歴代 TOP紙面

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

人間を最も多く殺している生き物

090

日本でも感染拡大中のデング熱 凶悪カタツムリにも要注意

 「人間を襲う生き物は?」と質問されて、まず思いつくのはサメやライオン、毒ヘビといった野生動物かもしれませんが、実は人間を最も多く殺している生き物は「蚊」です。南極大陸を除く世界のありとあらゆる地域に、2500種類を超える蚊が生息しており、年間70万人以上の人が蚊に刺されたことからマラリアやデング熱など感染症にかかり命を失っています。従って「蚊」こそが人間を最も多く殺している生き物だといえます。人は蚊に刺された時に痛みを感じることはないため、気付かれることなく蚊は血を吸うことができるのですが、皮膚を突き刺すときに血が固まるのを防ぐ役目がある唾液を先に注入します。蚊の唾液にはかゆみを引き起こす成分がありますが、問題になるのは、蚊の唾液に含まれているウィルスやマラリアなどの原虫が人の体内に侵入し、様々な疾患を引き起こす事です。
 現在、日本国内でおよそ70年ぶりにデング熱が発生し、数十人の感染者が確認されていますが、この「デング熱」とは、デングウイルスを保有した小型のヤブ蚊(ネッタイシマカ、ヒトスジシマカ)に刺されて感染するウイルス性の疾患で、東南アジアや南アジア、中南米諸国に多く感染地域は中国南部、南太平洋諸島、アフリカにも拡大しています。
 デング熱患者は過去30年間で劇的に増加し、世界では年間約1億人の患者数と推定され、特に抵抗力の少ない子どもが命を落としています。デング熱に対抗するワクチンの開発が進められているものの、予防する薬はまだありません。従って、有効な対策は「蚊に刺されないこと」のみというわけです。タイは今、雨季の真っ最中です。毎年のように雨季になるとデング熱が発生し、今年も死者が出ています。媒介する蚊はバケツや古タイヤの水たまりなど、どこでも大量に発生しています。くれぐれも蚊に刺されないようにしましょう。それが唯一の予防法です。
 そしてタイでもうひとつ気を付けなければならない生き物がいます。今の季節には、雨上がりの庭や建物の壁に大きなカタツムリを目にすることがあります。タイのカタツムリは日本の平形と違って、巻貝のような殻を持っています。カタツムリをタイ語で「ホイ(貝)・ターク(ヒル)」と云い、タイ全土いたるところで見られますが、品種はアフリカマイマイで、東アフリカのサバンナが原産の世界最大種の陸産巻貝、全長が20㎝にもなるといわれる巨大カタツムリが原型です。先日、庭で発見したカタツムリは体長が10㎝ほどで、つまみあげてみたらズッシリと重く、タイではちょうど今が繁殖期。連日の雨で活発になり、庭の草木を食べに出てきたのでしょう。ところが、これは大変に危険なカタツムリなのです。広東住血線虫という寄生虫を持っており、触るどころか地面を這った跡に触れただけでも皮膚感染することがあります。人の体内に入った寄生虫は中枢神経を好み、髄膜炎や脳炎を引き起こして死に至らしめ、近年もこのカタツムリを手遊びしたタイ人が後に脳を食い荒らされて死亡しており、その危険度のために植物防疫法により有害動物指定として、世界各国でも要注意外来生物として持ち込みが厳禁されているほどの厄介者なのです。
 つまみあげてしまった私も感染の恐れが無いとはいえず、すぐに薬用石鹸で手を洗いました。コンドミニアムの植え込みや、通りの樹木の下に発見した場合、子供さんには絶対に触らせないように。特に手や腕に傷や蚊に刺された跡があると、そこから簡単に寄生虫が入り込むので要注意です。木材やコンクリートまで食べるほど食欲が非常に旺盛で、大好物のビールを皿に入れて地面に置いておけば集まってくるので捕まえてみたい方はお試しを。その際はくれぐれも触れないように!