座っている患者の方に来るべきだろうが。デパートでもどこでも、1万円以上のお買い物客に“精算書を取りにこっちへ来い。”と顎でしゃくって呼び寄せますか?と続きます。凄まじい内容で頭がクラクラする程ですが、内容を検証すると問題は病院をデパートと同じ扱いにしている事にあります。以前、クライアントとカスタマーというタイトルで書いた内容そのままです。クライアントである患者さんが自分がカスタマーであると考え、「金を払っているのは自分だから」とやるとモンスタークライアントになって病院を困らせます。そしてせっかくクライアントとして扱おうとしているお医者さんとの関係もカスタマー程度のレベルに落としてしまいます。双方に不利益こそあれ、得になる事は何もありません。すべては病院に掛かるという行為が、お金を払って品物を購入するといった顧客レベルで捉える事から来ます。同じ事をクライアントの考えが浸透していると思われるアメリカでやれば大変な事になります。訴訟大国ですからもしかしたら訴えられる事もあるかもしれません。タイでやればクライアントである事はあまり問題にされないかもしれませんが、お金を払わないで帰ったところで刑務所に入れられる事になるかもしれません。罰が軽い日本では考えられない事ですが、タイでは万引きでも刑務所に入れられると聞いた事があります。麻薬でも初犯なら刑務所に入る事がまず無い国の方が世界では稀でしょうから、このあたりも日本は世界でも稀なのかもしれません。刑罰について悪いかは言及しませんが、病院に掛かるという一般人として身近な行為での事はしっかりと考えておくべきです。アメリカを例に出しましたが、日本でもブログが炎上したという事はカスタマー意識で病院に掛かる事が問題になったからです。ブログが炎上したという事でまだ安心できます。これがブログを賛成する人ばかりという日本だったら、もう日本には住みたくないとまで思うかもしれません。しかし一方で、ブログの内容に“わかる”部分はあるなと思われた方もいらっしゃるはずです。小泉議員のやった事を非難する人であっても“わかる”と思った部分があったのではと思います。私も決して同意はしませんが小泉議員の気持ちが理解できる部分があります。同じ日本人で同じ文化ですから。ですからこれは個人の問題だけでなく日本文化の問題と思い危機感を感じるのです。津波で日本が大混乱の時に海外から「どうして日本では火事場泥棒がいない?」と賞賛されました。日本人として誇らしい気持ちで読みました。病院に掛かるというごくありふれた事でも誇らしい文化になりたいものです。もう一つ気になったのは、議員さんクラスでも15,000円払ったら上得意のお客様と思ってしまう事です。5,000バーツ位です。こちらの病院で5,000バーツ払ってもその様に感じるものかなと。日本と比べて「高いなぁ」と思う事はあるでしょうけれど。世界の中でも治療費の安い国のタイでこれですから、よその国に行けば大変ですね。外国で医療を受けた事がないのでしょうね。こういった人が日本の医療こそ世界一と理由もなく思っているのでしょうね。これを機会に政治家、あるいは行政の方で世界の医療と日本の医療の違いについて調べる位の事はしてもらえないものでしょうか。そして国民に是非を問うなり、改革案を出すという事はもちろん、破綻していると言われて久しい国民健康保険も含めて。
 以前お書きした“カスタマーとクライアント”は以下にあります。
http://blog.goo.ne.jp/kume_dental_in_bkk/e/4f4caa289d29ce1542fdfb8fd66919ee