歴代 TOP紙面

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

タイの薬局と付き合う方法

063

薬効の強さにご用心 常用薬の成分を知って下さい

 バンコクの街を歩いていると、薬局がよく目に付きます。頭痛薬、風邪薬、お腹の薬、虫さされのかゆみ止めなど、病院に行くよりも手軽に薬を手に入れられる薬局はとても便利で、タイ人にとっても大変身近な存在になっています。街角の小さな薬局から、チェーン展開しているドラッグストアまでいたる所に存在していますが、私たち日本人(外国人)には戸惑う事もあります。
 薬局で「どんな症状ですか?」と聞かれて何とかつたないタイ語と英語と身振りを駆使して答えられたとしても、「何が欲しいんですか?何錠必要ですか?何日分ですか?」と聞かれてオタオタした経験がありませんか?タイでは薬のバラ売りが主流です。大きな容器の中から銀のヘラで薬を取り出し、ビニールの小さな処方箋袋に入れて売ります。例えば、「頭痛薬を7錠下さい」という中途半端な数でも希望通りに買う事ができます。予算に合わせて薬をバラ売りしてくれるなんて、庶民の味方!という感じです。
 日本との違いのひとつに、タイには一般的に総合感冒薬というものがありません。風邪をひいた時に日本なら、パブ●ンゴールドのような総合感冒薬1種類を買う場合がほとんどでしょうが、タイでは、『咳』『熱』『鼻水』『喉の痛み』といった具合に症状別になっていて、該当する症状の薬を必要に応じてそれぞれ買わなければなりません。すると、別々に売っている薬を一緒に飲んでも問題はないのだろうか?という疑問が湧いてきます。一日何回、いつどれだけ飲めばいいのか、説明書きすら無い場合が多く、解らない事が多いです。日本なら薬剤師さんが疑問にすぐ答えてくれるのですが、タイの場合はどうなんでしょう。
 タイでは薬局を開く店主さんに資格は要りませんが、薬を販売する場所には必ず一人は薬剤師を配置していなければなりません。薬剤師は白衣を着用し、資格と名前が明記された名札を付けています。薬局の店主が薬剤師免許を持っていない場合、薬剤師を雇うことになるのですが、月給にして約2万バーツ以上を払わなければなりません。そこで、売上が少ない小さな個人薬局では薬剤師を常勤ではなく、時間単位で雇います。薬局の店内に『○○時から○○時まで、□△◇△という名の薬剤師が店内にいます』という内容の看板を掲げてある場合はそのケースです。法律上では、営業時間中に店内に薬剤師がいなければならないのですが、この看板を掲げてあれば、厳しく取り締まる事はないそうです。そういった理由で、薬剤師が午前中しかいなかったり、夕方からだったりと色々ですが、ある薬局では薬剤師がいる時間が「18時~21時」との看板を掲げていました。しかし、その薬局の営業時間は「09時~18時」です。つまり、開店中に薬剤師が存在していないことになります。バンコク郊外ですが、そんな店がありました。
 現在、タイで市販されている薬のほとんどがタイ国内で生産されています。外国製の薬がタイ国内で販売されることはまずないそうです。また、「タイの薬は薬効が強い」と皆さんがよく言います。日本の薬事法で定められた薬量を上回る含有量であるために良く効き、頭痛もすぐに治る場合があります。薬効が強いために日本では一度も薬アレルギーになったことがない人でも、タイで買った薬を飲んだら身体が痒くなったり、ジンマシンが出たというケースがあります。対応策としては、日本の常備薬を用意しておくか、よく使う薬は商品名ではなく、成分名で覚えておくことが必要です。成分が解っていれば、それを薬剤師に伝えて適した薬を購入できるからです。 ある薬剤師が言っていました。「日本人の方は『風邪をひいたから薬を下さい』だけですが、風邪といってもそれに対応できる薬は沢山あります。症状をちゃんと把握せずに、薬局に駆け込めば何とかなると思っている方が大変多いように思います。外国(タイ)で暮らしているわけですから、自分の身は自分で守るという意識を持って欲しいです。ご自分が普段飲んでいる薬の成分は何なのか、認識が不足していますね。」確かにその通りだと思いました。