Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

入れ歯は完成した時が治療の終わりではありません。調整の始まり。

 「他院でインプラントをしているところだけど、わからない事があって不安。」と言う患者さんから電話相談がありました。インプラントや抜歯の不安の事はいつもながらの事で。ネットで調べるとインプラントすると高い率でトラブルを起こしている様なので不安なのだそうです。日本語のサイトではかなり怖い例がたくさん挙げられているみたいです。でもこんな事は日本だけじゃないかと思っています。インプラントに限らず、歯科治療全般、ちゃんと教科書やマニュアルの手順通りにやらずにトラブルを起こすというのはおそらく日本だけですから。虫歯菌に感染した所を削って埋めるだけの治療でも数年したら外れる、充填物の周囲の歯質が欠ける、なんて当院に来られる患者さんの定番の症状と言っていい程です。
 インプラントという治療が問題ではなく日本の治療レベルの問題です。以前お書きした事に重複しますが、アメリカでは神経の治療する位なら抜歯してインプラントにしようという流れもある程です。アメリカでの神経の治療は日本人が驚くほど高い料金ですから、金額的な面からもこういった流れがあるのでしょうけれど。アメリカのような訴訟大国で安易な理由でインプラント治療を行ったりすれば訴訟の対象になります。日本語のサイトで言われている程トラブルの多い治療であればアメリカの歯医者さんは怖くてできないはずです。ましてインプラント以外の処置で対処可能な症例まで行うという事実が安全性や確実性を表していると思いますが。
 今回はインプラントの事ではありません。本題に入る前に長くなってしまいました。この患者さんは歯を抜いたところだそうです。そしてインプラント処置の間、とりあえずの入れ歯を入れてしのいでいるそうですが、この入れ歯が痛くて使い物にならないと嘆いておられました。ここで私は「すぐにでも今掛かっている歯科医院に連絡して、入れ歯が痛くて困っているので受診したい。」と申し出てくださいとアドバイスしました。そして実際に受診されて痛みもなく使えるようになったと喜ばれていました。入れ歯というのは非常にトラブルの多い人工臓器と思ってください。歯科医院で完成した入れ歯の噛み合わせ調整をしてもらって「これでいいかな。」とその場で思っていても、家に帰ってご飯を食べてみると痛くて噛めないという事は起こりうる事です。食事で問題なくとも喋り辛いという事も起こりうる事です。人工の歯の色、形が気に入らないという事もあるかもしれません。入れ歯が一発でOKとなるのは奇跡に近い位と思って頂いた方がいいと思います。私の大学の入れ歯の教授が授業で「入れ歯は出来上がったところでお終いと思うなよ。」と言われた事がとても印象深く残っています。教授は入れ歯を山登りに例えれば、入れ歯が出来上がって、患者さんから指摘される問題点などを少しずつ対処していって頂上を目指すと思えと。頂上に辿り着く事はありえません。頂上とは患者さんの歯のあった時の状態なので、入れ歯で頂上に辿り着く事はありえません。こんな事は私以外の歯医者さんは全員認識している事のはずです。ですから、入れ歯ができてから不具合があれば遠慮する事はありません。歯科医院に連絡を入れて調整してもらうべきです。ほんの少しの調整で嘘みたいに快適になる事は珍しい事ではありません。どうも一部の患者さん、特に今まで入れ歯の経験の無い人は入れ歯が完成した時点でおしまいと思っている人が少なくない様です。入れ歯の完成は治療の終わりを意味しません。入れ歯の調整の始まり位に思ってください。タイでは幸い、完成後の調整の費用は掛からない所が普通なはずです。また予約を取る事を嫌がる事も無いはずです。むしろ問題があれば解決させてもらいたいと思っている歯医者さんがほとんどだと思います。自分が手がけた物が「痛いから」という理由で使われない事の方が悲しいと感じるはずです。日本の保険治療では入れ歯は赤字診療の代名詞みたいなものですから、完成後の調整を疎ましく感じている歯医者さんはいます。赤字だから制作手順を省略して作る。そして不具合のある入れ歯になって、少々の調整では対処できない。「保険診療はこんなものだ。」と居直る歯医者さんも残念ながらいます。20年ほど前に京都大学の経済学部の先生が、「診療報酬をいくらにすれば満足される入れ歯ができるか」というテーマをNHKでやっておられました。使う材料は保険の材料でこの“調整”をきっちり行えばという前提で試算した額が、総入れ歯1床で15万円という事でした。当然、教科書的な手順は踏んで作られています。という事は(15万円-保険診療費)が医院の赤字という事です。これが日本の悲しい現実で、だから入れ歯難民が数多くいらっしゃいます。ですから完成後の調整に期待できないと思っている人もいらっしゃるでしょうけれど、日本以外ではそんな事はありません。少なくともタイでは期待して頂いていいと思います。