まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

鍵について ②

 前回は、鍵の種類と使い方についてお話しました。今回は多少重複しますが、主に鍵の管理と保管方法についてお話したいと思います。
 まず、最近のコンドミニアムによく見られる、駐車場への出入りに使うキーカードですが、こちらは複数の車を駐車されるのを防ぐ為、1枚しか発行してもらえない事がほとんどです。その為、駐在員の方は運転手さんに預かってもらう事が多い様です。このキーカードは落としたり失くしたりすると、オーナーさんが紛失届け等を警察に提出した上で、管理事務所で新しいキーカードを発注しなければなりませんので、時間も費用も掛かります。運転手さんに管理をしっかりしてもらう為、渡す時には「もし失くしたら、500バーツ自腹だからね」と言っておきましょう。これで運転手さんも相当取り扱いには注意するはずです。また、運転手さんが変わる時には忘れずに回収してください。鍵ではありませんが、ステッカーをつけている場合も、車が変わる時には付け替え、ご退去の時には返却する必要があり、再発行はカードと同じ手順になりますのでご注意ください。
 次に、建物内のエレベーターの階数ボタンを押す為のキーカードです。こちらは1枚500バーツ程度で増やせますが、やはり枚数には制限があります。メイドやお友達は、その都度アパート、コンドミニアムの訪問者ノートに記入して、管理事務所のスタッフか警備員に階数ボタンを押してもらうか、身分証明書と引き換えに、事務所のキーカードを貸してもらう事も可能です。玄関の鍵は、最新のデジタル式やマグネットタイプの場合、マスターキーはコピーを作る事ができません。失くした場合にはロック全体を取り替えますので6,000~8,000バーツの実費が請求されます。普段はお使いにならない物ですし、緊急時にコンドミニアムの人や会社の人がお部屋に入れる様にしておく為にも、封筒等に入れ、部屋番号を書いてセロテープを張り、管理事務所に預けておいた方が良いでしょう。
 ワンオーナーのアパートの場合には、もともと管理事務所にはマスターキーが保管されていますので、預ける必要はありませんが、失くした場合に1本分の料金で済むか、シリンダー交換になるかは各アパートの方針により変わります。
 ホテルタイプのサービスアパートの場合には、インロックしてしまっても、24時間いつでもフロントに申し出れば、臨時のキーカードなどを発行してもらえますが、その場合、臨時のカードを返すだけで良い場合と、元の鍵のデータを書き換える必要が発生する場合がありますので、フロントに確認してください。
 最後に各部屋の鍵ですが、こちらも普段お使いにならない分、失くしてしまったり、ご帰国用のお荷物に混ざったりしてしまいがちです。電化製品のマニュアル等と一緒に封筒等に入れ、分かりやすい様に表書きをして、普段お使いにならない棚や引き出しの中に入れておきましょう。メイド用の通用口やメイド部屋の鍵をメイドに持たせている場合、メイドが辞める時等には必ず返却させ、返さない時には最後のお給料から費用を差し引き、アパートに事情を話してすぐに取り替えてもらいましょう。金庫や貴重品をしまう引き出しの鍵等は、2本付いている事が多いので、1本はオーナーさんに預かっておいてもらいましょう。デジタル式の金庫には、電池が切れた場合やピンコードを忘れた時の為に普通の鍵が付いているものですが、これを金庫に入れてしまっては意味がありませんのでご注意ください。
 ご入居時には、1~2年後のご退去の事までなかなか気が回らないものですが、お受け取りの際、ご契約書に付帯されている鍵のリストにご署名いただく時に、保管場所(例えば事務所預け、メイド預け等)も書いておかれる事をお勧めします。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmadv065