歴代 TOP紙面

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

タイのゲーム事情 ゲーム機ソフト編

072

コピー商品・改造は粗悪品多し! 正規品が一番です

 この時期、クリスマスプレゼントを買われる方も多いと思います。バッグや時計といったプレゼントにふさわしい品物はいろいろありますが、中にはお子様や友人へゲーム機器やソフトをプレゼントされる方もいらっしゃるのではないかということで今回はタイのゲーム事情をお届け致します。MBKの3~4階で見られるようなゲーム機器店が集まっている場所で販売されているゲームソフトのほとんどはコピー商品です。タイでは正規品よりもコピー商品が主流になっていて、店頭で堂々と売られている様子は日本から初めて来られた方にはびっくりされる風景かもしれません。特にマニアに有名なのは、中華街・ヤワラー通りの西方、鉄骨とトタン屋根で作られたバラックが集まる場所に、タイの秋葉原とも言われる「サパーンレック市場」です。ゲーム機器やソフトを売る店がひしめきあう、この市場へ行ってきました。シャッターが下りているブースもチラホラありますが、ゲーム専門店だけではなく、フィギュア、エアガン、ラジコン等を取り扱っている小さいおもちゃ屋もたくさんあります。こういうアイテムが好きな方には見ているだけでも楽しい場所かもしれません。また、MBKのようなメジャーな所に比べるとローカル色がとても強い場所なので、日本語や英語を頼りに交渉して買い物をするのは少し難しいかもしれません。それと「写真は撮らない方がいいよ」いうアドバイスがありましたので、現地へ行かれた際にはご注意を。 あるゲーム店の店員さんに話を聞いてみました。タイでは正規品よりもコピー商品が主流であることについて訊ねてみると「タイの庶民はあまりお金ないから、とにかく安く遊べるのが重要なんだよ。ゲーム機本体もソフトも高価な正規品はタイでは需要が少ないよ」との事でした。ちなみにプレイステーション3(以下PS3)の改造は出来ないため、この市場でもPS3のゲームソフトだけは少数ながら正規品が販売されていました。
 先日、知り合いがサパーンレック市場でX-BOXを購入しました。X-BOXとPS3では同じゲームタイトルが販売されていることが多く、知人はコピーソフトが安く購入できるX-BOXを買う事にしました。お店に行き、まずは正規品のX-BOXを購入すると、店員が「改造するから少し待ってて」と箱から本体を取り出し、市場の何処かにゲーム機を改造する職人がいるようで、そこに持って行って改造を施したらしく、30分程で戻ってきて本体を元の箱に戻し「これでちゃんと遊べるよ!」と、お店でのやりとりが終了。自宅へ戻り早速ゲームをして数時間程使ったところ、本体が異常な熱を帯び、そのまま電源が落ちて壊れてしまったそうです。いくらなんでもこれはないだろうということで翌週の日曜日に保証書を持参し、購入したお店で事情を説明して新品と交換してくれと交渉したところ、「新品に交換するのはダメだけれども修理ならする。今日は日曜で修理屋が休みだから、明日また来て」とのこと。しかし自宅からこの市場まではとても遠いし、また来るのは嫌なので「千バーツ払うから交換してほしい」とお願いすると、店員も悩んだ末、渋々納得して新品に交換してくれたそうです。しかし、新しい方も改造の影響のためか、やはり本体が熱くなってくるので使用時間は連続1時間程度にしているそうで、最初から正規品を買うべきだったと悔やんでいました。こうした初期不良や返品・交換のリスクを考えると、エンポリアムの様なアフターサービスが良さそうな場所で購入するのがタイでは大切なことかもしれませんね。
 サパーンレック市場では店舗の入れ替わりが頻繁で、保証書をもらってもお店がなくなっているケースもあるようです。違法だからコピー商品を購入しないだけではなく、正規品であればトラブルも滅多に起きませんし、万一の場合でも対応がスムーズです。安いからといってコピーソフトを購入してみたら起動しない粗悪品だったことも珍しくありません。特に誕生日のお祝いやクリスマスプレゼントのゲームが最初から起動しないなんて、子供にとってはとても悲しい思い出になってしまいます。また、制作会社も頑張って良質なゲームを製作して収益を得ていることも念頭に入れてください。ちなみに、3DSのようにリージョンコード(使える地域を限定する仕様)を採用している製品の場合、タイで買った欧米向けの3DSでは日本で買ったゲームソフトが起動しません。日本からのお土産でゲームソフトを頂いた場合にはご注意下さい。   (編集部・Y)