Dr.久米の歯科コラム

Vol,85-(No.105) 歯医者に“遠慮”って?

Vol,84-(No.104) 医者とのいい関係 ②

Vol,83-(No.103) 医者とのいい関係

Vol,82-(No.102) 歯並びについて

Vol,81-(No.101) 読者プレゼント

Vol,80-(No.100) 謙虚になること

Vol,79-(No.99) 日本の歯科治療と日本文化

Vol,78-(No.98) 日本の歯科は遅れている

Vol,77-(No.97) インレー

Vol,76-(No.96) 上顎洞炎

Vol,75-(No.95) キッズデンタルパーク

Vol,74-(No.94) ワシントンの歯の苦労

Vol,73-(No.93) 口腔癌

Vol,72-(No.92) シュミテクト

Vol,71-(No.91) 感謝の気持ち

Vol,70-(No.90) 虫歯の原因って…

Vol,69-(No.89) 痛みなんかで…

Vol,68-(No.88) ご自分の歯の模型と治療記録

Vol,67-(No.87) インプラント

Vol,66-(No.86) ちょっと怖い歯周病があります

Vol,65-(No.85) タイのデンタルフェスタにて

Vol,64-(No.84) 歯の掃除って何回にも…

Vol,63-(No.83) 日本の歯科って…

Vol,62-(No.82) 子供1人産むと歯を1本失う

Vol,61-(No.81) ソンクラーンは情報収集

Vol,60-(No.80) 問診って大切です!

Vol,59-(No.79) 3D技術で顔面修復

Vol,58-(No.78) 電 話

Vol,57-(No.77) クリント・イーストウッドは…

Vol,56-(No.76) マウスピース

Vol,55-(No.75) ユマニチュード

Vol,54-(No.74) 帰国のシーズンです

Vol.53-(No.73) 入れ歯は完成した時が…

Vol,52-(No.72) タバコ

Vol,51-(No.71) いびき

Vol,50-(No.70) 民間の保険

Vol,49-(No.69) 子供の歯周病

Vol,48-(No.68) 道具を一つ増やしてみませんか

Vol,47-(No.67) 日本はすぐに神経をとる

Vol,46-(No.66) タイはすぐに歯を抜く

Vol,45-(No.65) リベース

Vol,44-(No.64) 女優さんと歯

Vol,43-(No.63) 日本で使われている…

Vol,42-(No.62) やはり知っておくべきです

Vol,41-(No.61) お医者さんに病名を言って…

Vol,40-(No.60) 下顎安静位

Vol,39-(No.59) 人生の流れで歯の事…

Vol,38-(No.58) 文化程度と歯の健康度

Vol,37-(No.57) ブリーチングは…

Vol,36-(No.56) 3Dプリンター

Vol,35-(No.55) ひどいニュースに…

Vol,34-(No.54) 過去のコラムをメールで…

Vol,33-(No.53) 医学知識がないと…

Vol,32-(No.52) 歯磨き後の口は…

Vol,31-(No.51) ステイン

Vol,30-(No.50) フロスと歯間ブラシ

Vol,29-(No.49) ピアスがあるから…

Vol,28-(No.48) 歯ぎしり

Vol,27-(No.47) 問 診

Vol,26-(No.46) ブリーチング

Vol,25-(No.45) アソアライナー

Vol,24-(No.44) 日本人は歯の健康状態が…

Vol,23-(No.43) 予約について

Vol,22-(No.42) ミニインプラント

Vol,21-(No.41) 乳歯でアンチエイジング

Vol,20-(No.40) 牛乳からつくった虫歯修復材

Vol,19-(No.39) フッ素のうがい薬

Vol,18-(No.38) うがい薬

Vol,17-(No.37) ペングリップ

Vol,16-(No.36) 電動歯ブラシってどうですか?

Vol,15-(No.35) ハミガキ

Vol,14-(No.34) 歯科の世界も国際化

Vol,13-(No.33) 前歯のコンプレックス

Vol,12-(No.32) 歯周内科

Vol,11-(No.31) 金属アレルギー

Vol,10-(No.30) スマイル入れ歯

Vol,9-(No.29) 入れ歯

Vol,8-(No.28) 歯の色の素材いろいろ

Vol,7-(No.27) 日本人は歯にたいしての…

Vol,6-(No.26) カスタマーとクライアント

Vol,5-(No.25) お得情報

Vol,4-(No.24) 丁寧にしっかりと…

Vol,3-(No.23) タイの歯医者さんと日本の…

Vol,2-(No.22) タイでも使える日本の…

Vol,1-(No.21) 話題になったコラムが…

3D技術で顔面修復

 『3D技術で顔面修復=バイク事故の男性手術―英』【ロンドンAFP時事】というニュースが先日ありました。バイク事故で顔を損傷した英国の男性が、3次元(3D)プリントの技術を駆使した顔面の再建手術を受けたということです。事故後は帽子とメガネで顔を隠してコソコソしていたのが、3Dプリンターのおかげで事故前とほとんど同じ顔になって「人生が変わった」と満足しているとのことです。          
 昨年、私がここで3Dプリンターが個人で買える値段にまで落ちてきたので歯科の世界でもこの技術で素敵なことが起こるのではないかと書きました。すぐに思いついたのは入れ歯の患者さんで「入れ歯が壊れたので修理したい。」というご要望があった時です。長く使えるような修理をするには技工所に送らなければならない。そうなると入れ歯をお預かりすることになるので数日間、患者さんは入れ歯なしで暮らさなければなりません。奥歯だけの入れ歯ならともかく前歯を含んだ入れ歯であれば数日間入れ歯なしという訳にもいきません。どれ位の間使えるかということよりも今必要です。その場で修理ができないかというと、出来ないこともありません。ただし、あまりいい“修理”はできません。すぐに使えるようにしてもらえるのは患者さんにとってはありがたいことですが、ありがたいのはその時だけです。近い将来に同じことが起こる可能性は大です。それならそのXデーのためにもう1つ入れ歯を作っておくかとなります。とりあえずの修理と新しく作る2つの工程の始まりです。入れ歯をされている方であれば頷かれる話だと思います。
 実は日本の歯科医師はこの“とりあえず”の処置は得意です。しょっちゅうやっていますから。タイの先生は教科書的な治療ということであればけっして日本の歯科医師に劣るものではありませんが、この“とりあえず”の処置となると個人差が多々あるでしょう。“とりあえず”なので教科書的なものではないからです。よく「預からせて下さい」と言われるようです。そんな日本とタイの比較ではなく、壊れるともう一度作り直すことになる可能性が高いケースですが、3Dプリンターが実用になれば元の入れ歯のコピーを3Dプリンターで作ってしまえば、数日間3Dプリンター製の入れ歯で過ごすことが出来るようになります。そうすれば“とりあえず”の修理は不必要となります。そして修理された入れ歯も技工所で作られている新品に近い状態で返ってきます。はるかにエレガントです。
 入れ歯は壊れると“とりあえず”の修理と新しいものをもう一度作ると書きましたが、日本での実際は“とりあえず”の修理で終わってしまうのがほとんどです。新しく作るかどうかは患者さんの合意があって始められることなので「新しく作るのは今度でいいです。今日は修理だけ。」と言われることが多くあります。“とりあえず”の修理ですから近い将来にまた壊れます。そしてまた修理だけ。これを繰り返します。入れ歯が壊れたという“とりあえず”が何度も修理を重ねているので破切線が多数あり、そこに足したプラスティック(正確にはレジン)の色は微妙に違い、見た目にも美しいとは言えません。入れ歯以外だと前歯のクラウンの修理です。日本で作られたほとんどの前歯のクラウンは、表面は歯の色調のレジンかポーセレンの素材で内面には金属フレームがあります。このレジンあるいはポーセレンが金属面から剥がれるということがあります。1週間前もこのケースの患者さんがいらしてやはり“とりあえず”の処置を希望されました。1回壊れたぐらいだとやり直す気にならないようですね。4,5回壊れてえらい目にあうとやっと作り直しを検討されるというところでしょうか。
 こんな時も3Dプリンターで“とりあえず”のものをお作りすれば喜ばれると思います。クラウンなら3Dプリンターなしでも出来ますが。3本も4本もつながっているような場合は3Dプリンターを使ったほうが早く、そしてキレイに出来上がるはずです。交通事故で顔の修復をするのは皮膚の内側に埋め込むものを3Dプリンターで作ったはずですが、素材の生態安定性は簡単ではなかったと思います。薬事の認可を受けるのにも時間がかかったはずです。それに対して入れ歯のように体の内部に入るのではなく歯茎に接しているだけの素材のほうが開発も簡単だし薬事の承認も楽だと思います。ですから3Dプリンターの最初の採用が歯科でなく美容外科だったのが私は驚きでした。美容外科だと患者さんも納得して高い費用を受け入れてくれますが、入れ歯だと高い費用は受け入れられないのでマーケットとして魅力がないせいかもしれません。とはいえその可能性は非常に大きいのでいずれ歯科でも始まるはずです。PCの価格の下落以上に安くなることが強力に推し進められるはずです。しかしそうなっても日本の保険では採用されないかもしれません。なにせ日本の歯科治療といえば30年間素材からたいした違いがありません。工業的な進歩がほとんど反映されない進化がストップした世界を作り上げたからです。私がよく日本の歯科を世界で特異な進化を遂げたガラパゴスと揶揄しますが、ガラパゴス島の生き物たちは外界との接触を断って進化をしたわけで進化をしなかったのではありません。日本の歯科をガラパゴスに喩えるのはガラパゴスの生物たちに失礼でしたね。ということで私は3Dプリンターが歯科の世界に素敵なプレゼントをしてくれるとワクワクしていますが、日本の保険治療にその恩恵が及ぶことはなさそうだと危惧しています。日本人には残念な結果ですが、時間はかかるでしょうが日本だけが変ということもそのうち解消されると思うのですが。楽観的すぎるでしょうか。