歴代 TOP紙面

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

タイ文化遺産を一日で巡る

062

バンコク都心から33㎞ 名所「ムアンボラーン」

 「ムアンボラーン」をご存じでしょうか。在タイが長いけどまだ行ったことが無いという方も多く、日本人旅行者向けのバンコクツアーでも定番にはなっていません。しかし、タイ人の間では「ぜひ行ってみたい場所!」になっているというアミューズメント施設です。
 都心からスクムビット通りをひたすら走り、バンナーを越えてしばらくすると左手にエラワン・三頭象(後述)が見えて、さらに走るとサムットプラカーンのパクナームに入ります。ここで左折して5㎞ほど行くと左手の堀に橋が架かっていて、「Ancient City」と書かれた鳥居が立っています。ここが目的地の「ムアンボラーン」です。
 広い駐車場に車を停めて受付オフィスに入ると目にとまったのが来園者用のパンフレット。日・英・タイと三ヶ国語のバージョンがあり、もちろん日本語版を手にすると【ムアンボラーン観光は、一日が最も素晴らしい時間だと感じさせてくれる】と、自信満々の表記で、期待が高まります。タイ国の形そのままに造られた敷地の面積はなんと128万㎡。その広大な園内に、ほぼ50年間をかけてタイの遺跡や文化建築物を忠実に再現し、その数は現在で120点。例えば、チェンマイ・ランナー様式家屋、アユタヤの仏塔や横臥仏像、伝説のナーガや水上マーケット、カンボジアの草原を望む絶壁に建てられたカオプラビハーン遺跡、チャオプラヤなどなど、タイ全土から移築したものや、サイズだけを小さくした精巧なタイの代表的建造物が全部見られるのが「ムアンボラーン」なのです。
 入場料は外国人300B(子供200B)、タイ人は大人100B。園内はとにかく広いので歩いて廻るのは絶対無理。そこで、レンタサイクルか電動自動車、または園内の周遊バスを使います。希望者には日本語・英語・中国語のガイドさんも利用できますが、料金が1200Bとちょっと高め。レンタサイクルはお買い物仕様のママチャリから本格派MTBなど好きなタイプを選べ、よく見ると車体に「平塚市○○中学○山○子」とペイントがあったりします。日本の駅前に放置されたか盗難された自転車の行き先はこんな所なのかもしれないと、リサイクルの多様性に感心しました。

062a

 今回は二家族で来たので6人用の電動自動車(1時間450B)をレンタル。自動車免許不要。アクセルを踏み込むと結構な加速で走り出します。
 園内はタイ全体の形をそのまま模してあるので、入口付近はタイ南部のゾーン。パタヤ地方の超装飾過多で有名な「サンクチュアリ・オブ・トゥルース」に初めから圧倒されます。全く同じ造りなのにサイズだけ小さい完璧なレプリカ。このゾーンには昔の理髪店や飲食店、影絵のパペットも本物の移築で文化的価値も高く、タイの古い街並みを知ることができます。 次のゾーンは、「水の都バンコック」と呼ばれていた当時の民家や水上市場をそのまま再現した水上集落で、人気スポットのひとつ。ここで昼食となるケースが多いので大きな料理店があります。バンコク・ゾーンにはチャオプラヤ川まで造ってあり、祭船が浮かんだ岸辺には恐怖の大ブランコ「サオチンチャー」が半分のスケールながら威容を誇ります。 アユタヤ、コラートの中部ゾーンで、昔の戦争で破壊されたアユタヤ遺跡群や寺院、数々のストゥーバを見ながら次の北部ゾーンに入ると、ランナー様式の建物が軒を連ねています。チェンマイ、チェンライの独特な屋根の飾り瓦や装飾品、絵画も手抜きなく忠実に造られていて、本当にタイ北部に来たかと錯覚してしまいました。
 園内には水路がいくつもあって、自動車では渡れない小さな木橋が掛かっていますが、その付近には見落とせない造形物が必ずあります。お釈迦様の有名な八十態の彫像や、寺を守る巨大魚、頭が7つあるコブラの守護神など、どれもシュールな怪しさがあり、子供たちがコワイながらも興味を持っていました。この辺で結構暑さを感じてきたら、芝生や木々に水やりをしている管理作業員のおばさんに頼んで、ホースで頭から水をかけてもらうと涼しくなって元気が出ます。

062b

 東部ゾーンに入ると、高い丘の上に神殿が立っているのが見えます。これがアンコールワットも凌ぐ面積と、地雷原に囲まれた険しい断崖で有名な「カオプラビハーン」。現在はカンボジアとの国境問題で紛争があり、遠いシーサケットの山岳地帯ということもあって行くのは困難ですが、過去に私は3度訪れたことがあります。ちょっと懐かしい気持ちで石の階段を延々と登り、頂上に着くと貯水池の位置や神殿の石組みまでも細かく正確に造られているのに驚きました。本物と同じように柵も設けておらず、高所恐怖症の人には地獄の体験でしかない断崖絶壁も、丘を切り崩して手作業で再現されているとの事。リアリズム芸術というか、本当に凝り尽くした凄い造り込みです。カオプラビハーンの神殿ばかりでなく、スコータイやアユタヤなど各地の寺院の石材にも経年変化の加工が施されていて、長い年月を経たのと同じ仕上げになっていました。バンコクにある有名な寺院でも造りにはどこか必ず手抜きがあるけれど、「タイ製」でこれほどのこだわりを持ったものに出会ったのは、このムアンボラーンが初めてだと思います。
 園内にある歴史的象徴の建造物や遺跡はタイの文化を存分に反映し、テワローク庭園などの新しい造形センスも取り入れて、まさに芸術の域まで達している大パノラマと呼んでもいいと思います。南国の花が咲き乱れ、放し飼いの鹿たちが遊ぶ敷地内は、張り巡らされた水路と高い塀で防犯も万全。他の観光地のように、うるさくつきまとう物売りもおらず、細密に造られた建造物と自然の調和の中で「楽しい一日だった!」と満足させてくれる希少な観光スポットでしょう。
 タイにいる間に是非、一度は行ってみてください。

062c