Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

タバコ

 世界中禁煙ブームですね。タイでも過剰と思えるほどタバコは嫌われています。タイの歯科医師でタバコを吸う人ってあまり見ません。先日、デンタルフェアがありましたが、喫煙所に行く人はほとんど皆無と言っていい程でした。アメリカのデンタルフェアに言った時の思い出で印象深いのは、早くから禁煙が叫ばれたアメリカの歯医者さん達に愛煙家が多かった事です。デンタルフェアの会場には喫煙所なんて場所はありませんでした。ある一画にタバコの吸殻が投げ捨てられていて、その近くで愛煙家がタバコの煙をくゆらせていました。「タバコに厳しい国の歯医者さんがこの状態?それにしてもマナー悪すぎないか?」と感じていました。意外にもアメリカではタバコを吸う歯医者さんは多い様です。ロマリンダ大学を出たタイ人歯医者さんもアメリカの歯科医師はタバコを吸う人が多いと言ってました。当の歯医者さん達はタバコの害をけっこう過大に言われているのですが。「タバコを吸うと歯周病になる!」とか「抜歯後にタバコを吸うと血が固まらない!」とかです。理由はタバコを吸った後の口の中の温度を測定すると下がっているからだそうです。温度が下がったのは血流が悪くなったせいで、血流が悪いと歯周病になるという流れです。少し時間がたてば温度は元に戻るので悪影響は短時間だと思うのですが、そんな事は伏せておいて問題点の強調に一生懸命です。歯を抜いた後、血が固まるのが普通ですが、タバコを吸って陰圧になると血栓が剥がれるから良くないというのが理由だったり。あまりしっかりとした理論背景があって言われている事ではありません。その割にはこんな発言をする人は自信たっぷりですが。私はしっかりとした医学的根拠を持った議論が欲しいのです。タバコを擁護するつもりはありませんが、最初に結論ありきの様な話には抵抗を感じます。そんな事もあり真実はどのあたりにあるのかとネットサーフィンしていると意外な事を見つけました。なんと20世紀の世界で最も大規模に禁煙運動を展開したのはナチスドイツだったそうです。当時のナチス政府は国民の健康増進が政策の大きな柱だったそうです。禁煙運動はそのうちの一つだったそうです。一般に思われているナチスのイメージとだいぶ違いますね。そして当時、社会保障が充実していたのは自由主義世界よりも独裁国家軍の方だったそうです。日本も今に続く社会保障制度の種がこの時期に作られたとの事でした。そういえばタイでもパカムサムコムという社会保険が始まったのが10年ちょっと前のタクシン首相の時です。タクシン元首相は独裁的と呼ばれる事がある様なので、社会保障を充実させるには独裁的な政治の方がいいのかもしれません。まぁ歯医者風情が政治の事をとやかく言わない方がいいですね。
 Googleで検索語を変えたりしてかなり頑張りましたが、しっかりとした理論背景を持った話や“まとも”な議論は見つかりませんでした。日本語で検索したので英語でならもっとマシな結果だったかもしれませんが。代わりに雰囲気でそうだろうと思われている事をさも宇宙の真実クラスに自信たっぷりに語っているものはたくさんありましたが。
 私がたばこの害をもっともらしく聞いたのは20年ほど前にイギリス発のニュースで「副流煙の害は吸っている本人以上に周りの人にあります。」でした。子供の頃から副流煙の害の事は気になっていましたが、世の中の誰も話題にしない事に疑問に思っていたところにこの話ですから「やっぱり」となりました。でも周りの人の中には本人も含まれているのですから本人以上にと言うのはおかしな事です。その事に引っかかっていましたが、世の中の嫌煙ブームはそれ程でもありませんでした。その後、アメリカのレストランで禁煙になり、公共の場で禁煙になり、あっという間に今の状態です。臭い匂いが大嫌いなタイでは皆さんお分かりの状態になっています。タイは論理的に物事を考えるのが苦手とよく聞きますが、タイのお医者様さんからも歯医者さんからもしっかりとした根拠なく無茶な事を言われているのを度々耳にします。「タバコ吸っていると骨折治らないよ」は2度骨を折って治療を受けていますので2回聞きました。治らない事はないだろう。治るけれど治りが悪くなるとか時間が掛かるなら分かるけれどと思ってしまいます。そしてどの程度遅れますかという質問はしませんでしたが、おそらく“まとも”な回答は期待できないはずです。歯医者さんから「歯周病になるぞ!」と脅された事もあります。あいにく10年以上経ちますが歯周病にはなっていません。インプラントにタバコは禁忌と言い張る歯医者さんはタイにも日本にもいらっしゃいます。ヘビースモーカーにインプラントした事は今まで何人もいらっしゃいますが、全員予後は良好です。タバコの害を否定するつもりも全くありませんが、どうして根拠のしっかりした事実、研究考察を元に、曇りのない目で真実をとらえて冷静な議論ができないのか不思議です。タバコを吸っている歯医者さんはアメリカには多そうなので、その中でタバコが原因で歯周病になった人がいれば、その経過のかなり正確な事実を残して良い論文のテーマになりそうですが。しかし一向にそういった事はありません。地球温暖化もほとんどの人が“真実”と思っていた様ですがどうも怪しい話の様です。もしかしたらタバコも同じ様な怪しさがあるのかもしれません。共に話の始めはイギリスからですし。地球温暖化を否定する様な事を言う科学者は左遷されたり、冷や飯食いにされたと聞きます。かなり政府筋からの横槍があるとも。タバコについても、ちゃんと議論されないという事はもしかしたら同じ様な事情かもと。今回は私の邪推を述べてしまいました。タバコを吸っている甥には「絶対にタバコは吸うな!やめろ!」と言っていますので私に対しての邪推はご遠慮ください。