歴代 TOP紙面

No.181|2018年07月01日号

No.180|2018年06月15日号

No.179|2018年06月01日号

No.178|2018年05月15日号

No.177|2018年05月01日号

No.176|2018年04月15日号

No.175|2018年04月01日号

No.174|2018年03月15日号

No.173|2018年03月01日号

No.172|2018年02月15日号

No.171|2018年02月01日号

No.170|2018年01月15日号

No.168|2017年12月15日号

No.167|2017年12月01日号

No.166|2017年11月15日号

No.165|2017年11月01日号

No.164|2017年10月15日号

No.163|2017年10月01日号

No.162|2017年09月15日号

No.160|2017年08月15日号

No.159|2017年08月01日号

No.158|2017年07月15日号

No.157|2017年07月01日号

No.156|2017年06月15日号

No.155|2017年06月01日号

No.154|2017年05月15日号

No.153|2017年05月01日号

No.152|2017年04月15日号

No.151|2017年04月01日号

No.150|2017年03月15日号

No.149|2017年03月01日号

No.148|2017年02月15日号

No.147|2017年02月01日号

No.146|2017年01月15日号

No.145|2017年01月01日号

No.144|2016年12月15日号

No.143|2016年12月01日号

No.142|2016年11月15日号

No.141|2016年11月01日号

No.140|2016年10月15日号

No.139|2016年10月01日号

No.138|2016年09月15日号

No.137|2016年09月01日号

No.136|2016年08月15日号

No.135|2016年08月01日号

No.134|2016年07月15日号

No.105|2015年05月01日号

No.104|2015年04月15日号

No.103|2015年04月01日号

No.102|2015年03月15日号

No.101|2015年03月01日号

No.100|2015年02月15日号

No.099|2015年02月01日号

No.098|2015年01月15日号

No.097|2015年01月01日号

No.096|2014年12月15日号

No.095|2014年12月01日号

No.094|2014年11月15日号

No.093|2014年11月01日号

No.092|2014年10月15日号

No.091|2014年10月01日号

No.090|2014年09月15日号

No.089|2014年09月01日号

No.088|2014年08月15日号

No.087|2014年08月01日号

No.086|2014年07月15日号

No.085|2014年07月01日号

No.084|2014年06月15日号

No.083|2014年06月01日号

No.082|2014年05月15日号

No.081|2014年05月01日号

No.080|2014年04月15日号

No.079|2014年04月01日号

No.078|2014年03月15日号

No.077|2014年03月01日号

No.076|2014年02月15日号

No.075|2014年02月01日号

No.073|2014年01月01日号

No.074|2014年01月15日号

No.072|2013年12月15日号

No.071|2013年12月01日号

No.070|2013年11月15日号

No.069|2013年11月01日号

No.068|2013年10月15日号

No.067|2013年10月01日号

No.066|2013年09月15日号

No.065|2013年09月01日号

No.064|2013年08月15日号

No.063|2013年08月01日号

No.062|2013年07月15日号

No.061|2013年07月01日号

No.060|2013年06月15日号

No.059|2013年06月01日号

No.058|2013年05月15日号

No.057|2013年05月01日号

No.056|2013年04月15日号

No.055|2013年04月01日号

No.054|2013年03月15日号

No.053|2013年03月01日号

No.052|2013年02月15日号

No.051|2013年02月01日号

No.050|2013年01月15日号

No.049|2013年01月01日号

No.048|2012年12月15日号

No.047|2012年12月01日号

No.046|2012年11月15日号

No.045|2012年11月01日号

No.044|2012年10月15日号

No.043|2012年10月01日号

No.042|2012年09月15日号

No.041|2012年09月01日号

No.040|2012年08月15日号

No.039|2012年08月01日号

No.038|2012年07月15日号

No.037|2012年07月01日号

No.036|2012年06月15日号

No.035|2012年06月01日号

No.034|2012年05月15日号

No.033|2012年05月01日号

No.032|2012年04月15日号

No.031|2012年04月01日号

No.030|2012年03月15日号

No.029|2012年03月01日号

No.028|2012年02月15日号

No.027|2012年02月01日号

No.026|2012年01月15日号

No.025|2012年01月01日号

No.024|2011年12月15日号

No.023|2011年12月01日号

No.022|2011年11月15日号

No.021|2011年11月01日号

No.020|2011年10月16日号

No.019|2011年10月01日号

No.018|2011年09月15日号

No.017|2011年09月01日号

No.016|2011年08月15日号

No.015|2011年08月01日号

No.014|2011年07月15日号

No.013|2011年07月01日号

No.012|2011年06月15日号

No.011|2011年06月01日号

No.010|2011年05月15日号

No.009|2011年05月01日号

No.008|2011年04月15日号

No.007|2011年04月01日号

No.006|2011年03月15日号

No.005|2011年03月01日号

No.004|2011年02月15日号

No.003|2011年02月01日号

No.002|2011年01月15日号

No.001|2011年01月01日号

もう韓国を悪く書けない(?)

