歴代 TOP紙面

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

泰国へようこそ「食事編」

国が違えば食べ方も違う!タイの常識は日本の非常識?

 前号に続き、新しくタイに来られた方たちに日本との違いのご紹介として、今回は「食事編」です。タイで初めて暮らす中で、習慣や文化の面で日本との違いに驚くことが多々あるでしょうが、国が違えば考え方も風習も違います。タイ国への理解の一端になれば幸いです。

 タイ料理は《辛い》という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか。辛いものに接する機会が少ない日本人として思いつくのは、カレー、キムチ、七味唐辛子、タバスコくらいでしょう。タイ人の多くは日常的に辛いものを食べ慣れていて、「辛くないと美味しくない」と云いますが、本来、辛さは調味として料理のアクセントであり、辛さ自体が美味しさの基準になっているタイ人の味覚に日本との違いがあります。

 タイの名物「トムヤムクン」などを外国人や旅行者向けにマイルドな辛さで出している店もありますが、本当に辛いものを体験したい時は、ローカルな屋台で海鮮サラダ「ヤムウンセン」を試してみましょう。涙と鼻水が止まらず、口に激痛が走るほどの辛さがタイに居ることを実感させます。タイでコーラが定着しているのは、激辛を押さえる目的もあるようです。

 時々、タイ人が「お腹が痛い」といって仕事を休むのは辛いものを食べすぎたから。それでも辛いものが大好きなのです。ちなみに上流家庭のタイ人は、東北部の定番サラダ「ソムタム」は食べません。食べ物にも明確な階級分けができているタイ社会の側面でもあります。辛くないタイ料理もあります。屋台で売っている焼き鳥(ガイヤーン)や、焼き飯(カオパット)、肉団子や麺類は百円程度で一食まかなえる位の安さもあり、味も日本人向きのメニューです。タイ式ラーメンの「クイティアオ」は数々の調味料で自分好みの味付けをして食べますが、時折「ハッ!」とするほど美味しいスープに出会うことがあります。日本と違うのは、調味料を入れて具と一緒にグシャグシャに混ぜてから食べることで、日本式のラーメン店でこの食べ方と、麺をスプーンに乗せて口に運んでいるタイ人は日本料理店の経験が浅いと思って間違いありません。普通のタイ料理ばかりでなく、昆虫類を並べている屋台もあって日本人女性はかなりヒキますが、残念ながらどんな屋台も衛生面では万全とはいえません。母親が屋台で買ってきた「おかゆ」を食べた日本人の子供が食中毒で入院した例がありますが、店は営業停止にもならず、補償もないのがタイの常識のひとつでもあります。

 家庭で料理を作る場合の食材に関しては、この10年ほどでかなり便利になりました。何といっても日系の「フジスーパー」さんのおかげかと思います。日本米や野菜果物、肉類魚介類はじめ、お菓子や飲み物など、日本人向けの食品の取り揃えが非常に充実しています。アイスのガリガリ君や本物の烏龍茶、ポカリスエット、お餅まで売っているので重宝します。他に「マックスバリュ」もありますが、ハングル文字の即席ラーメンを異常に並べてあるので私はあまり行きません。

 外食に関しては、日本食の店がたくさんあり、寿司、焼肉、ラーメンの業種は特に出店ラッシュが続いています。どの店も料理に遜色がなく、一昔のように、電子レンジで刺身を解凍して湯気が出ているのが来た。とか、ご飯にゴキブリが入っていたので苦情を申し立てたら「10%引いておきます」と、あっさり言われた。とか、ラーメンにゴキブリの足が入っていたので苦情を申し立てたら「本体はどこだろう?」と考え込んでいた。またもやゴキブリが入っていたので苦情を申し立てたら「全部取ったはずなんですけどねェ」と言われた。などということはなくなったようです。しかし、店主(日本人)が勝手に隣に座って「経営が苦しいんですよね」とか暗い顔で話し始めることもあり、タイならではの人間模様が体験できたりします。最も日本と違うのは「お水は無料ではない」ことで、多くの店で料金が発生するのは心に留めおき下さい。