歴代 TOP紙面

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

バンコク 国立博物館をご案内します

045

街歩きが数十倍楽しくなる 38年にわたる日本語ガイド

 皆様はバンコク国立博物館をご存じですか? 実は結構、観光の穴場なのです。場所は、バンコク市内観光で定番になっている王宮のすぐ近くで、過去から現代に至るタイの美術品や工芸品の数々を一度に見ることができます。さらに、水曜か木曜の午前中に来ていただければ、私達「バンコク国立博物館ボランティア・日本語ガイドグループ」が日本語でご案内いたします。
 日本語ガイドグループは1974年から活動を始め、現在は年間約800人の来館者にバンコク国立博物館の展示品をご案内しています。日本の有名なガイドブックにも載っていますので、ボランティアとはいえ、プロ意識を持って応対しています。そのため、タイ国についてはもちろんですが、近隣諸国の歴史や遺跡、美術まで勉強します。また、日本の著名な先生をお招きして講演をしていただいたり、フィールド・トリップと称する小旅行に出かけて、実際に自分たちの目で遺蹟や遺品を見たりもします。
 通常のガイド以外にも、小・中学生対象の夏休み親子ガイドや日本人学校PTAの特別ガイドが毎年の恒例となっています。夏休み親子ガイドでは、通常の大人向けガイドとは違って、写真やイラスト入りの書き込み式プリントを用意して、わかりやすく説明します。夏休みの宿題に役立てるお子様もいらっしゃるようで、キャンセル待ちが出てしまうほどの人気の催しです。
 昨年1月には、約40年間積み重ねてきた勉強の成果を結集して、図録『バンコク国立博物館の至宝』を出版しました。多数の展示品の中から選りすぐって、詳しい解説をしています。東京堂書店に置いていただいていますので、是非一度手にとってご覧になってください。
 バンコク国立博物館はもともと副王の宮殿でした。ラーマ5世の時代に副王制度が廃止となったために、宮殿の一部が博物館として利用されるようになりました。副王の私的礼拝堂だったプッタイサワン仏殿には、バンコク最古のお釈迦様の生涯を描いた壁画があります。宗教美術では、数多くの仏像やヒンドゥー神像などが年代を追って展示されています。
 また、現在も王室の葬儀に使われる山車(だし)や輿(こし)は、その造りと装飾の豪華絢爛さに眼を見張ります。伝統工芸品などを展示している中央宮殿は1782年に建てられ、その後100年以上、副王が実際に住まわれた宮殿で、建物自体が歴史的建造物です。
 このような展示品の数々を、歴史の移り変わりに沿いながらご案内しますので、その頃このタイの領土で何が起こっていたのか、どこの国と密接に繋がり、どこの国に支配されていたのかということまで、ご理解頂けます。インド文化の影響を受けたドヴァーラヴァティー、シュリーヴィジャヤ、クメールに支配されていた時代から、タイ独自の美術が花開くスコータイ、領土を広げ繁栄を遂げたアユタヤ、そして現在のバンコク時代に至るまでの宗教美術や伝統工芸品などを、熱意と愛情を持ってご案内します。
 季節の花が咲き乱れる庭園で気分をリフレッシュさせ、歴史ある建造物の中で気軽にタイムスリップできる空間、それがバンコク国立博物館です。ガイドが終わる頃には、タイについて知り、タイを身近に感じて頂けることと思います。町のあちこちに歴史的なもの、宗教に関連するものを多々目にすることの多いタイ国では、少しの知識で町歩きが数十倍も楽しくなること、請け合いです。ご興味を持たれた方は、ぜひ一度お越し下さい。私達が、お待ちしております。
(バンコク国立博物館ボランティア・日本語ガイドグループ)
▼日本語無料ガイド
水・木曜日の午前9時半から約2時間、入館料200バーツ、120cm以下のお子様は無料
▼お問い合わせ・連絡先
 hakubutsukan@hotmail.com
▼ホームページ 「バンコク国立博物館ボランティア」で検索してください。