支離滅裂な抗議電話。忖度して一年間も書いていませんが…

 変な電話が来た。「バンコクライフは韓国のことを悪くいう記事ばかり書いているが、私も子供も傷ついた。タイには韓国系の企業もあり、そこで働いている人も大勢いる。こういう媒体を人が集まる所に置くのはやめて欲しい」という内容である。「韓国人の方ですか?」とわざわざ訊いてみたら、「日本人です!」ときっぱり言い切った。まともな日本人ならこんなクレームはつけない。自らの主張ではなく、子供や他の人を引き合いに出すのも、韓国人の特質でもある。中国や朝鮮系に浸されている全国紙では書かないことをとりあげて、より多くの日本人の方に知って頂くのが本紙のスタンスです、ということを告げると、「あ~それなら掲載している広告主に言います。困るでしょ?」とドヤ声で返してきた。やっぱり、韓国人の言い草である。本紙掲載の広告は金銭ではなく、信頼関係で繋がっており、掲載にあたっての審査基準は事業主さんの人間性を最も重んじる。故に業界では一番厳しいはずだ。通報されようが一笑に付されるだけで何も困りはしないのだ。金や朴のくせに日本人の姓名を名乗り(通名)、日本語もペラペラどころか母国語である韓国語が話せない韓国人をこれまで何人も見てきた。悪いことをする時には、自分は日本人だと嘘をつく韓国人も大勢いる。本紙の読者はあくまでも純粋な日本人の方々であり、なりすまし日本人(おかしな某国人)には読んで頂かなくて結構なのである。

 こういう時こそ、朝日新聞のように『表現の自由!報道の自由!』と開き直ればよいのかもしれないが、あいにく本紙では事実しか書かない。捏造や誤報などというものには縁がないのである。韓国の事を悪く書いたと感じるのは、受け取る側の問題でしかない。事実とは「真実」であり、唯一無二のものである。悪かろうが良かろうが関係ないのだ。

 本紙はこれまでに韓国の悪行を何度か取りあげてきた。それらのほとんどは日本のマスコミが報道しない知られざる事件の真実である。例えばリッパード在韓米国大使の襲撃事件、日本の高校生が修学旅行先の韓国で強制された土下座事件と集団食中毒、歴代大統領で一族含めて不正が全く無かった者がいない異常国家、受験からスポーツ大会に至るまで不正だらけ。もっと書けば1年丸ごと韓国特集になってしまうのだが、お気づきだろうか?昨年から1年間、韓国についての記事は一切書いていないのである。あまりにも問題が多くて面倒になったのもあるが、現在の日本人の劣化ぶりを見ると決して韓国のことを悪くいえない、謙虚な気持があったからである。

 クレーム電話をよこした方はそこに気が付いていないのか。1年間も韓国について触れていないのは私が「忖度?」したからだと受け取れないのか。

 放置されて冷え切ったお茶を飲み、忘れた頃に「この前までこのお茶は熱すぎたぞ!」と言いがかりをつけて騒ぐような、ここまで度外れた愚かな人間に出会うのも人生では稀なのだが、さすがはバックミラーだけ見ながら走る人たち、恨みは千年後も消えないと泡吹き叫ぶ異形の人である。 日本の古代人による証言がある。日本書紀に表す推古天皇による記述だ。-「百済は裏切りの多い国だ。道の間すら尚も欺く。彼らの言葉は信用できない (現代語訳)」

 中国の正史・宋書には『朝鮮民族は極めて猜疑心が強く、恨み言を常に抱き、陰謀詐術を得意としている。上国にはおもねるが下国と見なすと非礼を重ねる」と記されている。

 訪韓したローマ法王は、非礼の限りに激怒して「韓国人は霊的に生まれ変わるがよい」と言った。転生を認めないカトリックにとって、それは「一度死に絶えるとよい」という意味なのである。

 反日を是とし親日を罪とする。自国の問題点を省みず、子供に反日教育を施す国は同盟国でも味方でもない。「約束はしたが、それを守るとは言っていない」と嘯く韓国。良識ある日本人の方々はどう思うか。