Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

日本で使われている金銀パラジューム合金

 金属のお話です。欧米で金銀パラジューム合金が使われなくなったという事を目にしたからです。元々、口の中に金属をいっぱい入れているのは日本人ぐらいなものとお書きしていました。それでも金属の上にポーセレンというセラミックを乗せて金属を見えないようにしているだけで金属は使われていたはずです。その使われなくなった理由がパラジューム合金の毒性が問題になったからだそうです。この情報は日本人としては大問題です。新聞テレビが報道していない事が不思議です。このパラジューム合金というのは日本では金銀パラジューム合金として広く使われているものです。これを今お読みになっている人の口の中にもあるといっても99%の確率で間違っていないという程、広くいき渡っています。日本の保険治療で、国が安全ですとしたものが欧米で否定されていたわけですから、私達日本人は「何なの?」です。
 Googleで“パラジューム 歯科 欧米”と検索すると、「出るわ出るわ日本の保険治療で使われている金銀パラジューム合金の悪口が」状態です。とは言っても、完全に毒性やアレルギーの事を因果関係を突き詰めて証明してはいないようなのが救いではありますが。ただし欧米では否定されるだけの理由がある事も忘れてはいけません。
 一番最初に出てくる”銀歯(金銀パラジウム合金)の危険性について【歯科相談】“で保険治療に使う金属の歴史の事が紹介されていました。
 1960年(戦後) 
 国は「銅亜鉛合金」(低廉)を保険診療の中に組み込もうとした。
歯科用金属規格委員会は、総医療費や日本の経済力からみて代用金属の使用もやむ得ないが、その際でも、金銀パラジウム合金をもって代用合金の許容限界とし、できるだけ早い時期に金合金への移行すべきである事を委員会報告書で発表した。
 1980年
 ニッケルクロム合金の鋳造冠の保険診療に採用する事の可否について、日本補綴歯科学会は、採用に反対した。
 1960年といえど「銅亜鉛合金」って? そして今も中心素材と言っていい金銀パラジウム合金もできるだけ早い時期に金合金に移行すべきとなっていたんですね。しかも”やむ得ない”という金属であることが当初から指摘されていたとは。おまけ“許容限界”という言葉もあります。
 体の事や健康の事が第一ではなく経済の問題からの妥協の産物だった事がよく分かります。しかし国民の認識はどうでしょう?日本の歯科治療で使われている物だから”安心”というのが”普通”ではないでしょうか。
 国として精一杯できる事はここまでというのはいいと思うのですが、それほどイイものでもない物に国の威厳を付けた様な安心感を国民に持たせたのは問題です。金属代なんてせいぜい1本あたり1万円程度です。中には健康の為にはそれぐらい負担しても安全な物を求める人もいらっしゃるはずですが、その人達も犠牲にしていると言えます。
 本当の情報を隠していたと言われて返す言葉がないんじゃないでしょうか。野球でも統一球の事を誰も問題にしなければ平和に事なかれで穏便に過ぎたかもしれませんが、分かってしまえば色々な所で問題続出です。金銀パラジューム合金はそれどころではない大問題のはずです。
 金銀パラジューム合金を導入した事がいい事だったかどうかは意見のたくさんあるところです。当時の日本はそれほど豊かじゃなかったですし、お金の事を心配せずに歯科医療が受けられる国を目指した事は世界に誇る立派な事とさえ思いますが、一方で安くてもよその国で行われている治療と遜色なし、あるいは日本の方が優れていると国民に思わせたのはいただけません。「国民が勝手に誤解しただけ」なんて友人のお父さんで昔の偉いお役人で大臣経験者から聞きましたが、それならその誤解を解く努力は必要だったはずです。
 余談ですが、参照させていただいた「歯チャンネル88」の運営者の田尾先生って人柄が良さそうですね。それにそのご友人の渡辺先生も勉強家の様で読んでいて気持ちがいいですね。歯科の事でちょっとネットで質問してみようという方にはとてもいいサイトに思いました。おそらくご両人の医院での治療は平均レベルとは雲泥の差があるのではないかと思います。日本で信頼できる医院かもしれません。