歴代 TOP紙面

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

Mr.トランプ勝利の方程式

捨て身の戦術。諸葛亮孔明に匹敵する軍師がいた。

 米大統領選のトランプ勝利に、各メディアの「世紀の番狂わせ」、「信じられぬ結末」という見出しが躍った。私も本紙5月1日号の『大自在』欄でトランプ氏を擁護しながらも、「大統領になることはないだろう」と書いた。しかし、選挙戦が進み、9月にはトランプの勝利を確信した。米大統領の必須条件ともいえる「公職または軍経験」もないトランプが指名候補争いで快進撃し、クリントンとの一騎打ちが決まった時点で既にトランプの優勢は揺るぎないと思ったのである。大富豪ではあるが「不動産屋のオヤジ」に過ぎないトランプ。かたや、名門ウェルズリー大学院を卒後、上院議員を経て過去の米大統領選で40年の選挙活動経験があり、第42代大統領ビル・クリントンの夫人としてファーストレディを8年間も務め、オバマに大統領指名選で僅差で敗れるものの、国務長官として現在に至るヒラリー・クリントン。まさに純血サラブレッドであり、元大統領である夫ビル・クリントンから大統領選を戦うノウハウも受け継いで選挙活動を知り尽くしている。誰がどう見ても最強無比の敵であり、勝つ見込みは無い。

 それでもトランプは勝てるはずのない大統領選に挑んだ。そもそも、トランプはあくせく働く必要のない人間である。今後一生、楽して暮らせる資産を持っている。大統領になるのは忙しくなるし、命も狙われるだろうし、政策が失敗すれば責任を問われるし、全てがリスクでしかない。指名候補争いの時点では売名行為に過ぎなかった。とりあえず名前を売っておいて自分のビジネスに生かそうという腹なので周りのことや評価など、どうでもよい。典型的な泡沫候補である。そして「メキシコ人は麻薬狂いのレイプ犯だ」と決めつけ、「国境に万里の長城を築く」と公言し、ライバル候補を「ばか」「まぬけ」と罵って相手の携帯電話番号を晒して「じゃんじゃん嫌がらせ電話をしよう!」と呼びかけ、演説中にヤジを飛ばした聴衆に向かって中指を立てる。さらには「小汚い子供より俺を助けろ!金ならいくらでもやるぞ」、「妊娠中絶をした女性は罰せられるべきだ」などと言いたい放題を重ねた。これに一般庶民は「おっ、トランプはなかなか面白い奴じゃないか」と感応した。この辺りでトランプには策謀に長けた知恵者が付いた。いわゆる「軍師」である。実力者クリントンに、生半可な戦術では絶対に勝てない。従来、選挙に臨む候補者は当たり障りのない公約を掲げて清廉潔白な人物を演ずるが、今回の選挙は怪物クリントンが相手である。建前では勝てない。必勝法はただ一つ。「奇策」である。

 世界史にも例がある。勝てない相手には奇策を用いる事だ。「三国志」で曹操が率いる83万の大軍に、わずか数万の孫権・劉備連合軍は奇策「火計」を用いて勝利した。ベトナム戦争では土民のベトコンが圧倒的軍事力のアメリカに勝利した。そして現在、暴言方言で「キャラ立ち」したトランプは、クリントン撃破の最終兵器を用いたのである。それは何か。

 既に、同じ民主党のサンダース相手に防戦一方のクリントンに、サンダースより攻撃力のあるトランプが「お前は特権階級、大企業の手先だ」と攻撃すれば、クリントンは持ちこたえられない状況まで来ていた。莫大な費用がかかる選挙戦において、本命のクリントンや他の候補者と違って、スポンサーや支援者がいなくても独力で戦えるだけの財力があるトランプは、スポンサーに気兼ねすることがなく言葉を飾らずにシンプルに正論を言える。これがトランプの最も強い部分である。マスコミはトランプの演説を「暴言」と評したが、よくみるがいい。全て理に叶った正論である。

 メディアの殆どを抱き込んでいるクリントンは、TV討論で世論を傾けようとしたが、これぞトランプの思うツボだった。中傷と罵り合いに引きずり込まれる。即ち、清廉潔白だったはずのクリントンが「暴言トランプ」と同じ土俵に、同じ次元に立たされたのである。ここでトランプの勝利が確定したと言ってよい。CNNが世論調査で「支持者90%」とした捏造も空しく、クリントンは捨て身の戦術に敗れ去ったのである。

 オバマは趣味のゴルフが大統領就任以来200ラウンドを軽く超えている。前任者ブッシュの8倍のペースだ。政務を顧みず、ゴルフ三昧の結果が「弱体したアメリカ」だ。庶民はよく見ている。