まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

火災対策

 先日、エンポリアムデパートの5階でハンバーガーを持ち帰り用に注文し、出来上がりを待っていたところ、換気扇周辺からちょろちょろと火が見えました。すぐ消えるだろうと思っていたのですが、お店の中で座って食べていた人が席を立ち、その場から離れ始めたので、エスカレーター方面に歩いて行ってみると、すでにスーパーの辺りまで煙が来ており、たちまち焦げた臭いがのどを刺激してきました。咳をしながらエスカレーターを降り、1階のカフェでサンドイッチを注文し、約10分後に地下の駐車場で車を待っている間、オレンジ色のレスキュー隊のようなユニフォームを着た、デパート専属のスタッフが次々に走って来て、エレベーターホールの横の非常階段を上っていくのが見えました。駐車場の入り口は封鎖されておらず、次々と新しいお客さんが入ってくる一方、急いで出ようとする車も多く、地下1階は大渋滞でした。ようやくやってきた運転手に様子を聞くと、地下1階に車を停め、少し窓を開けて寝ていたところ、煙たくなって目を覚ますと、車内に煙が入ってきており、外は隣の車が見えないほど、煙が充満していたそうです。そこですぐに一度車を建物から出し、公園のそばで待機し、改めて建物内に入ってきたとの事でした。
 幸い大事には至らず、夕方には出火したお店以外の全ての営業が再開されていましたが、今回の件で、ごく小規模のボヤであっても、煙は広範囲にかなりのスピードで広がり、しかも少量吸い込んだだけで数時間はのどに痛みが残る事を実感しました。また、今回は特にパニックが起こらなかったのが幸いでしたが、タイのデパートの非常時における来店客への対応策がほとんど施されていない事が分かり、とても恐ろしい気がしました。
 アパートやコンドミニアムはどうでしょうか?実際、スクムビット内のアパートやコンドミニアムでは、数年に一度はボヤ騒ぎが起きています。ただ、どこも警備員が常駐しており、セキュリティーカメラもあるので発見が早く、また、渋滞で消防車の到着が遅い事が分かっている為か、消火器などの備えは意外としっかりしており、鎮火も早い様です。また、建築方法や材料にもよるとは思いますが、出火した部屋以外の部屋まで燃え広がるといったケースはごく僅かです。少し前にソイ24のコンドミニアムで火災が起こった時には、消防車とはしご車が多数駆けつけ、消防車で渋滞ができたほどでしたが、それでも火元のデュープレックス(2階建てになっている部屋)以外には、真上の部屋が少し焦げた程度で収まった様です。
 念のため、現在お住まいのお部屋から、非常階段や避難経路がどのようになっているか、時間がある時に確かめておきましょう。非常階段は、階段側から通路側へは戻れなくなっている事も多いので、特に高層階にお住まいの方は、一度練習しておかれた方が良いでしょう。避難訓練が定期的に行われている所もありますので、積極的に参加したいものです。また、非難する際には煙が鼻やのどに入らない様、濡れたタオル等を用意する、あるいは停電に備え、懐中電灯などがすぐに持ち出せる様にしておく、などといった心構えも必要だと思います。もちろん自分のお部屋が火元にならない様に注意する事が最重要です。それぞれが気をつけていれば、火災は未然に防げるものです。寝タバコやベランダから火がついたタバコを投げ捨てる等といった行為はもちろん常識的にも許されるものではありません。また、照明器具や給湯器がショートした場合等には、すぐに常駐のエンジニアを呼び、確認してもらった方が良いでしょう。火災保険については、オーナー側で加入していますので、借り手側はそこまでする必要ないと思います。ただ、万が一他のお部屋から出火し、消火の際に大量の水が掛かって家具や電化製品が破損した場合等は、あまり保障されないのが一般的な様です。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmad_01