Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

女優さんと歯

 コラムの締め切りが近かったりしてコラムネタに困っている時に、ネットであれこれ歯の話題を探したりしています。実は今回も締め切り間際でネタ探しをネットに頼りました。だいたいそういった時はあまりおもしろいものが見つからないのですが、今回はおもしろいものを見つけました。
 「女性芸能人の歯・お宝画像」というサイトです。15歳~79歳まで496名、4,082画像とありますから大変な量です。よく追っかけて調べたものです。このサイトの作者の自己紹介がないのですが、歯医者さんと思われます。ところどころおかしな用語を使っているので違うかもしれませんが、そこは一般人に読みやすい様にという配慮かもしれません。なんにしても歯の事に興味があり、女優さんが大好きなんでしょうね。
 URLを紹介しておきます。http://www.hamq.jp/i.cfm?i=yabuisha#a4
 この中で”CM不適格”の項目がありました。そこにはたくさんの名前がありました。飯島直子の項では歯磨のCMでは、【奥歯が虫歯で全滅なのに、白い偽の奥歯(メタボンド、差し歯)を虫歯が無い天然歯の様に自慢げに見せるなんて、飯島直子も歯磨も信用が失墜するよ!(画像は39歳時)。昔、高岡早紀、藤原紀香、島谷ひとみは、前歯が差し歯というだけで歯磨のCMを降板したんだよ。】とボロクソです。
 さらにエッと思ったのは【右上5番のメタルボンドセラミッククラウン(差し歯)が外れて、レジンコアが露出していた。飯島直子は「差し歯がよく取れるので、いつも瞬間接着剤を持ち歩いている」とTV番組で告白していたが、この差し歯とは右上5番の事だった】と写真付きで書かれていた事です。女優さんが写真を撮られる時にクラウンが外れた状態で撮らせるなんて!経済的に困る様な人でもないのに外れたら瞬間接着剤って!「日本ってこんなもんですか?」ですね。
 藤原紀香さんでは【オーディションで映画に出演したければ、一番目立つ上前歯6本を白く直せと言われて、左上3番~右上3番の6本を削り、差し歯(メタルボンドセラミッククラウン)を被せて、出っ歯を直し、歯を白くしていた。】ですって。上前歯6本って?ハリウッドなら全部でしょう。女優さんでこのレベルですから平均的日本人になるともっと低いという事になります。
 おまけで【上前歯6本だけが真っ白なので一見して差し歯と分かった。それぞれの差し歯の切端が丸まったり尖ったりしておらず、隣の歯との隙間がないので6本連結がバレバレで獅子舞の歯の様だった。26歳の時。藤原紀香は上前歯6本が差し歯なのに「芸能人は歯が命」の歯磨のCMに出演し、差し歯に換装して歯を白くしたのに「この歯磨で磨くと歯が白くなる」と宣伝していた。】と続けられていました。確かに一緒に載せられていた写真では歯の色が前歯6本がまったく違っていました。CMもけっこういい加減な人選をしているものなんですね。
 国際女優として島田陽子さんの名前を覚えていますが、国際女優になった人ってたくさんいるんでしょうか。言葉の問題があるにしても歯の問題で相手にされないって結構あったんじゃないかと思えてしまいます。
 宮沢りえでは18本プロセラ・オールセラミッククラウンで500万円ですって。そしてその後ジルコニアセラミッククラウンに変更。他の女優さんでも指摘されていましたが、どうも日本の歯医者さんって6本連結で作りたがる様で、見た目が獅子舞の歯みたいになっている方が多い様です。
 また、歯茎が黒くなっているとか、この方の言うところのブラック・トライアングルという見た目の問題もお作りの様です。何度も作り直した女優さんも多かったですね。費用の事は別にしても1回で終わらせてあげられないものなんでしょうか。女優さんだったら人脈もあって、優れた歯医者さんに掛かれたでしょうに。
 中森明菜さんの場合は特にヒドイですね。そして飯島直子さんではレントゲン写真もあったので治療の質をより評価できましが、根っこの治療や歯の心棒(ポストコア)に女優さんにふさわしいものが提供できなかったのでしょうか。お金も人脈もあれば可能だったと思うのですが。まぁいい治療を受けていなくても、前歯と奥歯、下の歯とまったく色が違っても歯磨き粉のCMの仕事が受けられる様な国だからそれでいいのかな?まったく日本の歯科レベルって?