まるわかり ! タイの住まい探し

(No.104) 第52回 ご入居先での人間関係②

(No.102) 第51回 ご入居先での人間関係

(No.100) 第50回 物件の原状回復費用対策

(No.98) 第49回 タイの新築と築古について

(No.96) 第48回 快適!メイドのいる暮らし

(No.94) 第47回 ファシリティ続編…

(No.93) 第46回 重視して楽しみたい…

(No.91) 第45回 賃貸契約書について(2)

(No.90) 第44回 賃貸契約書について(1)

(No.89) 第43回 ゴキブリ対策

(No.88) 第42回 蟻よけ対策

(No.87) 第41回 お部屋探し、…(2)

(No.86) 第40回 お部屋探し、…(1)

(No.85) 第39回 幼稚園選びについて

(No.84) 第38回 タイ生活あるある事例集(7)

(No.83) 第37回 タイ生活あるある事例集(6)

(No.82) 第36回 タイ生活あるある事例集(5)

(No.81) 第35回 タイ生活あるある事例集(4)

(No.80) 第34回 タイ生活あるある事例集(3)

(No.79) 第33回 タイ生活あるある事例集(2)

(No.78) 第32回 タイ生活あるある事例集(1)

(No.77) 第31回 失敗しない!ご退去手順(2)

(No.76) 第30回 失敗しない!ご退去手順(1)

(No.75) 第29回 失敗しない!ご家族向け…

(No.74) 第28回 2014年お部屋探し事情大予想

(No.73) 第27回 オーナーチェンジ物件

(No.72) 第26回 オフィスの探し方②

(No.71) 第25回 オフィスの探し方①

(No.70) 第24回 ダニよけ対策

(No.69) 第23回 蚊よけ対策

(No.68) 第22回 火災対策

(No.67) 第21回 鍵について②

(No.66) 第20回 鍵について

(No.65) 第19回 更新について

(No.64) 第18回 アパートを借りて住む

(No.63) 第17回 サービスアパートを借りる③

(No.62) 第16回 サービスアパートを借りる②

(No.61) 第15回 サービスアパートを借りる①

(No.60) 第14回 コンドミニアムを借りる②

(No.59) 第13回 コンドミニアムを借りる①

(No.58) 第12回 虫対策について

(No.57) 第11回 お部屋の階について

(No.56) 第10回 日本とタイとの違い

(No.55) 第9回 お部屋の向き

(No.54) 第8回 広さと間取り(ご単身編)

(No.53) 第7回 立地条件(ご単身編)

(No.52) 第6回 ペット可物件について

(No.51) 第5回 間取りと広さ(ご家族編)

(No.50) 第4回 立地条件(お子様帯同編)

(No.49) 第3回 お部屋探しのタイミング (2)

(No.48) 第2回 お部屋探しのタイミング (1)

(No.47) 第1回 お部屋探しのコツ(単身編)

蚊よけ対策

 先日、お友達がデング熱にかかってしまいました。高熱が続き、入院後も白血球や血小板の数値が下がり続け、数日間は危険な状態との事で大変心配致しました。退院してからも、手のひらに赤い発疹が出たり、手の皮が向けたりと全快するまでには相当な日数がかかり、いつも元気な彼女を知っているだけに、改めてデング熱の恐ろしさを思い知らされたのでした。
 今年は世界的にデング熱が大流行したそうで、特にアフリカでは患者数が過去最高を記録、バンコクでも例年より多くの患者さんが出たそうです。
 デング熱は熱帯地方に発生する、蚊を媒体としてウイルスに感染する病気ですが、蚊の種類もいくつかあり、症状も今までは2度目にかかると重症になると言われてきたのですが、初めてでも出血性やショック性の重篤な症状に陥るタイプのものもあったりと、まだよく分かっていない部分の多い病気です。
 人から人への感染がないことや、致死率が低く(1パーセント以下)、多くが4~5日で自然治癒する場合が多いためか、まだあまり研究が進んでいない様です。
 また、潜伏期間も3日から15日と差が大きく、どこでどの蚊に刺されたかの特定も難しいためか、ワクチンも開発されておらず、ひたすら蚊には刺されない様にする事が唯一の予防法との事です。
 バンコク市内で発症しても、実際にはシンガポールやマレーシア、フィリピン等への出張や旅行の折、あるいはタイ国内のリゾート地で蚊に刺されて感染するケースが多い様で、前述のお友達も、サムイ島で蚊に刺され、バンコクに戻ってきたあと数日後に発症したそうです。
 蚊に刺されないためには、ジーンズ等厚手のコットン製の服を着るのが有効だそうですが、せっかく暑い気候なのですから、やはり気楽なTシャツに短パンや、ミニスカートも着たいですよね?それには蚊よけローションが大変有効です。あまりにもお手軽で安価なので心配になるほどですが、数時間は安心です。ただしかなり強力ですので手を使って塗った後は良く手を洗う事と、目や口の周りなどには付けない様にする等、注意が必要です。
 市内、特に日本人の多いスクムビット内で蚊に刺されてデング熱に感染したといったケースは大変稀で、あまり聞いた事はないのですが、それでもせめて住居内は安全な場所にしておきたいものです。特に低層階(5階位まで)にお住まいの場合は、せめてリビングルームだけでも網戸は取り付けたいものです。ご入居前にリクエストすれば、網戸用のレールが付いている場合は付けてもらえる事が多いですし、レールがない場合でも蛇腹タイプの物もありますので、まずは案内してもらった仲介業者に相談してみましょう。
 タイは1年中夏で、何年間かお住まいの間は毎日使う物ですし、1ヶ所でしたらそれほど大きな金額にはなりませんので、自己負担しても付けられる時には付けて置かれたほうが安心です。ただし、オーナーさんによっては自己負担でも不可の場合がありますので、こちらも仲介業者に相談してみてください。
 いかがでしたか?もっと詳しくお知りになりたい方は、下の広告のアドレスまで、お気軽にご質問をお寄せください。皆様からのメール、お待ちしております。

tkmad69