歴代 TOP紙面

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

新考察 タイに咲く仇花「オカマ」

050

マイペンライ精神の副作用? 女性化願望のメカニズム

 日本からタイに来た方がまず感じるのは、暑さや利便性の次に「タイには実にオカマが多い」ということである。繁華街やデパートの売り場、飲食店、ホテルのフロント、パックツアーにもオカマショー見物が組み込まれ、あらゆる場所に女性化願望者が生息し、立派に社会認知されている。女性化願望者とは平たく言えば「オカマ」である。欧米であればレディボーイ(LB)なのだろうが、日本語の「オカマ」という言葉には生活臭を含んだ生々しい語感がある。男は男らしく女は女らしく、というのが世界中どこの文明にも行きわたった社会通念であるのだが、なぜタイにはこんなにオカマが多いのだろうか?些細な事は気にしないマイペンライ精神が行き渡った社会性ゆえ、疎外されずに生きられるからなのだろうか?
極論すればその通りである。
 人間の体には副腎皮質や性巣に「テストステロン」という男性ホルモンの一種があるが、これがなかなか面白い作用をする。「楽をしたい、面倒なことはしたくない」という衝動を引き起こすのだ。さらにこのホルモンは脳細胞と直接つながっているので、欲望のままに行動をとり続けると、自分の都合中心になって物事の結果に関心が浅くなり、思考停止のクセがつく。これが結果的には「マイペンライ」精神となる。さらに、この「テストステロン」ホルモンを受け取る細胞の感度が鈍くなると性染色体はオス(XY)なのに、すらりと細い足、胴のくびれなど、外見の女性化が現れてくる。
 初期の胎児には性の区別がなく、染色体の中の一対が、XXかXYかの違いがあるだけだが、このY染色体の遺伝子の中の「精巣決定因子」が8週目くらいの胎児に作用して精巣が作られる。さらに4週経つと精巣から「アンドロゲン」(男性ホルモンの総称)が大量に分泌され、脳の性分化が始まり、「男」として決定付けられる。この時期の母体に様々なストレスがかかった場合、内分泌系が狂ってホルモン作用がおかしくなり、胎児の「性」に混乱が生じる。適量のアンドロゲンが脳に供給された胎児は男らしい男になるが、母体にかかったストレス(タイは女性社会だから余計に多い)で内分泌が阻害されると、体は男でありながら脳は男性化していない胎児が生まれる。そして成長し、自我の発達と周りの環境によって世界に誇る立派な「オカマ」が出来上がるわけである。
 南国の気候であるがための体温調節機能の未発達と貧血体質からくる「ゆったり感」とマイペンライ気質。近年の鉄道の発達により豚肉の需要が広がり、一気に肉食化したためのコレステロールの過剰摂取によるテストステロン・ホルモンの増加。これらがオカマ大量発生の要因だといってもよい。 屋台のビニール袋から溶け出している環境ホルモンも原因のひとつになるのかもしれないが、いずれにしても、「アンドロゲン」が正常に働かなければ種は絶えてしまうのである。しかし、オカマ専用の大学や航空会社の客室乗務員チームを編成するなど、女性化願望者を阻害せず、均等に雇用の場を設けようとする寛容さと柔軟な国民性は、東南アジアばかりででなく世界中に類を見ない。
かくして、オカマさん達はより美しくなることに全力を傾けて百花楼蘭、タイ全土にその存在感を強く示し続けるのである。