歴代 TOP紙面

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

私は学校へ行きたい!

060

一家を支える子供たち 「ダルニー奨学金」のお願い

 タンヤー・ニッタヤワン(愛称はターン)は、生まれた時から、両親の顔を知らずに育ちました。ターンは12歳の女の子で、ヤソトーン県コーワン郡バーンラオノイ校に通う小学6年生です。 彼女は、80歳を超えた祖母と、同じ学校に通う中学2年生の14歳のお兄さんと一緒に暮らしています。これまで一家の家計を支えてきた祖母は、バイクが交通事故にあって転倒し、脚を骨折してしまいました。脚はもう元通りには動かず常に痛みがあって外出することも難しく、二人の孫を養うために働きに出ることも出来なくなりました。そして祖母は家で寝ていることが多くなり、代わって、ターンたちが祖母の面倒をみるようになったのです。
 12歳のターンは、毎日、午前2時に起きます。近所に住む、タイのお菓子を作って販売する女性商人のお手伝いをするためです。ターンは、材料を混ぜる仕事から、それを火にかけて、お菓子の形にして袋に詰めるまでの一連の工程をこなします。午前7時まで働き、それから家に戻って水浴びをし、身支度を整えて学校に行くのです。収入は、その女性商人の売上によって変わりますが、平均すると一日、わずか30~50バーツにしかなりません。この他にも、学校が終わってから、あるいは土日に、1回につき15~20バーツの収入がもらえる青ネギを収穫する仕事をします。
 女性商人がお菓子を作らない日は、ターンの家族は食べ物を買うお金がなくなってしまい、食事を我慢しなければならないのですが、ありがたいことに、ターンがお手伝いをしているお菓子の女性商人は、時々、朝食や夕食を食べさせてくれます。学校の先生も、ターンとお兄さんに時々、食事代を援助したり、学校から支給されない洋服などについては、寄付を集めて、二人にあげるようにしています。
 ターンは自分のことを次のように話しています。「将来は何になりたいのか、まだ解りません。今はただ、中学校に進学して、仕事をしてお金も稼いで、毎日ご飯を食べることが出来るようになりたいのです。私は、お婆さんのことがとても可哀想です。私は、高等教育を受けて、たくさん給料がもらえる仕事に就いて、これまで私を育ててくれたお婆さんに恩返しがしたいのです。もし、奨学金がもらえるなら、私はそれを大切にして、本当に必要なものにしか使わないでしょう。そして、そのお金を進学するためにとっておきたいのです。」
 タイには、家族が貧困に苦しんでいるため、6年間の小学校生活で勉強を終えてしまったり、中学校の途中で家族の生活を支えるため学校をやめてしまう子どもたちが未だ大勢います。
 今から26年前、国際教育交流団体の秋尾晃正さんがタイの東北部の貧しい農村地帯(イサーン)を訪れた時に出合った8才の女の子、ダルニーちゃんの「私は学校で勉強がしたい」という訴えがきっかけとなって、奨学金の支援を始めました。この日本発祥の地域開発教育基金(EDF)の別名「ダルニー奨学金」は、この女の子の名前に由来します。ターンちゃんと同じように貧困にめげず、将来の夢に希望を膨らませる子供たちが学校で学べるように支援して26年間、日本を中心に今年で支援者が16万人に達しようとしています。
 「ダルニー奨学金」では、2012年7月より今年の3月まで暖かいご支援によって、合計5753人の恵まれない子どもたちに奨学金を提供できることになりました。しかしながら、5月中旬に学校の新学期がスタートしていますが、まだ奨学金受給の目途がたっていない3179人の子どもたちのために、今年度の募金活動を6月30日まで延長し、一人でも多くの子どもたちに勉強の機会を与えることができるよう皆様の暖かいご支援のご検討をお願い申し上げます。 奨学金支援につきまして、詳しくは、www.edfthai.org/jp からご覧いただけます。又、フジスーパー、東京堂書店とクラブタイランドカフェにてパンフレットを用意しておりますので、機会がございましたら是非、お手にとって頂けますようお願い致します。
 (日本語窓口・アヌチャート)