Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

いびき

 私には7歳の娘がいます。寝る時は妻と私で娘を挟むように川の字になって寝ていますが、娘が「お父さんうるさい!」とお母さんを越えて逃げて寝るようになりました。どうも我慢ならない”いびき”があるようです。”いびき”の原因は色々とあるみたいですが、加齢による筋肉の衰えや肥満があるようです。老化して全身の筋肉が弱くなると、上気道の筋肉も弱くなって、空気の通り道が狭くなるという事です。肥満の方は上気道の内側にも脂肪がつく様で、そうなるとやはり空気の通り道が狭くなります。他には寝る姿勢とか枕の問題、口呼吸といったものなど色々あるようです。最近、禿げてきた事もあり老化は実感していますし、タイに来てからは坂道を転がるように太りだしました。老化は簡単には対処できませんし、肥満を解消できる程、自分を摂する事ができるような頑張り屋さんでもありません。と言って娘から逃げられるのも悲しいものです。
 簡単に対処する方法として歯科では「マウススプリント」という方法があります。下顎を少し前方に持っていった位置にすると上気道が広がります。ここタイでもこの十数年の間に二例程度ですがマウススプリントをお作りした事があります。タイでお作りしたマウススプリントは上にはめるスプリントと、下にはめるスプリントが一体になったもので、これをはめると下顎は固定されてしまいます。元々寝付きはとても悪い方で、下顎の自由がなくなる状態だと私などそのストレスで寝付けなくなると思っていました。
 このマウススプリントですが実はいろんな種類があります。タイではどうも上下一体の物しか技工所で作られていない様ですが、先日、日本から来られた技工所の方が上下分離型のマウススプリントをご紹介下さいました。これならストレスも軽減されて寝付きの悪い私でも実用になるかと注文してみました。残念ながら出来があまり良くなくて、この文章を書いている段階では正しく評価できません。ただ、上下分離されて下顎の自由ができた事は大きく、たいしたストレスもなく寝る事はできました。また、装着してわざと”いびき”を出してみようとしましたができませんでした。これで下顎が前に出て確実に上気道が広がっている事が体感できました。これは期待できそうです。またこちらで作って頂けるマウススプリントですが、素材はドイツの物で、アメリカのFDAの承認を受けているというのがポイント高いですね。医療で使う物はその安全性はしっかりしていてほしいものですが、私はその基準をまずアメリカのFDAに頼っています。歯科材料について言えば日本製もたくさん出ていますが、どうも内弁慶の物が多いようで、FDA未承認がとても多くあります。耳鼻咽喉科の方では”いびき”や睡眠時無呼吸症候群の治療にCPAPという装置があります。装置で上気道に空気を送り込むというものです。当院の歯科医師もこの装置を買って使っているそうです。10万バーツ程するそうで高いですね。それに空気を送り出す音もけっこううるさいみたいで寝付きの悪い人には問題かもしれません。マウススプリントとどちらがいいかは症例によるので一概には言えませんが、マウススプリントを試してみて、ダメなら耳鼻咽喉科に診てもらうというのも有りかもしれません。マウススプリントはそれほど高くありませんし、気軽に導入できるからです。耳鼻咽喉科で睡眠時無呼吸症候群の診断となると病院で一泊して検査となりますし、CPAPの様な装置だけでなく、こちらの病院の高い部屋代も必要です。なにより病院で一泊というのは負担です。ちなみにお医者さんに睡眠時無呼吸症候群と診断されれば、マウススプリントは保険の適応となるようです。2万円弱といったところのようです。3割負担ですから本来は6万円弱。こちらでは半分程度でできるのではないでしょうか。
 “いびき”で離婚にまでなる事もあるみたいですし、私の様に娘に嫌われるという事もあります。“いびき”から睡眠時無呼吸症候群になり、質の悪い睡眠になったり、高血圧などになりやすかったり、居眠り運転で事故といった問題も指摘されています。マウススプリントは決して根本治療ではなく対症療法ではありますが、簡単に導入できるというメリットがありますから“いびき”や睡眠時無呼吸症候群で困っておいでであれば試してみる価値はあるのではないでしょうか。